人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はこにわオーディオ工学研究分科会 (旧名: バスレフ研究所)

フレッシュ名曲コンサートキャンペーンコンサート(高木凛々子、有冨萌々子、北村明日人)

スピーカー再生技術研究会のオフ会を中途で失礼した後、フレッシュ名曲コンサートのキャンペーンコンサートを聴きました。
フレッシュ名曲コンサートの本公演は、2021年の2月7日(日)、かつしかシンフォニーヒルズのモーツァルトホールで行われます。
プログラムのモーツァルト作曲協奏交響曲変ホ長調の中にヴァイオリンとヴィオラのソロパートがあり、ソロパートを高木凛々子さんと有冨萌々子さんが演奏するので、そのキャンペーンコンサートということです。
本公演の指揮は広上淳一さん、オーケストラは東京フィルハーモニー交響楽団です。

このキャンペーンコンサートでは、オーケストラという訳にはいかないので、代りをピアノの北村明日人さんが担当しました。
この3名、私は全員東京音楽コンクールで聴きましたが、実は、藝大の同級生だそうです。
この世界、広いようでいて意外に狭いですね。
3名とも私に感銘を与えてくれた素晴らしい演奏者です。

北村明日人さん(過去記事
高木凛々子さん(過去記事
有冨萌々子さん(過去記事多数

最初は、高木さんのヴァイオリンと有冨さんのヴィオラで、モーツァルト作曲、ヴァイオリのとヴィオラのための二重奏です。
高木さんと有冨さんの音楽性の違いを感じました。
高木さんは、旋律をぐいぐいと鳴らし、有冨さんは、楽器の音響を最大限聴かせるように思いました。
この日の楽器が何であったのかわかりませんが、高木さんは、クロサワヴァイオリンからストラディバリウスを貸与されているそうです。
その音だったのか別の楽器だったのかわかりませんが、比較的音響がデッドなホール(四ツ木地区センターの多目的ホール)では、高音勝ちに聞こえました。
有冨さんは、安定の演奏と音で、出しゃばらず音を大切に聴かせます。
デッドな音響でも、有冨さんの音だ、と分かりした。
この二人の息はぴたりと合っているのか...?
二人の仲は良さそうですが、音楽の共演はちょっとスリリングなのかもしれません。

次は、高木さんのソロでパガニーニの24のカプリスから24番。
曲目の順番が入れ替わったそうで、北村さんが間違って顔を出してしまいました。
高木さんは、超絶技巧というもったいぶった感じはなく、いとも自然に弾いてしまいます。
見事という他ありません。
こういう曲目が高木さんの音楽性に合っているのかもしれません。

次は、お待ちかねの北村さんのピアノで、高木さんとの共演で、アザラシヴィリの『ノクターン』。
これ、聴いたことのある曲です。
アザラシヴィリは初めて聞く名前ですが、有名な曲のようです。
北村さんのピアノ伴奏も見事です。
高木さんのヴァイオリンもだんだん音がホールに馴染んできたように聞こえます。

続いて、有冨さんと北村さんの、シューマン作曲『アダージョとアレグロ』。
ヴィオラのソロが引き立ちます。
息がピタリです。
お二人が藝大の一年生のときに初めて顔を合わせて、そのときに何かで共演したそうです。
もう7年ぶりくらいの共演とのことですが、信頼感に満ちていました。
やっぱり有冨さんのヴィオラは最高です。

最後は、ショスタコーヴィッチ作の『5つの小品』、全員の共演です。
いつもはオーケストラの演奏でCDで聞いているお馴染みの曲です。
ピアノが入ったことで、ヴィオラとヴァイオリンの融和が強く感じられるようになりました。
皆さん、素晴らしい。

現在は、有冨さんはウィーン国立音楽大学大学院生、北村さんはチューリッヒ芸術大学大学院ソリストコース卒業(飛び級したのかな?)、高木さんは、桐朋学園大学大学院生ということで違う道を歩んでいますが、この日初めて知ったのは、この3名が同級生であったということです。
北村さんはわりとイジられるというか、愛されるキャラクターの持ち主のようです。
今回のプログラムのフライヤーには北村さんの名前が出ていなかったので裏方役ですが、こういう裏方役をこなせるというのがピアニストとして重要な資質なのでしょう。

高木さんは、本日日本音楽コンクールの決勝があるようです。
おそらく藝大の同級生の北川千紗さんも出られるようなので激戦は必至でしょうが、良い結果を期待しています。

皆さん、いい音楽を有難うございました。
とくに、有冨さん、有難うございます。

有冨さんのファンの方にお知らせです。
12月12日(土)15時、君津市民文化ホールで、有冨萌々子さんのコンサートがあります。
ピアノ伴奏は、横山歩さん。
チケットは、
メガネのムサシヤ(0438-30-6348)
有冨書道教室(0439-32-3650)
ウィステリア(0439-29-7160)
です。

私もひとりでゆっくり聞きに行こうと思います。
フライヤーにはEメールのアドレスも出ているのですが、インターネットに晒すのはよろしくないので、電話だけを載せました。

by mcap-cr | 2020-10-25 08:11 | 音楽・コンクール | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/240649189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tincan at 2020-10-25 09:53 x
高木凛々子さんは日本音楽コンクール Vn部門に出場されている方ですね。
会長の記事で確認し、FMエアチェック(3次予選)を再試聴しました。
高木さんは二つある課題曲のモーツアルトの方を選ばれた。
「バイオリン・ソナタ 変ロ長調 K.378」
モーツァルト:作曲
(バイオリン)高木凜々子、(ピアノ)三又瑛子
(14分34秒)
豊かな響き、確実な落ち着いた演奏、そんな印象を受けました。
しかし全体から受ける音楽的な感想から思うに
もう一つの課題曲
「創作主題による変奏曲 作品15」
ヴィエニャフスキ:作曲
の方がより高木さんの演奏を引き立ててくれたのじゃないか?そんな思いを持ちました。
しかし正直このレベルに残られる方は皆上手い。
音楽的な個性の違いを感じることは出来るが、わたしなぞには優劣をつけるなど到底出来ません。
審査員の方を尊敬いたします。
若い学生さんでも才能が豊かな方にはストラトを貸与する、日本も良い音楽環境になったものです。
Commented by mcap-cr at 2020-10-25 10:59
> tincanさん
高木さんが出演する今日の日本音楽コンクール演奏の模様もFMで放送すると思います(NHKも主催者ですし)。
北川千紗さんや他の出場者の方の演奏もじっくりお楽しみください。
調べてみると、この2名、2014年の同コンクールにも出場していたようです(北川さんが三位、高木さんは3次予選まで)。
友達同士なのかもしれませんが、音楽の世界は熾烈な争いですね。
高木さんは、すでにプロモーションに成功していて、人気絶大です。
いまさらコンクールに出なくてもいいという気もしますが、私たちには分からない何かがあるのでしょうね。
ただ、コンクールというのは、ふつうの音楽会では味わえないスリルと感動があります。
そういえば、まだ、FM録音機買ってませんでした...残念。
テレビでやっても見るのは億劫だったりします。
音だけでいいんですよね。

生演奏を主とすれば、オーディオは箱庭で充分でしょう。
by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

何度も聴いて新しい発見
at 2022-06-25 16:34
自分の装置基準
at 2022-06-23 12:22
背中を見せる
at 2022-06-21 06:33
音源メディア
at 2022-06-21 06:30
ドミンゴは流石
at 2022-06-20 06:23
"サウンド変換"ソフトのバグか?
at 2022-06-19 10:43
パソコンのメンテナンス
at 2022-06-16 12:36
久しぶりにCDリッピング
at 2022-06-15 06:19
脳内補正
at 2022-06-14 06:23
まとめて聴くものではない
at 2022-06-13 06:21
パソコンの環境整備
at 2022-06-12 08:47
淡い期待が尽きる
at 2022-06-10 06:27
iPhone 壊れる
at 2022-06-08 06:40
オーディオ趣味の二極化
at 2022-06-08 06:39
小型コンピュータの修理(2)
at 2022-06-07 06:20
ケンプの録音を聴く
at 2022-06-06 06:18
小型パソコンの修理??
at 2022-06-05 16:01
回転ムラが気になる...
at 2022-05-31 06:23
またチケット買う
at 2022-05-30 06:07
貧乏暇なし...
at 2022-05-29 14:50

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

最新のコメント

> muukuさん ピ..
by mcap-cr at 16:09
ピアノロールはオンオフで..
by muuku at 13:54
> muukuさん 以..
by mcap-cr at 10:53
車田さんの電子ピアノの話..
by muuku at 09:56
> rokuさん ご紹..
by mcap-cr at 12:23
>ひょっとしたら、自分が..
by roku at 07:38
> tincanさん ..
by mcap-cr at 12:43
キビシィー、ポスターの写..
by tincan at 11:23
> muukuさん い..
by mcap-cr at 12:13
> grigriさん ..
by mcap-cr at 12:07

最新のトラックバック

島谷技研
from 島谷技研
musica
from musica
明日9/24(月祝)はス..
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
美しい美宮殿装飾と世界屈..
from dezire_photo &..
年末自作スピーカー系イベント
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな