人気ブログランキング |

いまやクレジットカードも即発行できるのか...

故障したテレビ修理がレポートと代替品の発注だけで終わった日、時間が余ってしまったので、UP4D-Tのキャパシタを購入した後、日本橋のコレドにいきました。
コレドは三井不動産が開発した商業施設で、三越の近くにあるので、しょっちゅう利用しています。
そこで食事の会計をするときに、よく、『カードはありますか?』と尋ねられていたので気になっていました。
そうしたら、偶然にもカード勧誘カウンタの前を通ったので、夫婦分それぞれを作ってみました。
いまは、ほとんど手書きはありません。
iPadに情報を入力していきます。
私はiOSで文字を書くことはほとんどないので、あまり慣れていませんが、何とかいけました。
住所の登録も、免許証の写真をとってそこから文字認識していくので殆どそのままです。
女房分だけは少し写真の撮影が甘かったようで、認識した文字を修正していましたが、私の分は修正もありませんでした。
途中でEメールアドレスを入力すると、入力が終わったところで受付の案内がきました。
そして間をおかずに、審査完了で準備ができた案内が来ました。

三井不動産のカードの場合は、AMEXが有償と無償の2種類、VISA、Master、JCB(それぞれ無償)の中から選べます。
私は、所有するカードのほとんどがVISAなので、今回はMasterにしました。
いま考えれば持っていないJCBが良かったかも知れません。
どうせ海外で使うのは別なカードなのですから。

同じ建物のカード発行カウンターに行くと、免許証を確認した後に、カード発行処理を行い、10分ほどでカードの実物を受け取ることができました。
あまりの速さに驚きです。
こうなると、早いではなく速いと表現したくなります。
しかも少しびっくりしたのは最初から2025年まで有効期限があります。
いままでは、初回の有効期間は1年くらいで、多分その間に怪しい動きがないかをチェックして、通常の更新期間に変わっていたのだと思います。
これが今回は最初から5年以上の有効期間です。
これって、ビッグデータ活用成果のひとつなのでしょう。
クレジット業界では、顧客の蓄積がありますから、焦げ付かせたりしたら履歴が残ります。
それを業界で処理して色分けしているのではないかと思います。
私は焦げ付いたことや支払いの遅延などはなかったので、良かったのでしょう。

思うに、日本では、焦げ付くことは殆ど無いだろうと思いますが、アメリカでは、毎月小切手を送るので、何かの間違いで到着しなかったり、換金できなかったりすることがあるようです。
いまやなつかしい、元WWFのチャンピオンで、来日の経験もある、ボブ・バックランドは、1993年頃のプロレス中継の中で、『自分はクレジットカードを焦げ付かせたことがない!』とアピールしていました。

今回はキャンペーン中ということで、2000円分の現金代わりに使えるお買い物券と500円分のクレジット払いの場合のお買い物券をもらいました。
夫婦で5000円分のサービスです。
こんなにサービスしていいのかな?
私はリボ払とかしないので、私の使用でのクレジットカード会社の利益は、販売店の手数料だけです。
しかも、このカードは、利用場所が限定されるので、この金額分をカード会社が手数料で得るには結構な金額を使う必要があります。

クレジットカードは、いろいろな販売系統ごとに発行しているので、自分だけでも、航空会社系、JR系、デパート系、家電系、コンビニ系と結構な枚数があります。
これでも過去に、使用頻度のすくなかった銀行系(4枚)、JR系(2枚)、東京メトロ、旅行代理店系(2枚)、デパート系(1枚)やAMEX(日米で2枚)、MSNなど結構な枚数を解約処分しています。
JR系は、全国で使えたもの(当時はJR各社相互で使えるものがすくなかった)と東日本系のものを処分し、残っているのは、東海系だけです。
JR東海系もほとんど使いませんが、たまに新幹線を使うので残しています。
現在残っているものは額の多少はあれ、一応全部使っているものです。

本当はせいぜい3枚にしたいんですけどね。
統合してくれないのかなあ...


トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/239857589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by muuku at 2019-12-13 11:28 x
カードの有効期限5年は、過去の取引状況や預金残高等の個人情報が銀行、カード会社でリンクされていると考える方がしっくりきますね。個人信用度が共有されていると思うと便利ではありますがこのデータが外部に漏れると厄介なことにもなりそうです。厳重な管理がされているとは思いますが、先般のHDD流出みたいなことが起こるのもまた現実なのですよね。
Commented by mcap-cr at 2019-12-13 13:27
> muukuさん
まさしく便利さと危険は裏腹ですね。
個人番号台帳などもそういってネガキャンされていましたね。
ただ、そういうネガキャンの裏には、管理されて困る人の存在(いわゆる裏社会)があるので
素直に便利さを享受するほうがよいのかもしれませんね。
私がいつも思うのは健康保険の管理の杜撰さです。
同じ症状で複数の病院で受診して、同じ薬を処方されて転売するようなことは健康保険側で管理するだけで排除できると思います。
先に全額払い、後から給付を受けるという形にするだけでも随分違うと思います。
by mcap-cr | 2019-12-13 06:59 | その他 | Trackback | Comments(2)

音楽は生演奏が最高ですが、レコード音楽は、工学オーディオによってリーゾナブルなコストで楽しみましょう。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る