人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はこにわオーディオ工学研究分科会 (旧名: バスレフ研究所)

可聴

人間はどの程度の年収があれば幸せか?
それを大きく超える年収があれば幸せか?
こういう問題の解を見付けるのは簡単ではなさそうです。
たとえば、ジェフリー・エプスタインは幸せだったのか?
自分にはそうは思えません。
人間は自分がいるレベル(優れているかどうかの指標ではない)に応じて悩みが変わってきます。
それは、生まれてかろうじて記憶があるころから現在までの変遷を思い出せば分かることもあります。
何かを達成するごとに次の悩みが生まれてくるので、結局人は死ぬまで何かと戦っているのでしょう。

あるところで、人間の可聴範囲が20~20kHzであるというのは、10代の話であって、20代になると16kHzが聞こえる人は1/3もいない、という意見を読みました。
人間の可聴範囲の公称値は、20~20kHzで間違いないと思います。
しかし、公称値には前提があります。
例えば、被験者の1/100が感じられればOKとする、とか、いや1/2だ、とか、全員でなければダメとか、そういう前提はあまり知られていないと思います。
聴力検査なんかは、もっとずっと低い周波数の試験音を聞かせれるのですが、小さい音なので、考え事をしてると聞き逃します。
試験方法にしても、ヘッドホンで(知りませんが)振動板から10mm(知りませんが)の位置での音圧がたとえば40マイクロパスカル(知りませんが)だとかいろいろあるでしょう。
JIS T1201-1(2020)では、オージオメーターの信号の周波数で必須のものは8k, 10k, 12.5k, 16kHzでした。聴力レベルの測定は上限8kHzまでです。
低域側は125Hzからで、その下はありません。
人間の聴力測定は、可聴とされる範囲よりもずっと狭い範囲で行われているようです。
オージオメーターの上限16kHzというのは意外に高くて驚きました。
とりあえずこの程度は機器の能力として必要だということでしょう。

最初の話の戻ると、感じられるときの基準音圧が何パスカルか何dBか分かりませんが、たとえば、20kHzでも120dBだったら老人でも異変を感じると想像します。
異変を感じれば聞こえているということではあるでしょう。
しかしだからと云ってそこまでの周波数再生が必要なのかは何ともいえません。
多分、20kHzが50dBだったら老人は何も感じないでしょう。
可聴範囲という指標は、これ以上必要という意味ではなく、これ以上不要、という使い方をするのが良いように思います。
昔にはやっていたようですが、音が良いとされるシステムの特性を測って、そこから必要な特性を割り出すというのも悪くない手法と思います。

過剰な豊かさというのもそうなのですが、何事も過剰なゆとりは、不幸を生み出しているのかもしれません。
低音については、下限値が低いほうが面白いのですけどね(いいとは言っていない)。

by mcap-cr | 2024-06-03 06:39 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(0)

生演奏を主とすれば、オーディオは箱庭で充分でしょう。
by MCAP-CR

最新の記事

ヤマハのユニットをつかうスピ..
at 2024-06-17 06:33
設計まではほぼ完成
at 2024-06-16 15:00
ヤマハの自作スピーカーイベント
at 2024-06-15 18:12
憲法守れ!
at 2024-06-13 19:23
ロベルト・アラーニャ聴きました
at 2024-06-10 06:20
ハードディスクの故障か?
at 2024-06-09 08:32
新しいAudacityを使っ..
at 2024-06-08 06:42
口コミねえ
at 2024-06-07 12:13
職務経験がすくないとはこうい..
at 2024-06-06 21:08
可聴
at 2024-06-03 06:39
とうとうここまできたか
at 2024-06-01 08:29
充分 vs 絶品
at 2024-05-30 17:27
音が良く聞こえる
at 2024-05-26 06:53
ミニPCとノート用CPU
at 2024-05-25 10:40
Edgeはスパイウェアか?
at 2024-05-21 19:43
Audacityの操作方法が..
at 2024-05-19 10:26
似たような感想を持つ人がいた..
at 2024-05-17 12:41
進化は正しい方向に向いている..
at 2024-05-15 12:33
考えてみれば最悪の組合せだった
at 2024-05-14 01:32
モデル
at 2024-05-13 12:23

以前の記事

2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

最新のコメント

> tincanさん ..
by mcap-cr at 17:12
棚板2枚で部品点数も少な..
by tincan at 11:58
> tincanさん ..
by mcap-cr at 12:57
最近はSP自作マニアも減..
by tincan at 10:25
> tincanさん ..
by mcap-cr at 20:20
楽器の発音形態でも色々あ..
by tincan at 06:45
> tincanさん ..
by mcap-cr at 21:40
>ステージがホーン こ..
by tincan at 11:47
> somo_somoさ..
by mcap-cr at 06:23
基本口コミって悪かったこ..
by somo_somo at 21:56

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな