人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はこにわオーディオ工学研究分科会 (旧名: バスレフ研究所)

久しぶりにFMエアチェック

ソニーのポータブルラジオレコーダーICZ-R110を購入したので、FMの録音をしてみました。

最初に、録音機の仕様をメモします。
チューナー部は、FMとAM。
それぞれに外部アンテナ端子が付いています(クレードル部分)。
FMの端子はF型で、半世紀以上前から共通で、テレビとも同じなので便利です。
FM用の簡易アンテナが付属しています。
AMの端子は線の差込型で、ループアンテナが付属しています。
録音フォーマットは、リニアPCM(CDと同一規格)、MP3(192kbps, 128kbps, 48kbps(モノラル))となっています。
できればVorbis OGGを実装してほしかったというのが希望です。
OGGが無くてもふつうは困らないので、これで十分といえば十分ですが。
再生フォーマットには、別なサンプリングレートやWMA等も対応しているようです。
付属スピーカーの音は、聞こえる程度です。期待してはいけない。

私のシステムでは、音を聴くために、最初に編集します。
付属のソフトがあることに気付かなかったので、フリーウェアをいくつかダウンロードして、使いやすいものを選択しました。
コピーすれば聴けますが、編集すれば、CDと同じように付加価値がつきます。

40年前を思い出すと、番組に張り付いて1曲ずつカセットテープに録音するか、いったんオープンリールで録音し、それをカセットテープにコピーしていました。
いまは、MicroSDカードを挿入しておいて、留守録音をセットするだけです。
ずいぶんと簡単になりました。
最初はお試しとして、MP3(128kbps)で録音しました。
デフォルトではMP3(192kbps)になっていますが、その品質は必要では無さそうに思います。
MP3の場合は分かりませんが、OGGの場合は112kbpsでWAVから変換してもほとんどの人は聞き分けが出来ないそうです。
私は通常OGG(160kbps)で聞いていて、WAVとの差がわからないので(頑張って聴き比べたことはない)、FM音源で192kbpsは、過剰品質のように思います。

録音までは簡単にできましたが、編集は簡単ではなさそうです。
いまのように、CDリッピングデータが多数の情報過多の状況では、整理しないと何がなんだかわかりません。
40年前だったらノートに書き留めておくということで良かったのでしょうが、いまは、さっと取出して再生時に何の曲で誰の演奏家分かるようにしておくほうが便利です。
ということで、録音の後に編集作業をします。

まず、編集の仕方が分からないので、編集ソフトを探すと、Audacityというフリーウェアで編集できることが分かりました。
Fedora32では、ソフトウェア管理機能の"Discover"のリストに入っているのでワンクリックでインストールできました。
Windowsのようにダウロードしてインストールする必要がないので便利です。
私の想像した手順は、番組まるごとのデータに切れ目を入れ、不要部分を削除して、1曲毎の断片に音楽情報を埋め込んで完成、というものでしたが、Audacityは、そういう編集ソフトではありません。

Audacityは、いったん音楽データを全部読み込んで、読み込んだ内容を編集します。
したがって元のファイルは加工しません。
今回は100分の番組を録音してあるので、およそ93MBのサイズのMP3ファイルを読み込むのに1分弱かかりました。
操作は手探りですが、横軸が時間の波のチャートが表示されるので、適当な時間をクリックすると、その部分の再生が始まりました。
チャートを見ると、音楽の切れ目が音量極小で表示されているので、そこが切れ目だとわかります。
チャートのグラフ表示の部分をクリック&ドラッグすると選択できて、選択部分を削除することができます。
いっぺんに削除できなくてもいいので、大雑把に不要部分を削除してサイズを小さくしてズームしながら不要部を削除します。
ほしい部分だけが残ったらその部分を新たなMP3ファイル等に書き出します。
このとき、書き出すフォーマットにはOGGも選べますが、元がMP3なので、元のレートでそのまま書き出します。
ただし、その場合内容の変質がないかどうかは処理のアルゴリズムが分からないので不明で、ひょっとしたらWAVなどに一回変換してそれから再圧縮しているのかもしれません。
書き出しのプロセスも30分くらいの曲だと数分かかります。
書き出しが終了したら、また1分程度かけて全部のファイルを読み込み、必要部分を切り出します。
この手順が面倒で、読み込みや書き出しにも時間がかかります。
慣れるまでは頑張ってこの作業をしなければなりません。
しかし、便利なことに必要部分を抽出して書き出すときに音楽情報を指定するので、Volumioでは一発で音楽情報が表示できるようになりました。
編集が終わって確認したら、元データは消します。
録音機のMicroSDカードのデータを直接読み込まずにいったんパソコンのディスクにコピーして作業するほうがデータ欠損のトラブルがないでしょう。

最も大切なことは、録音前に、番組表の内容をコピーしておくことです。
録音後では過去の番組表を見ることができないので...

こうして抽出した曲目をVolumioサーバーにSMB転送すると聴く準備が整います。

今回録音したものは、大野和士指揮スイス・ロマンド管弦楽団の演奏でした。
音は、CDほどではないものの決して悪いわけではありません。
ヒスノイズもゼロではないものの昔のカセットテープのように気になるレベルではありません。
昔は、特許問題で無くなった東芝のADRESシステム(Automatic Dynamic Range Expansion System)を使ってもブリージングノイズが聞こえなくなりませんでした。
dbxやDolby Cは使ったことがないので分かりませんが、性能としてはADRESより良くはなかったはずです。
いまはICレコーダーの性能も元の録音もいいのでしょう。
FMなので、CDよりハイエンド周波数が低いはずですが、気にしなければどうってことはありません。
それよりも、劇場のライブ録音ならではの音響はなかなかの魅力です。
CDに録音されたものと、こうした放送用のライブ録音は別物と考えるほうがいいでしょう。
どちらがいいかは個別の問題ですが、ライブ録音にもいいものがあります。
CDの録音だと、1曲を数日に分けて録音したりすることが多いようですが、放送のライブ録音はその場で1回限りです(オペラのDVDは、別な日の収録をつなぎ合わせたりもする)。
また、録音を変に加工しいない場合が多いと思うので、この点もCDより有利です。

操作に慣れれば編集作業は速くなるでしょうが、厳選しなければ聴ききれません。

聴きたかったのは今年の日本音楽コンクールの本選の中継なのですが、いつするのかな?
これから番組表のチェックが欠かせなくなりました。

by mcap-cr | 2020-10-31 07:15 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/240657486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tincan at 2020-10-31 21:03 x
>最初はお試しとして、MP3(128kbps)で録音しました。

私もオリンパスPJ-35時代はデフォルトでしたのでMP3(128kbps)でRECしていました。ICZ-R110になり、これはデフォルトがMP3(192kbps)ですので、オリと比較検討したところ、ソニーが勝ったのでMP3(192kbps)を採用しています。
確かに理屈上は192kbpsまで要らないですよね。
だけど、耳で聴くと192が滑らかで高音質に聴こえてしまう。不思議です。

色々の編集ソフトがありますが、録音ファイルをPC内にコピーしてソフトで加工すると何故か音質が劣化するように思えます。人によってはアップサンプリングして編集後、通常のサイズに戻してコレクションするのだとか。プロが商業録音する時も、そうしているのだとか。
そういう方法もあるとは知っていますが、やってみると非常に煩雑でした。よって今はシンプルに本体で最低限のカット編集だけしております。

>劇場のライブ録音ならではの音響はなかなかの魅力です。

仰る通りで、高音質は周波数レンジやSN比だけでは決まりません。音場感やその他の録音ファクターも
影響します。NHKのliveサウンドはCD録音より自然な感じの音場感です。

>最も大切なことは、録音前に、番組表の内容をコピーしておくことです。
録音後では過去の番組表を見ることができないので...

NHKFMでしたら過去の番組表を詳細に閲覧できます。過去の方が詳しく載っています。ご参考までに下記です。
https://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/index.cgi?area=001&type=1&date=2015-12-30&tz=all&mode=4&f=his
Commented by mcap-cr at 2020-11-01 07:08
> tincanさん
アップサンプリングで加工ですか。
アナログ手法のような感じですね。
ソフトがどういうふうに加工しているかアルゴリズムが分からないので、単なるデジタルコピーのようにならないのかもしれないという疑念をもちながらも同じビットレートで加工していました。
詳細に比べたことがないので、今後チェックしてみたいと思います。
やるならWAVで録音、加工してMP3で抽出というのが、アップサンプリング手法に近いように思います。
問題は、データが大きくなるので、加工に時間がかかりそうだということですね。

NHKの過去の番組表は知りませんでした。
最初は分からずにがっかりしましたが、今は、予めテキストファイルにしておいて使用しています。
それでも使えますが、今後は気にしないで済みます。情報を有難うございました。

生演奏を主とすれば、オーディオは箱庭で充分でしょう。
by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

何度も聴いて新しい発見
at 2022-06-25 16:34
自分の装置基準
at 2022-06-23 12:22
背中を見せる
at 2022-06-21 06:33
音源メディア
at 2022-06-21 06:30
ドミンゴは流石
at 2022-06-20 06:23
"サウンド変換"ソフトのバグか?
at 2022-06-19 10:43
パソコンのメンテナンス
at 2022-06-16 12:36
久しぶりにCDリッピング
at 2022-06-15 06:19
脳内補正
at 2022-06-14 06:23
まとめて聴くものではない
at 2022-06-13 06:21
パソコンの環境整備
at 2022-06-12 08:47
淡い期待が尽きる
at 2022-06-10 06:27
iPhone 壊れる
at 2022-06-08 06:40
オーディオ趣味の二極化
at 2022-06-08 06:39
小型コンピュータの修理(2)
at 2022-06-07 06:20
ケンプの録音を聴く
at 2022-06-06 06:18
小型パソコンの修理??
at 2022-06-05 16:01
回転ムラが気になる...
at 2022-05-31 06:23
またチケット買う
at 2022-05-30 06:07
貧乏暇なし...
at 2022-05-29 14:50

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

最新のコメント

> muukuさん ピ..
by mcap-cr at 16:09
ピアノロールはオンオフで..
by muuku at 13:54
> muukuさん 以..
by mcap-cr at 10:53
車田さんの電子ピアノの話..
by muuku at 09:56
> rokuさん ご紹..
by mcap-cr at 12:23
>ひょっとしたら、自分が..
by roku at 07:38
> tincanさん ..
by mcap-cr at 12:43
キビシィー、ポスターの写..
by tincan at 11:23
> muukuさん い..
by mcap-cr at 12:13
> grigriさん ..
by mcap-cr at 12:07

最新のトラックバック

島谷技研
from 島谷技研
musica
from musica
明日9/24(月祝)はス..
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
美しい美宮殿装飾と世界屈..
from dezire_photo &..
年末自作スピーカー系イベント
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな