人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はこにわオーディオ工学研究分科会 (旧名: バスレフ研究所)

UP4D-Tキャパシタの交換

新しくつくっている4方向ツィータのUP4D-Tシステムの接続図は下記のようになっており、キャパシタを交換して効果を変えられるようになっています。
UP4D-Tキャパシタの交換_a0246407_06100546.png
ネットワークは直列に接続するキャパシタ(コンデンサというとつい凝縮器を思い出してしまうため、米国の表記に合わせcapacitorをカタカナ表記した)で高域を落とす簡単なものです。

使っているユニットは高域のやかましいフルレンジです。
フルレンジなので、高域のインピーダンスが相当高いだろうと思います。
ですから、キャパシタの容量はどれくらいが適切なのかちょっと検討がつきませんでした。
もちろんメインとするスピーカーシステムの能率や高域特性で大きく変わるので正解がはわかりません。

最初は、赤パークのシステムにつないでみると、1μFのフィルムコンデンサを使用したときにはほとんど聞こえませんでした。
手持ちで次に小さな、100μFをつないでみるとで聞こえすぎる印象でした。

もともとは、このUP4D-Tは、8cm位のメインシステムと組わせて使用する予定だったので、まず、8cmのシステムに変えてみました。
メインのシステムは、TangbandのW3-517SBを使用したMCAP-CR最初のモデルで、一昨年前のオフ会で鳴らしたものです。

手持ちのキャパシタ容量は、100μFと1μFとの間がなかったので、今回は、47、22、10、4.7μFのものをそれぞれ2個ずつ購入しました。
耐圧はいろいろ混じっているので、物理的大きさと容量の順番は必ずしも一致しません。
防音工事をしていない家庭用では、耐圧は35Vでも大きすぎるくらいなので、なるべく価格の安い耐圧の小さなものを購入したいのですが、たまため店頭在庫にあるものを購入せざるを得ません。
バイポーラの安いものなので、全部で310円です。
接続端子がこの10倍以上したのと比べると激安に感じますが、スピーカーユニットの1本150円と比べると微妙です。

まず、最初は、前回つないであった100μFを変えずに聞いてみましたがさほどひどくありません。
次に、47μFに変えてみるとすこしすっきりしていい感じです。

さらに22μFを試しても47μFと高域の量感はそんなに変わりません。

10μFまで落とすと更にすっきりしていい感じです。
雑味が減った感じといいましょうか。

最後は4.7μFとすると、このくらいでいいようです。

使ったのは、無極性のコンデンサで、いわゆるオーディオ用ではありません。
4.7μFだと1個26円です。
これでいいみたいです。
質が良いとされるフィルムコンデンサは高価だし、容量の大きなものは入手しにくいのが実情です。
音を聞いてみると、無極性のこのタイプでも問題ないようです。
ただし、4.7μFよりも容量の小さなバイポーラコンデンサは見つからなかったので、それより小さなものは、フィルムコンデンサを使わざるを得ないようです・

メインのユニットはTangbandのW3-517SBでも、このUP4D-Tでもあるのと無いのとでは大違いで、ヴァイオリンやチェロの輝きが増します。
もう少し詰めていくといい感じになりそうです。

これを仕上げて来年のオフ会に持参しようと思います。


by mcap-cr | 2019-12-12 06:20 | スピーカー設計 | Trackback | Comments(0)

生演奏を主とすれば、オーディオは箱庭で充分でしょう。
by MCAP-CR

最新の記事

ヤマハのユニットをつかうスピ..
at 2024-06-17 06:33
設計まではほぼ完成
at 2024-06-16 15:00
ヤマハの自作スピーカーイベント
at 2024-06-15 18:12
憲法守れ!
at 2024-06-13 19:23
ロベルト・アラーニャ聴きました
at 2024-06-10 06:20
ハードディスクの故障か?
at 2024-06-09 08:32
新しいAudacityを使っ..
at 2024-06-08 06:42
口コミねえ
at 2024-06-07 12:13
職務経験がすくないとはこうい..
at 2024-06-06 21:08
可聴
at 2024-06-03 06:39
とうとうここまできたか
at 2024-06-01 08:29
充分 vs 絶品
at 2024-05-30 17:27
音が良く聞こえる
at 2024-05-26 06:53
ミニPCとノート用CPU
at 2024-05-25 10:40
Edgeはスパイウェアか?
at 2024-05-21 19:43
Audacityの操作方法が..
at 2024-05-19 10:26
似たような感想を持つ人がいた..
at 2024-05-17 12:41
進化は正しい方向に向いている..
at 2024-05-15 12:33
考えてみれば最悪の組合せだった
at 2024-05-14 01:32
モデル
at 2024-05-13 12:23

以前の記事

2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

最新のコメント

> tincanさん ..
by mcap-cr at 17:12
棚板2枚で部品点数も少な..
by tincan at 11:58
> tincanさん ..
by mcap-cr at 12:57
最近はSP自作マニアも減..
by tincan at 10:25
> tincanさん ..
by mcap-cr at 20:20
楽器の発音形態でも色々あ..
by tincan at 06:45
> tincanさん ..
by mcap-cr at 21:40
>ステージがホーン こ..
by tincan at 11:47
> somo_somoさ..
by mcap-cr at 06:23
基本口コミって悪かったこ..
by somo_somo at 21:56

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな