人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はこにわオーディオ工学研究分科会 (旧名: バスレフ研究所)

着地点

今週くらいから盆休みだったりネジ有給休暇奨励という会社も多いと思います。
盆と云えば、霊が実家に帰る時期ですから、7月に盆が終わったところ以外では霊が大勢戻られるのでしょう。
実際にそうでなくても、行きている側が亡くなった人を思い出して供養することに意義があるのだと思います。
人生の着地点といえばどこの誰であっても最後は死でしょう。
中には解脱して不老不死の肉体を手に入れる人がいるかもしれませんが。

B級志向である自分の今後を想像してオーディオ趣味者の着地点は何だろうと考えてしましました。
B級志向は、たぶん、着地点がどこにあるのか分からないだろうと思います。
B級は、絶対的目標点を定められません。
中学校のときに、最上級の表現で
『比較級』+"than any other ..."
などという表現を教わりました。
最上級は、"the"+”最上級"が普通の表現ですが、これは、他が全部認識されていて、それを上回るものがないときにのみ使用できる表現でしょう(実際には違うが)。
しかし、比較対象を全部知らない場合には、あるものが最上であるとか断言できないはずです。
そこで、比較対象を全て知っている訳ではない場合の表現として、

『比較級』+"than any other ...(which I know)"
自分の知る限りこれを超えるものはない

のように使われるのではないか、と勝手に理論付してしまいました。
言語は曖昧なので、凄いこと言ってる奴がいたから問い詰めてみたら全然違った、という経験はあるだろうと思います。
これが最高だとか言ってみたものの、そんなに知ってる訳ではなくて、人に訊かれると『もごもご...』という経験は誰にもあるでしょう。
私もそういうことが判ってきたので、『自分の知る限り』とか『という条件において』とか限定する表現を入れるよう心掛けています(抜けがたくさんありそうですが)。

オーディオ趣味者のB級志向に戻ると、B級の最高には、限定条件が山ほど付きます。
『自分の知る限り』は当然のことですが、他にも、コスト条件、手抜き条件、音楽ソース条件、自分の部屋という条件、音量条件...
数限りない条件が付いていてそのなかで、今までの経験では最も良かった、という程度の『最高』なので、絶対的最上とは大きな隔たりがあります。
自分の場合、絶対的最上を、音楽ホールで聴く生の演奏としてしまったので、オーディオの最上には意味が無くなってしまいました。
一期一会の出会い、緊張感、予期せぬ感動、情熱と努力に対する賛辞、ということを考えると、オーディオでは到底達成できないものを絶対的な最上位に置いてしまえば、自分のB級志向をオーディオのL級と比較する必要がありません。
ということで、自分のB級志向の基準は、何らかの条件において興味深いこと、になっています。
当然のことながらいつも着地して地べたを歩いている訳ですから、着地点を定める必要もなく、老いて続けられないと思ったら断捨離して最終的な着地点に到着するのを待つことになります(きつそうで思いやられる!)。

L級志向だったら着地点はどうなるのか?
想像ですが、きっと永遠に着地できない。
ある程度の領域に入ってしまうと、不確かさが極大化してしまうので、違うものを見る度に心惹かれてしまう。
老いてくると物理的検知能力が衰えて、差が判別できなくなると、不確かさの中に溺れてしまうでしょう。
その中でも、最後は趣味を整理して、最後の着地点に到達するのを待てる人はいいですが、宝物が残って、しかし、遺族はその宝物の価値が分からない...
ん千万円掛けたのに、最後はリサイクルショップ行き...

やっぱりB級志向は素晴らしい趣味のようです。

by mcap-cr | 2020-08-12 06:16 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/240521400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by muuku at 2020-08-12 09:18 x
趣味のものは、その趣味に興味のない人にとっては価値はわかりませんよね。(宝物もあればガラクタもありますからね。「お宝探偵団」の醍醐味もここにあると思います。)家族に理解されない趣味はむしろ無駄に空間をとる邪魔ものでしかありません^^;

後に残された家族には財産となり、また愛着のあるものをその価値の解る人に渡る様にするにはどうするか・・・
終活の一つに大事な物の目録を作る必要があるのでしょうね。(私には縁はありませんが)家族にはその物の市場価格が解るようにしてあれば高価な物は財産として扱うでしょう。

自作オーディオは・・・どうしましょう?
人が欲しがる様な本当に残したい一品は譲る人の連絡先を残すことかな?(そんな一品が作れたらいいな~)
Commented by tincan at 2020-08-12 09:51 x
自作オーディオの着地点は一つではないですよね。
硬くシャープな音を狙ったハイスピードサウンド、柔らかく厚みのあるマイルドサウンド、ともかくスケールを感じさせるピラミッド型、ナローレンジだけれどもかわゆいステージを展開する卓上小型機等です。
しかし沢山作りましたが失敗作でも皆かわゆく捨てる気にはならない。時々納戸から出して愛でてやっています。ペットのようなものです。よってスペースのある限り作り続けるつもりです。処分は死後誰かがやってくれるでしょう。
着地点に戻れば、
月にも着地、火星にも着地、木星にも着地、梯子酒には終わりがない、財布が空になるのを待つだけか(笑)
Commented by mcap-cr at 2020-08-12 12:17
> muukuさん
宝物とガラクタの境ははっきりしませんね。
三次元形状の断面と一緒で切り方によって形が違います。
ある人には四角く見えるがある人には丸く見える、とそんな感じだと思います。
私の終活は、生きているうちに施設に入ろうと思うので、どこかで全部処分ということになります。
考えているうちに死ぬかもしれませんが。

自作オーディオは、思い入れのない人にはガラクタなので、私のものは粗大ゴミだろうと思います。
アキュフェーズのアンプもありますが、その頃には更に古くなっているので欲しい人はいないかな。
Feastrexのスピーカーユニットくらいは欲しい人がいるかもしれませんが。
人が欲しがるものをつくるのは大変そうですね。
人が欲しがるためには仕上げが完璧という条件が必要です。
最近はもう面倒になってきたし...
Commented by mcap-cr at 2020-08-12 12:24
> tincanさん
私の自作オーディオは着地しようにも飛び立ってさえいない感じなのでつねに地べたを這い回っています。
イタリアにも行きたいがフランスにも行きたい。たまにはアメリカもいいかな。
というような感じなのでしょう。
私は古いのはどんどん処分しているので、残っているのは僅かです。
家族は女房しかいないので、自分が先に死んだら申し訳なく、モノはモノと割り切っています。
それでも集めるとそれなりの量があるので、こういうのも処分して行かざるを得ません。
処分しやすいのはやっぱりジャンクですね。
ジャンク最高です。
私は、財布が空になったら野垂れ死ぬしかないので、最後は家を貸して家賃と年金とでケアハウスでおとなしく暮らしたいと思います。

生演奏を主とすれば、オーディオは箱庭で充分でしょう。
by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

スマホでPDFを見るって...
at 2022-06-29 06:21
趣味の違いは小異大異
at 2022-06-28 06:37
雑談
at 2022-06-27 06:15
何度も聴いて新しい発見
at 2022-06-25 16:34
自分の装置基準
at 2022-06-23 12:22
背中を見せる
at 2022-06-21 06:33
音源メディア
at 2022-06-21 06:30
ドミンゴは流石
at 2022-06-20 06:23
"サウンド変換"ソフトのバグか?
at 2022-06-19 10:43
パソコンのメンテナンス
at 2022-06-16 12:36
久しぶりにCDリッピング
at 2022-06-15 06:19
脳内補正
at 2022-06-14 06:23
まとめて聴くものではない
at 2022-06-13 06:21
パソコンの環境整備
at 2022-06-12 08:47
淡い期待が尽きる
at 2022-06-10 06:27
iPhone 壊れる
at 2022-06-08 06:40
オーディオ趣味の二極化
at 2022-06-08 06:39
小型コンピュータの修理(2)
at 2022-06-07 06:20
ケンプの録音を聴く
at 2022-06-06 06:18
小型パソコンの修理??
at 2022-06-05 16:01

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

最新のコメント

> muukuさん 確..
by mcap-cr at 12:23
状況も解らず、知識も経験..
by muuku at 08:37
> muukuさん ピ..
by mcap-cr at 16:09
ピアノロールはオンオフで..
by muuku at 13:54
> muukuさん 以..
by mcap-cr at 10:53
車田さんの電子ピアノの話..
by muuku at 09:56
> rokuさん ご紹..
by mcap-cr at 12:23
>ひょっとしたら、自分が..
by roku at 07:38
> tincanさん ..
by mcap-cr at 12:43
キビシィー、ポスターの写..
by tincan at 11:23

最新のトラックバック

島谷技研
from 島谷技研
musica
from musica
明日9/24(月祝)はス..
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
美しい美宮殿装飾と世界屈..
from dezire_photo &..
年末自作スピーカー系イベント
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな