人気ブログランキング |

Linux PCにユーザ間でデータ共有するドライブをつくる

最近、使い捨てマスクの在庫を心配して洗浄・再利用を始めました。
洗浄は、石鹸を使って手洗い、水を切って乾燥させ、さらに日光消毒というプロセスです。
撥水性があるようで、水を切るとすぐに乾燥するので、撥水性が無くなったところで寿命かもしれません。
いまのところ、性能の劣化状態は不明ですが、すくなくとも4回くらいは普通に使えるようです。
転売屋を儲けさせるくらいならこうやって再利用を重ねるほうがいいです。
控えめに見て4回使えるなら、10枚もあれば40日使えます。
これを皆で頑張るとマスクの転売屋は駆除できそうです。

今回は、簡単そうで簡単ではなかったLinux設定のはなしです。

先日、Fedora31をインストールしたときに、ディスクごとのパーティションの区分け方法がわからずに、システム用のSSDとデータ用のHDDがシステム上で一体化されてしまいました(記事)。
気に入らないまましばらくそのまま使っていたら、パフォーマンスが悪くなったので最初からインストールし直しました。

元々は、システムをSSDにインストールし、ユーザ用パーテション'/home'をHDDに割り当てるつもりで、2.5インチ1.8TBのディスクまで購入しました。
しかし、上記のようにこれらがパーティション分割できずに一体化して合計容量の1枚のディスクになってしまったので、速度の不整合とか様々な問題が起きていたであろうと想像できます。
そこで、下記の方針で修正しました。

(1)SSDに'/home'ディレクトリも含め全部インストールする。
(2)追加するHDDは、'/home'パーティションには割り当てずにデータディスクとしてどのユーザも読み書きできるようにする。

(1)は簡単にできました。
'/home'パーティションを専用HDDにするという手法は、数十年来Linuxで使われてきました。
しかし、個人的には、それで救われたという経験はありません。
データディスクを別に持つほうが使いやすいと思います。
そこで、データディスクは、どのユーザからも共通にアクセスできるように考えました。
問題になるのはファイルシステムです。
LinuxのファイルシステムにFATのような単純なファイルシステムが見つからなかったので、最初はFAT32を試してみました。

まず、FAT32をマウントするフォルダを作成します。

# mkdir /mnt/data
# chmod 777 /mnt/data
とし、どのユーザからでも読み書き可能に設定。

データ用のHDDには、5インチの古い500GBのものを使用することにしました。
もともとそのために購入した2インチ1.8TBのHDDは、ちょうど必要になった音楽サーバ用のディスクに転用します。
まず、パーティショニングツールでFAT32でフォーマットし、'/etc/fstab'を編集しました。

$ mount
コマンドで、現状のマウント状態とデバイスの割当を確認し、
/dev/hdb1 vfat /mnt/data defaults 1 2
の1行を加え再起動します。

再起動後チェックすると、書き込みができません。

$ ll /mnt
として確認すると、'/mnt/data' が書き込みできるパミッションになっていません。
アンマウントし、再び
# chmod 777 /mnt/data
として再起動するも同じ。
fstabのオプションをdefaultsから、rw,user のように変更してもダメ。
最後のオプションをfsck チェックしないよう、 0 0 としてもダメ。
何度再起動したことか...

結局vfatが認識できていないと疑い、ディスクをNTFSでフォーマットしなおした後、'/etc/fstab'を編集し、前回追加した1行を下記に変更し、

/dev/hdb1 ntfs /mnt/data rw,user 0 0

再起動すると、何事もなかったかのようにどのユーザからも読み書きできるようになりました。
調べてみると同じ問題に出くわした人がいるようです。
vfatは、パミッションを付与できないので、rootとしてしか自動マウントできない仕様になっているようです。
本当は、NTFSではなく、Linuxのファイルシステムにしてパミッションを細かく設定すればいいのでしょうが、今回は中途半端な設定になりました。
Linuxは、小回りがきいて、きっちりとしたシステムを作れますが、ルーズなシステムを構築するにはコツが必要ですね。

トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/240199940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mcap-cr | 2020-03-24 07:01 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(0)

音楽は生演奏が最高ですが、レコード音楽は、工学オーディオによってリーゾナブルなコストで楽しみましょう。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る