単線と撚り線

現在工作中のUP4D-CR ver2の内部配線材料には、メータあたり50円程度の細い撚り線(普通の赤白とか青白線)を使おうと思っていましたが、いつも行っているホームセンターにたまたま在庫がなかったので、通信用の単線を買っていました。
断面積は0.5スケ同等です。

単線と撚り線とではどちらが良いのか議論がありそうです。
ケーブルマニアの議論とは全然違う視点で比較してみます。

断面積が同等の場合の理屈です。

(1)撚り線のほうが曲げに強い
(2)撚り線のほうが、破壊強度が大きい

上記の理由により、普通は撚り線を使用しており、今回は稀なケースです。
撚り線のほうが曲げ強度が大きい理由は、曲げた場合に、単線のほうがひずみが大きくなるためです。
このあたりは専門的になるので、興味のある方は、『丸棒の曲げ』というキーワードで調べると、材料力学系の学科の教材などがぞろぞろ出てきます。
細いほうが、曲げた場合の局部変形が小さいため、曲げても切れにくいとおぼえておけばいいでしょう。

つぎの破壊強度は、曲げの場合だけでなく引っ張りの場合にも成り立ちます。
単純な材料力学では、断面積がどうとうなら応力は同じなので、同等の強度を保ちそうですが、実際には、同じ材質の場合には、細い材料のほうが、引張強度(応力)が大きいので、細い材料を束ねるほうが強度が大きくなります(寸法効果というものがあります)。
更に、撚り線の場合は1本切れても、他の部分に材料強度の影響はありませんが(もちろん全体では切れた分だけ弱くなりますが)、単線の場合には、同等の切り欠きができると、そこから破壊しやすくなります。

以上の理由で、私の場合には、撚り線一押しです。
音質とか全然考えていないからこそ出てくる理由です。

では単線のほうがいいという理由はないのかな...
と考えてみたらひとつだけ思い付きました。
単線は、断面積あたりの周長が最も小さいので、表面からの腐食には、絶対的に強いという特徴がありました。
スピーカー用内部配線材料の場合には、外力をかけずに配線することが基本なので、破壊のことは考えなくてもいいはず(実際にはそうはいきませんが、強弁してみた)です。
だったら、環境腐食に強い単線のほうがいいはずだ!

音の差は判別不能でしょう...




[PR]
# by mcap-cr | 2018-08-17 19:16 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(0)

フランス旅行(4)

ルーアンの大聖堂の後は、オンフルールという街に泊まりました。
ホテルの部屋の窓から見た景色はなかなかでした。
a0246407_20215265.jpg
翌日は、ノルマンディーらしい海岸に行きました。
a0246407_20233682.jpg
ここで1枚。証拠写真です。

この日の夕食は、パック旅行ではなく自分でレストランでした。
本格的なフランス料理のコースでした。
前菜です。
a0246407_20293291.jpg
写真ではわかりませんが、パテを使った肉料にりんごのソースを使っています。
これが、ものすごく甘い(虎屋の羊羹より甘いかなというくらい)のに驚きましたが、もっと驚いたのは、美味いことです。
ここまで甘く作って、しかも美味いってちょっとあり得ない感覚です。
フランス料理は奥が深い...
a0246407_20293563.jpg
メイン。これも美味いです。
でも前菜のインパクトが強すぎて、印象が薄れました。
デザートです。
a0246407_20293895.jpg
これも美味いです。
ちょっと量が多すぎて食べきれませんでした。
大食いの胃袋が必要です。

続きます。

[PR]
# by mcap-cr | 2018-08-15 19:20 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

フランス旅行(3)

次はルーアンの大聖堂です。
外から見るとこんな感じです。
立派な外観です。
a0246407_20120302.jpg
モネが連作を仕上げた場所に行ってみました。
モネのスタジオから見るとこんなふうに見えます。
a0246407_20114704.jpg
a0246407_20113912.jpg
モネの模写のような絵のコピーが飾られていました。
a0246407_20115246.jpg
モネはここから書いたのだろうな、という感じのところで、ここから日射の状況の違う絵を仕上げたということです。

大聖堂の中にも行きました。
a0246407_20135026.jpg
イタリアの聖堂と違って装飾はすくなめであっさりしていますが、広くてゆったりした空間です。
a0246407_20123811.jpg
ジャンヌ・ダルクの教会と違って巨大なオルガンがあります。
聞いてみたかったです。
残念。

こうやって、また行かなきゃ、という気にさせられるのはどうしてなのでしょう?

続きます。

[PR]
# by mcap-cr | 2018-08-14 19:10 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

フランス旅行(2)

モネの庭園の後は、ジャンヌ・ダルクの教会まで行きました。
ジャンヌ・ダルクは、イギリスと戦いますが、破れて火炙りにされました。
詳細は、その後にジャンヌ・ダルクの博物館で聞いたのですが、のどが渇いて説明ビデオ鑑賞に耐えられず、ギブアップしてしまいました。
パック旅行だと、トイレに行けないことを恐れて、水分控えめにしたりしますが、これが良くないようです。
日本みたいにどこに行ってもそれなりにきれいなトイレが使い放題の国は、珍しいみたいです。

ジャンヌ・ダルクの教会の外観です。
広角レンズがないので、1枚で全景を収めることができません。
a0246407_20570175.jpg
a0246407_20565714.jpg
ちょっと変わった形です。
背の高いところがミサを行う部分になります。

中は、ちょっと驚きのいい形をしています。
a0246407_20564992.jpg
こういうところでオフ会できたらいいでしょうね。

天井は、こんな形で船のようです。
a0246407_20565300.jpg
オルガンは小さめのものがありました。
a0246407_20570586.jpg
オルガンは高価ですから、普通はこういう小さめのもので十分だと思います。
16Hzで圧迫を与えておいて懺悔の場を与えるという手法を取らなくても、十分荘厳な気分になるでしょう。

残念なのは、売店に寄る時間がなかったことです。
いつもは、教会で、CDを買いまくるのですが、今回は、あまり買えませんでした。

パック旅行は、総合カタログの抜粋のようなもので、いろいろと見られるのですが、深く接するのが難しいです。

以前、パリやベネチアだけ1都市集中で旅行したときにはじっくり見ることができましたが、パック旅行の弱点を感じました。
その分コストが低いのですけどね。

その他は、明日以降に続きます。


[PR]
# by mcap-cr | 2018-08-13 19:56 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

UP4D-PR ver2の製作(2)

UP4D-PR ve2の製作を再開しました。
板が反っていたので、20日位矯正して放置していましたが、板の反りは全然変わっていませんでした。
期待はしていませんでしたが。

細長い板を接合する際に、接合位置を合わせるのは難しいので、接着時の位置合わせのために接着前に、竹串の杭を打ち込んでみました。
a0246407_09024813.jpg
面倒な割にうまくいきません。
工作イヤイヤ病が再発か...

結局、位置は端金に挟みながら微調整で、竹串杭を打ち込んだのと大差ない結果になりました。
a0246407_09045476.jpg
ここで、とりあえずは、スピーカーユニットの取り付かない下側の管の組み立てがある程度できました。
a0246407_09054021.jpg
下にある角材の束は、接合用フランジの部品です。
24mmの正方形断面角材をマイターソーで24本切り出しました。

上側のスピーカーユニット取付部は、穴あけが騒音作業なので、ちょっとお預けで、下側から製作します。

おまけ
アキバを歩いていたら、キーボードとマウスのジャンク品を投げ売りしていたので、購入しました。
マウスは1個100円、キーボードは1個250円です。
インナータイプのヘッドホンも300円で売っていたので1個購入。これは、100円ショップのものよりは結構いい音でした。
ついでに100円ショップでネジを整理して保存する箱を3つと個分けにする袋を購入してきました。
a0246407_09040594.jpg
明日以降、工作はしばらくお休みで、旅行記を続けます。

[PR]
# by mcap-cr | 2018-08-12 15:58 | スピーカー工作 | Trackback | Comments(4)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR