人気ブログランキング |

バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

音楽は生演奏が最高ですが、レコード音楽は、工学オーディオによってリーゾナブルなコストで楽しみましょう。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

新しく購入したCD(3)

タイトル:サティ: ピアノ作品集、歌曲集
アーティスト:アルド・チッコリーニ、他
商品価格:¥1,080
6枚組で1080円...
いまは買う側にはいい時代になりましたが売る側はつらいかもしれません。
やはり、中抜きのすくない流通法の開拓が必要です。
新しく購入したCD(3)_a0246407_11015603.jpg
自分にとってサティには仕事で辛かったときのことを思い出させるものでもあります。
いっとき半導体工場に仕事に行っていたときがあり、機会の納入が遅れて、現場はひどい目に遭っていました。
そういうのはどこでもありがちですが、とにかく現場が矢面に立ち、その代表は精神が蝕まれるほどにダメージを受けます。
現場の力ではどうになるものでもないのですが、こればかりはどうしようもありません。
自分の疲れが蓄積してくると、月に一度ぐらいしっかり寝たときによけいに疲れを感じるようになります。
休むと余分に疲れを感じるのは、ダメージの知覚力が麻痺してしまっているので、体が危険な状態にあるシグナルです。
とりあえず死なずに良かった...
どうしてサティかと云うと、その工場への電話で、取次時のメロディがサティだったからです。
当時はサティのことは知りませんでしたが、妙な感じの音楽だと思っていました。
サティは、一種独特の雰囲気があって、それがやな感じではなく自分の歪んだ感情がそう感じさせるように思います。

一昨年にサティの生家前まで行けたのですが、当日は閉館中でした。

そんなことを思い出しながらぼんやりとながら聴きで、別なことをする、といったら作品に失礼かもしれませんが、案外、そういう聴き方を想定して作曲されたのかもしれません。
このセットのいいのは、歌曲も収録されているところです。
サティの作品は、同じ主題の使い回しが多いですが、それはそれで独特の味なのでしょう。

プーランクとは真逆を行っている感じで、構えて聴かなくてもじわじわと伝わってきます。
こういう作品は案外録音物として聴くほうが合っているのかもしれません。

トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/240394488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Grigri at 2020-06-22 18:20 x
 サティーの生家であるオンフルールに行かれたのですね。
 パリからピエール・コルネイユの生まれたルーアン経由で直ぐに行けます。

 音楽は、その時の気持ち、雰囲気に合っていれば、オーディオとしての拘りは関係ないと思います。その時が、一番美しい音楽、音だと思います。
Commented by mcap-cr at 2020-06-22 20:55
> Grigriさん
オンフルールは景色も美しく食事も美味しかったです。
ルーアンもモネが描いた聖堂などフランスには美しいところが多いですね。
サティの音楽は不思議な響きで、邪魔にならず、コンサートで聴く音楽というよりライブのカフェで会話を弾ませるときの音楽なのかもしれません。
オーディオのほうが生演奏より演奏者に気を使わないところがいいですね。
by mcap-cr | 2020-06-22 05:46 | 音楽・コンクール | Trackback | Comments(2)