人気ブログランキング |

バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

音楽は生演奏が最高ですが、レコード音楽は、工学オーディオによってリーゾナブルなコストで楽しみましょう。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

スマホの修理

私もスマホを使用するようになって6〜7年だろうと思います。
スマホのシェアは、日本ではAppleが圧倒しているように思います。
そのスマホが故障したらどうすればいいのかちょっと気になっていました。
私の場合は、比較的安価なASUS Zenfoneを使用しているので、壊れた場合は、買い換えるだろうと思います。
いまでも2台あるので、使用しているほうが壊れたら、別のもう1台に換えればそれで大丈夫です。
しかし、iPhoneの場合、そうはいかないでしょう。
下記に気になる記事を見付けました。


1台10万円を超えるスマホをおいそれと買い換えるわけにはいかないでしょう。
ですから、壊れたら修理に出さなければならない人が多かろうと思います。
ところがAppleでの修理も高額で、実質的にはサードパーティの修理も不可能になるような一方的な契約が押し付けられているそうです。
ユーザの弱みを突いて、一方的に飼い慣らすという手法は、Appleの専売特許ではなくて、古くからMicrosoftがやってきています。
まだ、Microsoftの場合は、ソフトだけなので、いろいろと対策はとれますが、Appleの場合はハードウェアも抱き込んでいるので、厄介です。
特にスマホなんか、パソコンと違って裏蓋開けるという訳にはいきません。
バッテリーを交換するだけでも、中身を全部消されてしまう状況です。
バッテリーを交換するのに中身が消えるということを最初は理解できませんでした。
しかし、いまはよく分かります。
Appleのもうひとつの事業収益の柱は、インターネットストレージで、そこから全データをリストアできるようになっています。
それを後押しするために、簡単な修理ごとに端末のデータを削除して、インターネットストレージの有り難みを教え込む。
そんな手法でしょう。
インターネットストレージをたくさん使わせるために、写真の解像度を上げ圧縮率を小さくしてデータ容量を大きくしていることは、前から気付いていました。
こうすると、無料分では足りなくなるので、有料プログラムに移行させやすくなります。
更に、端末のデータを消すことで、インターネットストレージを利用せざるを得なくする...
頭がいいというか、狡猾というか...

私のAndroidには、ASUSがインターネットストレージを提供していますが、バックアップの設定をしていないので全く使っていません。
それでもべつに困ることはありません。
ほとんどが簡単にやり直せるからです。
写真はローカルでバックアップをとっているので、消えても大したことはありません。

インターネットストレージがなくてもデータが消えたら、再セットアップするだけのはなしです。

私の想像では、スマホが故障して困るのは、パソコンを使わない人だろうと思います。
パソコンを使わないからスマホにヘビーデューティーな仕事をさせるのでしょう。
そうなると、突然の故障で困らないよう、インターネットストレージをどっぷり使い、高額修理代も負担せざるを得ません。

金儲けの手法はいろいろありますが、最近は、人気が出たら最後骨までしゃぶり尽くす、という姿勢が目立ちます。

お客様は神様、という時代は遠い昔のこと。
いまは、お客様は奴隷、という会社が勝ち組なのでしょう。



トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/240055312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mcap-cr | 2020-02-08 06:09 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(0)