人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はこにわオーディオ工学研究分科会 (旧名: バスレフ研究所)

有冨萌々子ブラームス国際コンクール入賞記念コンサート

昨日は待ちに待った有冨萌々子さんのヴィオラコンサートを聴きに千葉県君津市まで行きました。
最初はひとりでゆっくりと思っていたのですが、千葉県在住(出身は全然違うところ)の旧知の友人に伝えたら是非聴きたいということなので、車に載せてもらい君津市民文化ホールの中ホールまで行ってきました。
君津市民文化ホールは、立派なホールでした。
そこの中ホールは、504席、事前に完売ということでしたが、コロナ対策で1/3は、販売してはいけなかったそうです。
ホールは縦長のレイアウトで、ステージに向かって右側中央の10行前後のところに席を取りました。
ステージの見通しは良く、近く見えました。
有冨萌々子ブラームス国際コンクール入賞記念コンサート_a0246407_08131350.jpg
有冨さんの地元凱旋コンサートらしく、会場には花束がたくさん!
学校の恩師とか、地元の校友など多くの方が来てくださったそうです。
多くの人が一度に来られる瞬間があったので、東京駅からのバスで来られた方もいたようです。

有冨さんは気さくな方ですが、流石に地元凱旋は、緊張したようで、話すことを忘れてしまったところもあったかもしれません。
ひょっとしたらいつもはドイツ語で話しているので、日本語で話すのに緊張したのかもしれません。
そんなことを書くと、変ですが、外国語で話さなければならない場合、アドリブでは無理で、コンパクトにまとめるので却ってうまく話せることもあります。

ピアノは、横山歩さんと、急遽願いが叶って上田実季さんが参加。
横山さんは、地元のお姉さんのような感じで、小さい頃からお世話になったそうです。
上田実季さんは、藝大の同期のなかでも特に気が合うようで、いままで何度も二人で公演をしています。
演奏の様子を拝見していると、二人の間にはリスペクトがよく感じられるので、それが、音楽の命になっているのだと思います。

演目は、
ディズニーメドレー(伊藤栄乃編曲)
リベルタンゴ(藤森さな編曲)
アメージンググレース(藤森さな編曲)
Concert Piece for Viola and Piano(エネスコ作曲)
休憩後
チャイコフスキー作曲藤森さな編曲の白鳥の湖から抜粋
クリスマスメドレー(藤森さな編曲)
ファンタジー(ボウエン作曲)
アンコールは、有冨さんと上田さんのピアノ連弾で始まる、エネスコConcert Pieceの主題を取り入れた日本の歌曲『ふるさと』でした。
アンコール曲の編曲者は不明です。

藤森さなさんも藝大の気の合う同期で、編曲を依頼したり、初演を依頼されたりという仲だそうですが、ステージには呼び出されなかったので、来られていなかったのかな?

少し前まで、ウィーンは2度めのロックダウンだったそうで、11月のコンサートは潰れてしまったそうです。
今回のコンサートは楽しみにしたいたということで、安定の演奏で、気持ちのゆったりした中に、ちょっとした緊張を挟み込むところもあり、ご本人のイメージ通り演奏できたのではないかと思います。
曲目の中で特に好きなのは、エネスコのConcert Pieceで、これは、有冨さんから分けていただいた録音にも収録されているので、何度も聴いています(Bashmetの録音より圧倒的に好きですし)。
この曲は想像していたとおり、Brahmsコンクールの課題曲だったそうです。
いい曲ですよね。

今回は初めての会場だったせいか、ちょっといつも聴いていた感じとヴィオラの音が違うように聞こえました。
楽器?演奏?会場?
いや自分の耳の不確かさでしょう。

有冨さんは、すでに地元の名士という感じで、やっぱり地元があるっていいなあ。
アンコール曲のふるさとを聴いていて、自分にはふるさとがないことを思い出しました。
地元は千葉市のような気もしますが新興住宅地で今は過疎地なので地元の関係が希薄です。
中学校までも隣の四街道市を経由して電車で通ってましたし。
いままで住んだなかで曲のイメージに合うのは、富山県の片田舎くらいですが、そこに住んだのは1年半ほどで、今は全然縁がありません。
ですから、いまは、気に入った場所を全部心のふるさとにしていて、ふるさとが世界中にある感じです。
それもまた良しです。
有冨さんの『ふるさと』は、ヨーロッパの人に聞かせてもいい曲だと思ってもらえるだろうと思います。
会場を出るときには、とうとう有冨さんと少しだけですが、お話ができました。
友人に写真も撮ってもらいました(自分が画面を汚すのでブログには載せませんが)。
またご来場者のみなさんには、おなじみのMozart Kugel(モーツアルト弾ともいうべき丸いチョコレート)を配られていて私もいただきました。

ピアノに横山さんは、有冨さんが小さい頃から伴奏でお世話になっていたおねえさんらしく、優しく、出しゃばらない演奏でした。
キャリアも素晴らしく、音楽の教育者としてこれからも功績を積まれるのだと思います。

同じく、上田さんは、このブログにも何度も綴っているとおり、才能あふれる方で、しかも才能をひけらかさず、音楽に対する尊敬で表現する方です。
今後も大成功されると思います。

ああ、音楽っていいなあと思いながら、旧知の友人と、ん十年前の思い出のある九十九里浜の寿司屋さんまで夕食に行きました。
そこで音楽の後味を残しつつ、食味を追加して帰路に着きました。

皆さんの今後の大成功を見つめていきたいと思います。

by mcap-cr | 2020-12-13 08:35 | 音楽・コンクール | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/240743760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tincan at 2020-12-13 10:19 x
>ホールは縦長のレイアウトで、ステージに向かって右側中央の10行前後のところに席を取りました。ステージの見通しは良く、近く見えました。

いわゆるシューボックス型というホールなのでしょうか?
大阪のいずみホールもそうで、音が良いです。
中央の10行だと、相撲で言うところの、砂被り、の良い席です。直接音間接音がちょうど良いブレンドかも。

>会場には花束がたくさん!

やっぱり人が大勢集まる行事の節、とくに芸術関係の席では花束があるとホント華やかで素晴らしいです。
ただ昨今の客が集めにくい事情では現金も良かったかな?なんて、勝手なミーハーの邪推です。大衆芸能じゃないんだから(反省)

>緊張したようで、話すことを忘れてしまったところもあったかもしれません。

いやそのほうが実直な性格を表わしていて、アーチストに相応しく、好感が持てるのではないですか。立て板に水では興ざめか?

プログラムも万人に聴いてもらえるポピュラーなもので、嬉しくなります。こう言っては何だが、ビオラのマイナー性を補う指向で当を得ています。

アンコールが『ふるさと』とは泣かせる。あれを聴いて心に何も感じない年配の方はいないでしょう(ハラショー!)
志も、何も果たせずに帰った自分が情けない。
Commented by mcap-cr at 2020-12-13 13:48
> tincanさん
私の席取りは、小ホールだとだいたい中央に向かって右側、5m〜10mくらいが多いです。
そのあたりだとステージがよく見えて、演奏者の表情もわかりやすいと思います。
しかも、演奏者から見られている感がありません。

話す内容を忘れるのは、よくあることで、それもちょっとスリルがあって良いだろうと思います。
もし、これをドイツ語だのイタリア語だので話さなければならないとなると、全力で準備していくので、そちらのほうがいいかもと思います。
外国人ががんばるジョークって意外にウケます。

プログラムは絶妙でしたね。
アンコールはまさに Brave!でした。
ふるさとがある人っていいですね。
昔から羨ましかったです。

生演奏を主とすれば、オーディオは箱庭で充分でしょう。
by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

音声回線は消えていく(予想)
at 2022-07-01 07:13
オーディオ崩壊
at 2022-06-30 07:21
スマホでPDFを見るって...
at 2022-06-29 06:21
趣味の違いは小異大異
at 2022-06-28 06:37
雑談
at 2022-06-27 06:15
何度も聴いて新しい発見
at 2022-06-25 16:34
自分の装置基準
at 2022-06-23 12:22
背中を見せる
at 2022-06-21 06:33
音源メディア
at 2022-06-21 06:30
ドミンゴは流石
at 2022-06-20 06:23
"サウンド変換"ソフトのバグか?
at 2022-06-19 10:43
パソコンのメンテナンス
at 2022-06-16 12:36
久しぶりにCDリッピング
at 2022-06-15 06:19
脳内補正
at 2022-06-14 06:23
まとめて聴くものではない
at 2022-06-13 06:21
パソコンの環境整備
at 2022-06-12 08:47
淡い期待が尽きる
at 2022-06-10 06:27
iPhone 壊れる
at 2022-06-08 06:40
オーディオ趣味の二極化
at 2022-06-08 06:39
小型コンピュータの修理(2)
at 2022-06-07 06:20

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

最新のコメント

> muukuさん 英..
by mcap-cr at 10:23
通信(離れた場所からの連..
by muuku at 10:09
> tincanさん ..
by mcap-cr at 16:09
暑いこの頃、お仕事お疲れ..
by tincan at 11:25
> muukuさん 確..
by mcap-cr at 12:23
状況も解らず、知識も経験..
by muuku at 08:37
> muukuさん ピ..
by mcap-cr at 16:09
ピアノロールはオンオフで..
by muuku at 13:54
> muukuさん 以..
by mcap-cr at 10:53
車田さんの電子ピアノの話..
by muuku at 09:56

最新のトラックバック

島谷技研
from 島谷技研
musica
from musica
明日9/24(月祝)はス..
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
美しい美宮殿装飾と世界屈..
from dezire_photo &..
年末自作スピーカー系イベント
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな