人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はこにわオーディオ工学研究分科会 (旧名: バスレフ研究所)

耳自慢はしないほうがいい

スピリチャルな思考もないわけではありませんが、科学がその領域に達するにはまだしばらく時間がかかるでしょう。
タイムトラベルが可能になれば、過去の歴史をひっくり返すことが可能になるはずですが、それを計画して実行した人間は、種が途切れて消えてしまうかもしれません。
そうなると、何も無かったことになる。
そういう展開にならざるを得ないのがタイムトラベルなどスピリチャル系で、現在の科学的思考では矛盾だらけになってしまいます。
ですから、スピリチュアル系と現代の科学とは切り離して考えるほうがいい。
オーディオ系は、割とスピリチュアルな思考が主流ですが、オーディオはそれではいけないと思います。

オーディオの耳自慢はナニな場合が多い。
私がそう考えるには理由があります。
まず第一に耳自慢はブラインドテストを避けます。
自信のないことの現れでしょう。
また、他のところで出たブラインドテストの結果を尊重しません。
ブラインドテストの手法について合理的な問題を具体的に指摘して信じない、というのであれば、それでいいでしょう。
しかし、手法に対して合理的な疑いのないものについては単に石頭なだけと云って良いでしょう。
自分にはこう聞こえる。だから他人の試験結果は信じない。
思想信条は自由ではありますが、あまり格好の良いものではありません。
頑なに科学的な試験結果を否定する人の多くは若い人ではありません。
すなわち、感知機能が劣化している疑いがあります。
70才、80才になる前に高域の検知機能は十分に低下します。
モスキート音に気付かない人(自分もそういうものに気付いたことがない。そういうところに行ったことがないのかもしれないが不明。)は、高域の検知機能が劣化していることの証拠でしょう。
自分も10年ほど前は16kHzはわりと聞こえていましたが、いまは12.5kHzでも聞こえているような聞こえていないような、自信はありません。
音量を上げればしっかりと聞こえそうな気がしますが、それだと、ノイズを聞いているのかもしれないし、何とも言えません。

もう40年近く前のことですが、茨城県のH市に住んでいたときに、市内に自作オーディオを置いていてレコード等を売っているお店がありました。
そこに置いてあったスピーカーは、鼻をつまんだような音を出していました。
しかし、店主はたぶん60~70位の人で、そのシステムのホーンツィータは位置を細かく調整してやっと仕上がったということでした。
友人と共にそこに後にした後、変な音なあ、と話しました。

それからいろいろな音を聞いてそのことを考えると、たぶん店主は高域があまり聞こえていなかったのだと思います。
おそらく8kHz(5kHzくらいかも?)以上の音圧が凹んでいたので鼻をつまんだようぬ聞こえたのでしょうが、聞こえていなければ調整のしようがありません。
思い起こせば、そういう鼻をつまんだような音は、何度か聴いたことがあります。
システムが悪いのかと思っていましたが、聞こえないで調整したからそうなったのでしょう。

そう考えるようになった今は、自分もテスト用に作った音を時々聴いています。
低い方は聞こえていなければ、ダクトに手をかざしすと、ダクトが効いていないことがわかります。
高域は聞こえているのかいないのか、悩みます。
何も音がないときとは違うような気がするので、聞こえているのかもしれないし、思い込みかもしれないからです。
ちゃんと聞こえている人に操作してもらって確認しなければ判らないと思います。

こう感じてくると、オーディオの音を語るのも気が引けます。
そんな訳で、ここでは間接音とか音場とか、違いのわかりやすいもの中心の話題になります。
中音の質も高音の質に左右されていることは間違いありません。
だから中音をコメントするのも難しいのかもしれません。

でもそう思って聴くと、音に粗を感じにくくなります。
粗を感じにくいということは、無駄な改善をしなくて済むということです。

かつては、電線の音の差があると思ってていました。
測定上差がないことを知っていてもそう聞こえたわけです。
しかし、いまは、差があるという説を信じなくなったので、そういうことが気になりません。

測定で検知できる差があっても、人が検知できるわけではありません。
たとえばスピーカーシステムは、同じ型番のモデルであっても測定できる個体差があります。
また、頭の位置が違っても、角度が違っても、鼓膜での周波数特性はかなり違います。
しかし、それを感じている人がどれくらいいるかは疑問です。
しかも自分はもう若い頃よりも耳の能力が下がっているので、あまり細かな差を云々してもしょうがないだろうと思います。

指揮者のような職業の人が、いろいろ聞き分けているのは確かのようです。
しかし、それは、譜面を読み、研究しているからこそできることで、耳が良いだけでできるわけではありません。
センサそのものの性能よりも分析する能力のほうが重要だということです。
自分のような素人は、能力不相応の耳自慢をしてドン引きされる必要もないと思うようになってきました。

by mcap-cr | 2021-01-14 07:28 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/240790327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by N.H at 2021-01-14 11:23 x
自分は昔若いときに、JBL4312Aを持っていて、ただ高音が思うように出てくれないということに不満がありました。当時キーボード用のヤマハの小さなモニタースピーカーの方が高音がしっかり出てはいたものの、指向性の狭さが気になるところでした。
今聞いたら、どっちも大して気にならないんだろうなと思います。
聞こえる範囲内で音質調整するのみですね。
Commented by mcap-cr at 2021-01-14 12:47
> N.Hさん
ヤマハの小さなスピーカーでNS-10Mというのを私も使っていました。
もうずっと前のことですが、高域はそんなに好きではありませんでした(当然低域も出ませんでしたが)。
モニターシステムとして使われているものだったので、性能がいいのだろうと思っていましたが、いま考えると限られた部屋環境での使用を想定されているもので、一般家庭向きではなかったのかもしれません。
JBLはいまだ使ったことがなく、他所で聴いたことしかありませんが、でっかいツィータホーンのシステムはちょっと高域が寂しく感じたように記憶しています。
ツィータは、レイアウトで、同じ組み合わせでも聴こえ方がずいぶん変わるので、いま聴いたら別の違いが聴こえてくるかもしれません。
ホーンは以前は興味がありましたが最近は小さなほうがいいと思うようになり、興味がなくなってしまいました。
スーパーツィータのような短いホーンならいまでも興味があります。
Commented by tincan at 2021-01-15 11:41 x
>スーパーツィータのような短いホーンならいまでも興味があります。

私も興味があって安いながら持っているのですが、最初は如何にも繊細感、浸透感、音場感が増して良い気分なのですが、段々に時間が経つと高音部の繋がりが気になるようになり違和感が出てくる。結局付けたり外したりですね、最近は耳が悪くなったのか、普通のツイーターの最上域をイコライザーで上げるだけで満足するようになりました。
しかし音質ではホーンツイーターを評価しているので、つながり問題に新しい解決策が見えたら、また試したいです。
Commented by mcap-cr at 2021-01-15 13:01
> tincanさん
短いホーンは超高域専用ですので、本来は効果の有無も確認しにくいはずなのですが、アンプ側から見てインピーダンスがフラットになるせいか、カットオフ以下の周波数のレベルが高いのか、わりと存在感を感じますよね。
私は高価なのでホーンツィータは買いませんが、なければないでいいような感じでもありますね。
Commented by tincan at 2021-01-15 20:50 x
ネットサイトでwavとmp3の聞き分けクイズをやっているところがありますね。

https://www.npr.org/sections/therecord/2015/06/02/411473508/how-well-can-you-hear-audio-quality

6問ありますが、恥ずかしながら2問不正解でした。チャハー
言い訳になりますが、圧縮したほうが聴きやすい音源もあるようで(恥の上塗りか?笑)
Commented by mcap-cr at 2021-01-16 07:10
> tincanさん
私もそのサイトを試してみました。
大した機材を持っておらず、スマホとその付属品のイヤフォンマイクですが。
正直云ってどうでもいい違いしか分かりませんでした。
1番最初のは、128kbpsだけがちょっと粗い感じを受けましたが、2番目以降は、『どれでもいー』という感じ。
特にポップス系は、元の音がどう創られているのか分からないので良し悪しの違いが全く分からない。
ピアノ協奏曲はわざと音の小さい部分を比較して分からなくしてあったように思います。
320kbpsとwavとでは、どちらがいいかというよりも品位の差が分かりません。
128kbpsでは多少違いを感じるソフトもあるっぽいことが分かりましたが、それもソフトによるという程度でした。
ダウンロードしてもっとちゃんとしたオーディオで聴けば分かる可能性もありますが、これを気にするかしないかでマニア度が分かれそうです。
Commented by tincan at 2021-01-16 09:27 x
私は自信のない4問目5問目を正解し、比較的自信のあった3問目6問目を外してしまいました。1問目のペライアは比較的易しかった。やはりオーディオはクラシック、否アコースティック楽器と音場を聴くためにあるのかもしれません。

真面目に聴かずに卓上自作10センチ2ウエイで聴いたので、ヘッドフォンで聴けば良かったと後悔もしています。

しかし最近の圧縮技術は進歩したのか、判別がつきにくいです、好録音です。NHKFMのらじるらじるでオンライン放送をやっていて、48kbpsだそうですが、初期から比べると雲泥の差で音が良い。技術の進歩ですね。会長がおっしゃるように128kbpsで十分かもしれません。

戯れに全国オーディオマニア共通テスト、なんていうのをやってみるのもお座興か(笑)

Commented by mcap-cr at 2021-01-16 14:03
> tincanさん
三択問題で、そのうち320kbpsとwavを含めているというのは、ちょっとひねった二択で、128kbpsを選ばなければ、聞き分けていると思っていいのではないでしょうか。
実際には160kbps前後まで上げると、聞き分けできなくなると云われているので、何問当たったかは大きな意味がないように思えます。
mp3ではなくoggであればもっとチャレンジしたくなったと思います。
どういうシステムだったら聞き分けられるか、というより、ダウンロードしてラズパイで聴かないと、パソコンやスマホ直聴きは厳しいと思います。
ただ、こうやって聴くと、最初の問題は、128kbpsの音が明らかに悪かったので(他はよく分からなかった)、192kbpsのほうがいいのかもしれません。
自分は通常はVorbis OGG 160kbpsでもwavとの差は分からないと思っています。
ただ、ソースにより違うのではないかと思うようになりました。
これ、オーディオ耳自慢にやらせたら偶然の結果しか出なそうです。

生演奏を主とすれば、オーディオは箱庭で充分でしょう。
by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

これからはAIができる仕事が..
at 2022-07-03 08:23
音声回線は消えていく(予想)
at 2022-07-01 07:13
オーディオ崩壊
at 2022-06-30 07:21
スマホでPDFを見るって...
at 2022-06-29 06:21
趣味の違いは小異大異
at 2022-06-28 06:37
雑談
at 2022-06-27 06:15
何度も聴いて新しい発見
at 2022-06-25 16:34
自分の装置基準
at 2022-06-23 12:22
背中を見せる
at 2022-06-21 06:33
音源メディア
at 2022-06-21 06:30
ドミンゴは流石
at 2022-06-20 06:23
"サウンド変換"ソフトのバグか?
at 2022-06-19 10:43
パソコンのメンテナンス
at 2022-06-16 12:36
久しぶりにCDリッピング
at 2022-06-15 06:19
脳内補正
at 2022-06-14 06:23
まとめて聴くものではない
at 2022-06-13 06:21
パソコンの環境整備
at 2022-06-12 08:47
淡い期待が尽きる
at 2022-06-10 06:27
iPhone 壊れる
at 2022-06-08 06:40
オーディオ趣味の二極化
at 2022-06-08 06:39

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

最新のコメント

> muukuさん 英..
by mcap-cr at 10:23
通信(離れた場所からの連..
by muuku at 10:09
> tincanさん ..
by mcap-cr at 16:09
暑いこの頃、お仕事お疲れ..
by tincan at 11:25
> muukuさん 確..
by mcap-cr at 12:23
状況も解らず、知識も経験..
by muuku at 08:37
> muukuさん ピ..
by mcap-cr at 16:09
ピアノロールはオンオフで..
by muuku at 13:54
> muukuさん 以..
by mcap-cr at 10:53
車田さんの電子ピアノの話..
by muuku at 09:56

最新のトラックバック

島谷技研
from 島谷技研
musica
from musica
明日9/24(月祝)はス..
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
美しい美宮殿装飾と世界屈..
from dezire_photo &..
年末自作スピーカー系イベント
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな