人気ブログランキング |

口腔内細菌

今年のオフ会が9月26日(土)に迫ってきました。
会場はいつものとおり、中野ゼロで、9時から会場入りできるので、公開できるのは10時ころです。
まだ発表枠はありますので、このブログをお読みいただいている方で何か発表してみたいという方は、ご連絡ください。

スピーカー再生技術研究会レポート
問い合わせ

話は変わりますが、最近は、クラシックの演奏会の聴衆などは、老人会かと思えるほどの高齢化してきました。
演奏する側は、まだ、若くて才能がある人がどんどんでてきますが、聴く側、支える側が高齢化してくると先に希望が出ません。
若い愛好家がどんどん育ってくればいいと思います。
オーディオなどは、クラシック以外で、本当の高性能システムを必要とする場合は、ほとんどないと思います。
クラシックのダイナミックレンジの大きな音楽ソース以外は、目をつぶって聞けば、高級装置とフルレンジの安い装置と比べてもほとんどどちらが高性能かわからないと思います。
ということで、クラシック愛好者が増えればオーディオ愛好者も増えると思いたいですが、そうは簡単にいかないのでしょう。

変な話ですが、コンサートや人が大勢集まる場所で困るのがニオイです。
特に口腔内には数百種類の最近が暮らしているそうで、こいつらが猛烈な悪臭を発します。
自分は、昼でも歯磨きしたり、朝と晩には歯間ブラシを使ったり、マウスウォッシュを使ったり、気を使うのですが、それでも効果なんか一時間持続するのかどうかも怪しいと思っています。
こうやって、人に迷惑を掛けるのですが、それでも迷惑の程度小さくしたいので、むやみに口を開けるのは慎むようにしています。
最近気づいたのは、いわゆる、年寄り臭い、というのは、口臭が原因のことがすくなからずあるのではないかということです。
自分の歯と歯の間をメンテナンスしているときに、どうも年寄り臭いと感じる原因は、こいつらにあるのではないかと思える瞬間があるからです。
歳を取ると、皮膚が劣化してきますがそれと同時に口腔内の皮膚も劣化してきます。
その結果、歯と歯茎の間の隙間が大きくなります。
若いうちは、歯間ブラシなんかめったに必要なかったものが、歳を重ねると歯に食物が挟まってしまいます。
これを放置するというのが、細菌の大発生につながるようです。
いろいろな細菌があるのでニオイも様々ですが、細菌は、この歯と歯ぐきの間に蔓延る菌が原因と想像するニオイに悩まされることが多くなりました。
特に、高齢者では、程度の差はあれども、殆ど例外なくこういうニオイがあります。
若い頃は単に年寄り臭いのだと思っていましたが、これが原因だと仮定すると、気をつければある程度対処できるはずです。
まず、歯間ブラシでしっかり掃除することで、菌の発生を防止できます。
そして全体的にふつうの歯ブラシでブラッシングした後に、しっかり水流でフラッシングし、さらに、定期的にマウスウォッシュ液で洗浄することで、ある程度は菌を減らせるだろうと思います。
マウスウォシュは、舌の上など別な場所の菌にも効果があると考えられるので、二重三重に効果があるでしょう。
とくにコンサートのように人が多く集まり簡単には逃げられないようなところでは、マウスウォッシュは必須なのだと思います。

完璧はありませんが、それでも、何もしないよりはするほうがいいのではないかと...


トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/239666250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mcap-cr | 2019-10-19 06:49 | その他 | Trackback | Comments(0)

音楽は生演奏が最高ですが、レコード音楽は、工学オーディオによってリーゾナブルなコストで楽しみましょう。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る