人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はこにわオーディオ工学研究分科会 (旧名: バスレフ研究所)

CBS-CRシミュレータ(0)

緊急事態宣言が出て東京では2月7日まで継続中ですが、音楽会は、中止要請されていません。
節度を持って聴く限りは、CCPコロナの感染はないでしょう。
2月7日には楽しみなコンサートがあります。

年末の、ベートーヴェンは凄い!、東京文化会館のニューイヤーコンサートに続きようやく聴きたかったコンサートが聴けます。
今回は、ソロ演奏に有冨萌々子さんと高木凛々子さんが出演しますので、これは特に注目です。
まだ残席あるようなので、お好きな方はぜひどうぞ。

話は変わって、ちょっと前にMCAP-CRの定常状態シミュレータを公開し、その後、CBS-CRにも拡張すると予告しました。
CBS-CRもMCAP-CRもシミュレータの基本部分は共通で使用でき、運動方程式と、それに伴う入力方法を変更すればどちらでも使えます。
CBS-CRとは、多自由度バスレフ型のひとつで、空気室を平面上に配置したときに効率よく製作できる構造です。
多連のダブルバスレフにトリプルバスレフを重ねた方式なので、多連のダブルバスレフである標準のMCAP-CRよりもローエンドが伸びます。
8cmユニットで同じ大きさの作品をつくって比較したとき(作例:CBT080a)に、音の好みは別として、CBS-CRのほうが、標準のMCAP-CRよりも何ヘルツかはローエンドが伸びたようです。
手元に残っているのが、このときのCBS-CRだけなので、いまはそれ以上の比較ができませんが、ちょっと面白い作品として、なかなかの完成度を誇ります。
トリプルバスレフとなっているポートに手をかざすと、わずかな時間差で低音が出てくるのが分かるので、これが味付けになっているのかもしれません。
私は、最近製作した簡易型のMCAP-CRよりもローエンドが伸びるので、いま、このモデルを主として使っています。
8cmですが、聴く音楽によっては(というよりは殆どの場合かもしれない)これより低い周波数は必要ないと思います。
CBS-CRには3タイプあって、製作したのは、簡易型だけですが、体力と気力が続くなら、簡易型でないものを作ってみたいと思います。
但し、簡易型でないものは振動の自由度が21もあるので、計算量が多く、これをシミュレーションの対象にするかどうかは決めかねています。
最初は、運動方程式の整理から始めていて、全タイプの剛性行列までは整理できたので、これをプログラムに実装することで完成するはずです。

こういうのは、実際にシミュレータプログラムを作ってみないとなんともいえません。

by mcap-cr | 2021-01-27 07:08 | プログラミング | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/240811395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tincan at 2021-01-27 10:03 x
工作下手なのでシングルバスレフばかり作っておりますが、
シングルには良い点と悪い点があります。
良い処は狙った周波数の所のみ持ち上がって、意図通りの効果が得られるところ。
欠点は箱内部の高音が外へ漏れやすい事、また中低域で共鳴音が耳につく場合がある。大きな問題点は低域帯に鋭いディップが生じて低音感を損ねる事。
ただ作りやすいのでこればかり作っております。

大昔、ダブルバスレフも手掛けたことがありますが、超低域を欲張ったからか、何か鋭さに欠けるというか、マイルドな低音で、その頃よく聴いていたロックやポップスに合わず、後作ることは無くなりました。

会長の多連バスレフシステムは、色々のバスレフシステムの欠点を補ったものと承知をして居りますが、低音の音質においてマイルドの傾向に属すると想像しています。やはりクラシック向けに適合した音でしょうか?作りもせずに失礼ながら、ちょっとお伺い致します。
Commented by mcap-cr at 2021-01-27 13:43
> tincanさん
多自由度バスレフの低音ですが、私の意見としては、一度聴くとシングルには戻れないというくらい聴いた感じの解像度に差があります。
シングルバスレフだとベースの音程を聞き取りづらいですが、多自由度だとそのあたりの音程を聞き分けられるので、ローエンドが伸びたとかいう以上のメリットがあると思います。
このあたりは人によって感じ方が違うのでなんとも云えませんが、私は実験以外の目的でシングルバスレフを作ることはないでしょう。
多自由度の低音はクラシック音楽にも合っていますが、むしろポップスの低音の独特な耳に付く感じを和らげてくれると思います。
ジャズは好適だと思います(ジャズマニアじゃないのでわかりませんが)。
ダブルバスレフは、あまり良く知らないのと、長岡式は独特な味付けがあるので、長岡式がクラシック向きだと思われているのではないかと思います。
ダブルバスレフは、MCAP-CR用のシミュレータでも計算できるので、お試しください。
逆にシングルバスレフのシミュレーションは、ちょっとやりにくくなりました。
シングルバスレフのシミュレーションの場合は副空気室を巨大にして、内部ポートの音圧を拾わなければならないので、プログラムの修正が必要です。
Commented by yasufuku at 2021-01-27 20:54 x
田舎と違って首都圏では色んな演奏会があるようで、
そこに関しては大いに羨ましく思うところです。

本日、何年かぶりに当サイトの中を徘徊させて頂きました。
その中、技術文書にあった
“ひとつの空気室に複数のダクトを付けた場合の共振周波数計算”
というのを興味深く拝見することになりました。

実は私、昨年にステレオ誌コンテスト用にダブルバスレフ箱を作ったのですが、
当初、第二室のダクト数については
出来ることなら二本までとする予定だったものが、
最終的に三本になってしまったのでした。
つまり、一回り太いダクトなら二本で収まったはずが、
デザイン上の都合でそれが出来なかったのです。
で、その際の音作りで判って来たことがあって、太さ・長さの違うダクトを
3本使っても共振周波数は一つのようだという概念でした。
それは正に、こちらの技術文書にある内容だったので
私にとっては心底納得できるものでした。
しかしまぁ、計算でこういう予測が出来るというのが凄いですね。
今日二つ目の羨ましいでした・笑
Commented by mcap-cr at 2021-01-28 06:45
> yasufukuさん
文書のほうもお読み頂き有難うございました。
技術文書は、思いついて計算してみたというような内容も入っています。
ひとつの箱に複数ダクトを付けても共振周波数は増えないということは、長岡先生も書いておられましたが、そういう技術的な解説文書を見たことがなかったので自分で計算してみた次第です。
ただ、複数ダクトがある場合、それぞれの摩擦損失状況が違うと、やや共振周波数がシフトするので共振の山はなだらかになると思います。
それを狙って複数ダクトにする方法もありだと思うし、JSPのように、共振周波数の分散を狙わずに別な効果を狙うというのもありだと思います。
試す前に物理的な現象を予測できていれば結果の検証も有意義になると思います。

生演奏を主とすれば、オーディオは箱庭で充分でしょう。
by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

音声回線は消えていく(予想)
at 2022-07-01 07:13
オーディオ崩壊
at 2022-06-30 07:21
スマホでPDFを見るって...
at 2022-06-29 06:21
趣味の違いは小異大異
at 2022-06-28 06:37
雑談
at 2022-06-27 06:15
何度も聴いて新しい発見
at 2022-06-25 16:34
自分の装置基準
at 2022-06-23 12:22
背中を見せる
at 2022-06-21 06:33
音源メディア
at 2022-06-21 06:30
ドミンゴは流石
at 2022-06-20 06:23
"サウンド変換"ソフトのバグか?
at 2022-06-19 10:43
パソコンのメンテナンス
at 2022-06-16 12:36
久しぶりにCDリッピング
at 2022-06-15 06:19
脳内補正
at 2022-06-14 06:23
まとめて聴くものではない
at 2022-06-13 06:21
パソコンの環境整備
at 2022-06-12 08:47
淡い期待が尽きる
at 2022-06-10 06:27
iPhone 壊れる
at 2022-06-08 06:40
オーディオ趣味の二極化
at 2022-06-08 06:39
小型コンピュータの修理(2)
at 2022-06-07 06:20

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

最新のコメント

> muukuさん 英..
by mcap-cr at 10:23
通信(離れた場所からの連..
by muuku at 10:09
> tincanさん ..
by mcap-cr at 16:09
暑いこの頃、お仕事お疲れ..
by tincan at 11:25
> muukuさん 確..
by mcap-cr at 12:23
状況も解らず、知識も経験..
by muuku at 08:37
> muukuさん ピ..
by mcap-cr at 16:09
ピアノロールはオンオフで..
by muuku at 13:54
> muukuさん 以..
by mcap-cr at 10:53
車田さんの電子ピアノの話..
by muuku at 09:56

最新のトラックバック

島谷技研
from 島谷技研
musica
from musica
明日9/24(月祝)はス..
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
美しい美宮殿装飾と世界屈..
from dezire_photo &..
年末自作スピーカー系イベント
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな