人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はこにわオーディオ工学研究分科会 (旧名: バスレフ研究所)

スピーカー製作記事

今朝はムシムシしてなかなかの暑さです。
自分の部屋のエアコンは、設置してからもう20年ほどになるので今更ケチつけてもしょうがないのですが、これを含め、エアコンってどうしてこう人の気持ち良い空気に調整できないのでしょうか?
最近のエアコンはいくぶん進歩したのかといえば多分見掛けの省エネ性能以外は進歩していないでしょう。
この見掛け省エネのエアコンは、基本はコンプレッサの間欠運転で、温度しか監視していません。
したがってジメジメして蒸し暑いのに温度が高くないときは、運転が止まってしまいます。
温度しか監視していないのであれば、エアコンから見たら室内は快適範囲に入っているからです。
しかし、実際には超不愉快。
これを避けるには設定温度を下げるしかありません。
すると寒い。
エアコンに再熱機能がないからです。
再熱機能というのは、エアコン室内機のフィンに低温の冷媒を通したときに、室内空気がフィン表面で結露して成行で除湿し、絶対湿度が下がったときに温度が下がり過ぎた空気を温める機能です。
これを電気ヒータでやってしまうと省エネに反するので高温側の冷媒を気流の中に通すとそこで暖められます。
これをやるとコストがかかってしまいますが、代りに快適になります。
コストとのバランスなので、簡単に導入することはできませんが、現在の不快過ぎるシステムは何とかすべきでしょう。
本当は、小さなエアコンを並べて台数制御すればいいはずです。
容量の小さなものを全力運転する。
足りなければもう1台運転する。
全部運転したらそれで終わり。
これも高そうですが、メーカーとすれば大量生産でコストが下がるでしょう。
これなら一部が故障しても熱中症で致命することは避けられそうです。

雑談が長くなりましたが、このサイトからもリンクしている『おおたんの自作オーディオ...』におもしろい記事があったので紹介します(該当記事へのリンク)。
ざっとまとめると、自作のシステムのスピーカーユニット取付時に隙間が出来てしまったのを気付かずに聴いていたが、修正しても大して変わらなかった、というはなしです。
最近はFostex限定かもしれませんが、スピーカーユニットを購入すると、気密保持用のガスケットが付いてきます。
製作時に隙間が出来ると音に良くないから(とは取説には書いてありませんが)という理由で付けているのでしょう。
実際に、アマチュアの工作では、バッフル面がフラットではないので、どこかの隅が浮いたりするのは普通だし、木ねじで取り付ければ、ネジ部周辺が盛り上がってしまってユニットのフランジが浮いてしまうというのもありがちです。
こういう工作誤差を補償するというのがガスケットの役割ではないかと思います。
ずいぶん以前に長岡師は、付属のガスケットは使わないと書いておられました。
良いのは、厚めの和紙等で自作することだそうです。
私は、以前は、簡単に入手できる薄めのゴムシートで代用していました。
それが、ゴムシートでも、完全には密着しないし、フランジが弱いユニットだと、フランジの歪みが大変なことになるので、結局何も使わないということでしばらくやっていました。
ところが、あるとき、フランジがバッフルに塗料で接着されてしまい外せなくなってからは、コピー用紙のガスケットを挟むことにしました。
漏れ止めではなく、くっつかせないためのセパレータという意味です。
これをやってからは、もう外れないということは無くなりましたが、漏れ止めにはなっていないでしょう。
では、隙間があったらどうなるのか?

ユニットによっては、ユニットの中央に空気穴が開いているものがあります。
頑張って隙間が出ないようにしてもユニットそのものから空気が漏れる訳ですがこれでいいのでしょうか?
それにバスレフだってバックロードホーンだって、開口部から空気はダダ漏れな訳です。
そこから音が聞こえてくるほどの隙間では困りますが、そうでなければ誤差範囲なのでしょう。

こういう本音と建前は評論家も知っているはずです。
そういうエピソードがありました。
2011年のことですが...その記事です(リンク)。

by mcap-cr | 2020-06-13 07:33 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/240380808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マイクロ・トレーダー at 2020-06-14 01:06 x
本日の記事とは関係ありませんが、「UP4D-T」について思いついたことがあるので、報告させていただきます。もっとも賢明なる貴方のこと、既に「考え済み」かもしれませんが…。

スピーカーユニットには強力なマグネットが使われているので、その後面というのは、鉄製の面にはピタリと貼り付いて容易に落ちません。「UP4D-T」の櫓は木で組まれていますが、これをスチールのアングル材で組めば製作も容易であり、ユニットを任意の「位置と角度」に取り付けることができます。最適な配置を求めての実験も容易に行うことができます。

さらに…、櫓を組まずとも角パイプを一本立て、そこに吸着させるだけでも事は足りるのではないかと想像します。丸パイプであれば、(暫定的にではありますが)90°以外の角度も実験可能です。

試しに…、会議用テーブルの丸脚に、ユニットを吸着させ音を出してみましたが、何の不都合もありませんでした。もちろん、厳密に音質を追求するなら金属のダンプも必要かもしれませんが、それは先の話ということで…。

ご参考までに。
Commented by mcap-cr at 2020-06-14 06:35
> マイクロ・トレーダーさん
おはようございます。
マグネットを磁石でくっつけるというのは、最初にやりました。
角材にネオジウムの小さいのを貼って4方向を向けるというやり方です。
そのときは違うユニットを付けていたので、背面が抜けており、別な効果が加わっていたので、まずは、背面をエンクローズすることからはじめました。
その後丁度いいF00805H0が見付かったので、これでやってきています。
孔あきアングルは、切る道具があればいいのですが、そういう道具を持っていないのと、自動車を持っていて簡単に買い出しに行けるという環境にないのと、いまは有機溶剤系の塗料を殆ど使っていないのと、簡単に捨てられるという理由で今のようになっています。
環境が整うならば金属フレームもやってみたいですが、しっかり固定して設置しないと地震で事故になるかも、とちょっと弱気になっています。

それと、釣り糸のようなもので吊るというのも考えました。
これは、意外に設置場所を食うかも、というところでいまのところ試していません。
それも悪いわけではないんですよね。
Commented by tincan at 2020-06-14 10:02 x
> マイクロ・トレーダー様, mcap-cr様
なるほど鉄の角パイプを使う方法がありましたね。
吸引力期待の金属支柱を使う方法も夢想しましたが、最終形では固定したくなり、固定方法で難易度が高いと思っていました。
当方田舎のため、支柱が不要になれば燃えない粗大ゴミとして出せますので、試作機用にそれも良い方法です。今後の参考にさせて頂きます。

F00805H0自身の改造等も夢想しております。
1.バックキャビティ金属部分も多少鳴いているみたいなので、粘土等でダンプする。(エアコン用のパテが良いかな?、撤去可能なキレイな工作を考えたいです)
2.キャビティに穴を明けてfocを下げる。(加工難易度が高いです、私には無理かも)
3.軸上の最高域レベルが高いので、軸上前面に小ビー玉等をイコライザーとして設置する。(ビー玉をどうやって固定するか、針金などでぶら下げると提灯アンコウみたい。ユーモア賞に流れてしまいそう)

素性は悪くなさそうなので、色々考えは出てきます。

Commented by mcap-cr at 2020-06-14 15:42
> tincanさん
音のために努力を惜しみませんね。
キャビティの孔はおおたんさんが成功していますが私はやっていません。
ツィータとして使うならごく小さな孔にしないと背面の音漏れが心配です。
ビー玉は、正面で聴く場合には有効なのですが、UP4Dのようにあちこち向けるとどうなのでしょう?大きい球なら反射音もまた効果がありそうです。
素性のほうは、私の場合、ときにはいまだにビリビリがきます(泣)
Commented by tincan at 2020-06-14 18:30 x
>ときにはいまだにビリビリがきます
UP4D-T発明者の会長に失礼ですが、老婆心ながら、
ツイッター用のネットワークを12dbにするか、もしくは6db用コンデンサの上流側にヴォイスコイルとパラって10~22Ω位の固定抵抗を入れたらどうでしょう。
focのインピータンスを低下させる用です。インピータンスを低下させてコンデンサの効きを良くさせる目的です。
F00805H0に有効かどうかはやってみたことがないのでわかりませんが。(無責任、笑)手持ちのツイッターには有効なものがありました。
ビリビリ音はfocでの過剰振幅の気がしてなりません。

Commented by mcap-cr at 2020-06-15 06:02
> tincanさん
ビビりは、さほど問題にはならないレベルです。
初期は1マイクロファラドを入れてもビビったのでネットワークで対応するのは程度問題かと思います。
focでのビビりだったら振動板を重くすれば解決しそうですね。
落ち着いたら新品で試してみます。

生演奏を主とすれば、オーディオは箱庭で充分でしょう。
by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

何度も聴いて新しい発見
at 2022-06-25 16:34
自分の装置基準
at 2022-06-23 12:22
背中を見せる
at 2022-06-21 06:33
音源メディア
at 2022-06-21 06:30
ドミンゴは流石
at 2022-06-20 06:23
"サウンド変換"ソフトのバグか?
at 2022-06-19 10:43
パソコンのメンテナンス
at 2022-06-16 12:36
久しぶりにCDリッピング
at 2022-06-15 06:19
脳内補正
at 2022-06-14 06:23
まとめて聴くものではない
at 2022-06-13 06:21
パソコンの環境整備
at 2022-06-12 08:47
淡い期待が尽きる
at 2022-06-10 06:27
iPhone 壊れる
at 2022-06-08 06:40
オーディオ趣味の二極化
at 2022-06-08 06:39
小型コンピュータの修理(2)
at 2022-06-07 06:20
ケンプの録音を聴く
at 2022-06-06 06:18
小型パソコンの修理??
at 2022-06-05 16:01
回転ムラが気になる...
at 2022-05-31 06:23
またチケット買う
at 2022-05-30 06:07
貧乏暇なし...
at 2022-05-29 14:50

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

最新のコメント

> muukuさん ピ..
by mcap-cr at 16:09
ピアノロールはオンオフで..
by muuku at 13:54
> muukuさん 以..
by mcap-cr at 10:53
車田さんの電子ピアノの話..
by muuku at 09:56
> rokuさん ご紹..
by mcap-cr at 12:23
>ひょっとしたら、自分が..
by roku at 07:38
> tincanさん ..
by mcap-cr at 12:43
キビシィー、ポスターの写..
by tincan at 11:23
> muukuさん い..
by mcap-cr at 12:13
> grigriさん ..
by mcap-cr at 12:07

最新のトラックバック

島谷技研
from 島谷技研
musica
from musica
明日9/24(月祝)はス..
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
美しい美宮殿装飾と世界屈..
from dezire_photo &..
年末自作スピーカー系イベント
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな