カテゴリ:旅行( 7 )

アズレージョのタイル

ポルトガルの街を歩くといたるところで、アズレージョのタイルを売っています。
オビドスという小さな街の土産物屋さんで見つけたものの一枚がこれです。
a0246407_12243842.jpg
ネコの表情が可愛らしくてつい買ってしまいました。
四隅に同じパターンがあり、このパターンの中央にいろいろなバリエーションがあります。
これはネコですが、他にも鳥とかいろいろなものがあるので、集めれば、自宅の中にもアズレージョコーナーができます。
もう少し買ってくれば良かったのかな?


[PR]
by mcap-cr | 2018-02-08 19:36 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

OVOS MOLES de AVEIRO

ポルトガルのAveiroという街に、モナカみたいなちょっと変わったお菓子があります。
a0246407_12225471.jpg
これを購入してきました。
a0246407_12232069.jpg
中を開けるといろいろな形のものが入っています。
a0246407_12234131.jpg
樽の形(樽を運ぶ船が多いそうです)、貝殻の形(巻き貝、二枚貝)、魚の形といろいろはいっています。
これが、ちょっと驚きの味でした。
カットして断面を見ると、中身は見事に黄色の餡です。
a0246407_12241145.jpg
この黄色は卵の黄身で、これを甘い餡にしてあります。
日本風に言えば、卵(の黄身)餡最中といったところでしょう。
ねっとりとして、黄身の風味が残っており、甘さがしつこくない、という最中は、あんこの最中よりもずっと好みです。

ポルトガルの食事は、菓子も口に合うものがあるのですね。
ポルトガル旅行に行く方は、ぜひともお試しください。


[PR]
by mcap-cr | 2018-02-07 19:22 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

コインブラ大学

今でも大学という名前を聞くと胸が踊ります。
自分の生涯の後悔の中でいちばんは、勉強が足りなかったことでしょう。
大学のときは、わけも分からず詰め込まれた感が強かったのですが、帰宅後毎日2~3時間でも勉強しておけば、もう少し理解できたはずです。
卒業後会社に入り、エンジニアとしてのキャリアを始めると、基礎的な工学がいかに重要であったかを思い知り、都度、教科書やノートをひっくり返すようになりました。
そうこうしているうちに、ようやく学問を学ぶスタートラインに着いたくらいになりましたが、現役学生時代にしっかりやっておけば、もっと上を目指すことができたでしょう。
といっても始まりませんが。
a0246407_08504704.jpg
コインブラ大学です。
名門だそうです。
大学のランク付け方法は、ほうぼうで勝手にやっていて、日本の場合だったら、ランク付けしているマスコミが尊大になれるよう母校などを上位にできるよう勝手なルールで評価したりします。
かつての日本では、予備校発表の偏差値だけで評価していました。
実際には、こうした評価方法は意味がなく、そこで学んだ個々人がどれだけのものを身に付けたかで、個人個人を評価すれば良いはずです。
何故か、xx大学を出たから優秀だとかのランク付けをしたがります。
本当は学ぶことに意義があるのであって、出ただけでは、出た意味もないのですけどね。
話が逸れましたが、コインブラ大学には、立派な礼拝堂があります。
さほど広くありませんが、そこには立派なオルガンがあります。
a0246407_08505427.jpg
a0246407_08505791.jpg
パイプは3,000本以上あるというような説明でしたが、そうは見えません。
どうやって数えているのでしょうか?
部品点数で数えているのかな?

このオルガンのCDが欲しいと思い、値段も見ずに、売店でCDを買いました。
帰ってからよく見ると、22ユーロの値札が付いています。
んんんんん....
しかも、コインブラ大学の説明は付いていますが、サンチャゴ・デ・コンポステーラで収録されたものみたいです。

旅行に行くたびに毎回十数枚のCDを買ってきます。
単価は大抵10ユーロプラスアルファくらいですが、買ってきた中で、これは!というのは10枚に1枚くらいです。
アマゾンやタワレコで単価200円くらいのセットCDを爆買するほうが効率がいいのですが、つい買ってしまいます。
今回はどうなんだろう?


[PR]
by mcap-cr | 2018-02-06 19:50 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

役立ったヨーロッパ用SIM

今回、ポルトガルとスペインの旅行に行くにあたって、ヨーロッパ用SIMを購入していました。
アメリカのamazon.comで購入したもので、送料込みで55ドルでした。
説明によると、
  • ヨーロッパの殆どの国で使用可能(具体的な国名記載あり)
  • 初回使用時から2週間有効
  • 通信データ量10GBまで
  • 世界のどの国にも2時間まで通話可能
a0246407_18064694.jpg
日本国内でも、ヨーロッパ用(国限定)のレンタルルータがあります。
データ通信だけですが、使えるデータ量はだいたい1GB程度が上限で、2週間もレンタルするとこのSIMを購入するのに較べて2倍以上になるようです。
自分は、ルータは所有しているので必要なのはSIMだけです。
ということで、amazon.comのSIMのほうが圧倒的に安価でパフォーマンスがいいです。

実は、本当に使えるのかどうか不安でした。
SIMは、フランスの会社が提供しています。
それをamazo.comで販売しているだけです。
マニュアルはとりあえず付属していて、日本語もあります。
a0246407_18063289.jpg
日本で、インターネットを使って使用者登録を済ませました。
IDのコピーが必要です。
心配なので、郵送の登録もしました。

出発前日に、SIMをセットしました。
ASUS Zenfone Liveは、デュアルSIMなので、現在使用しているデータSIMにこれを追加します。
日本で変なところに接続してローミング料金とか取られると困るので、データ通信を無効に設定してから電源を切り、SIMを追加しました。
出発前に機内でデュアルSIMのうち、国内のSIMを無効にしてから機内モードにして電源を切りました。
最初の降機地のフランクフルトに到着後すぐに電源を入れました。
つながっているのかどうかよく分かりません。
とりあえず乗り換えるために一旦ドイツに入国したところで、自宅に電話をかけてみると、呼び出し音が確認できました。
まず、電話は大丈夫そうですが、インターネットにはつながりません。
ローミングを有効に設定してもつながりません。
最終到着地のポルトに到着後のホテルの中でようやく繋がりました。
やった!
ちょっと気になるのは、ローミングでなければ繋がりません。
Zenfoneの設定では、ローミングでは高額請求されるぞ、というような脅しの警告が出てくるので、焦りますが、SIMの取説には、ヨーロッパ全域で使用できると明記されているので、フランス以外はローミングしかないはず、と割り切りそのまま使いました。
後に高額請求が来ないことを祈ります。
もっとも、アメリカ人だったら高額請求されたら猛烈なクレームでしょう。

ホテルでもバスの中でも、休憩中の施設の中でもどこに行っても、インターネットと電話が有効でした。
使っているZenfone Liveは、国内ではデータ用のSIMしか入れていないのでスマホとは呼べませんが、ヨーロッパに来て初めてデータ通信端末からスマホに昇格しました。

メールとか読めないと不安ですから、安心料としても、データ通信が必要です。
電話機能は電話を受ける必要がないかぎり特に必要ないでしょう。
電話はSkypeでかけられるし、LINE通話も可能です。
しかし、何事も備えあれば憂い無しです。


[PR]
by mcap-cr | 2018-02-05 21:06 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
ポルトガルの初代国王が生まれた街はギマラインズというところだそうです。
a0246407_08271256.jpg
そんな説明を聞きながら、城跡などを散策し街を歩いていたら
a0246407_08204216.jpg
世界ねこ歩きを発見。
昼食までの少しの時間は、博物館で、キリスト教関連の展示を見ました。
集合場所に戻ると、昼食場所は、上の写真のねこちゃんの左側の扉の店でした。
もういなくなっていましたが。
a0246407_08204812.jpg
ポルトガルは、たこが美味いです。
日本でも美味いたこはありますが、どこに行ってもとにかく美味いです。
a0246407_08205668.jpg
メルルーサのフライって、私ぐらいの歳の人なら給食で食べた(嫌いな人は無理やり食わされた)人は多いでしょう。
私は、給食は不味くて毎日が地獄でしたが、メルルーサのときは、嬉しかった...
という懐かしさとは関係ありませんが、このメルルーサのフライはうまかったです。
付け合せのポテトも特別にうまかったのは、良い油で揚げたからでしょう。

以前スペインの東側に行ったときは、料理が口に合うことはすくなかったのですが、ポルトガルの料理は大抵口に合いました。

ナザレのイワシは有名ですが、調理法は日本人の口に合います。
a0246407_08380142.jpg
イワシの塩焼きです。
サンマの塩焼きと同じような調理法です。
新鮮なので臭みがなくうまかったです。
日本と違って、腹が上になって並べているのは、そういうものなのか、気にしていないのか分かりませんが、味が変わる訳ではありません。

かつてはポルトガルが海洋国家として日本にも使節団を送っていました。
そんな影響なのか、ちょっと懐かしい感じもするし、食事も口に合いました。


[PR]
by mcap-cr | 2018-02-03 19:20 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

ポルト

ポルトは、ポートワインの産地で、橋が世界遺産になったりとそこそこの観光地です。
ポートワインは、いろいろと試飲するチャンスがありました。
美味いか?と問われれば、ちょっと返答に困ります。
赤玉...ワインみたいな味でした。
最初はこの味を目指して日本でワイン醸造が始まったんだろうなと思います。
今は、お手頃な価格でボルドーワインが手に入るので、ポートワインにこだわることはないのだろうと思います。
名物ということで。
ポルトガルではいたるところでアズレージョを見ることができます。
a0246407_12291287.jpg
この教会の向かって右側のアズレージョも美しいものです。
a0246407_12291919.jpg
今回使った旅行パックは、阪急交通社のクリスタルハートというものです。
同じ会社のTrapicsは、数回使ったことがありますが、同社の格付けでは、クリスタルハートのほうが上位にあります。
同社が買収した阪神航空のフレンドツアーというのは買収前に何度も利用したことがありますが、これは、クリスタルハートと同程度の格付けらしいです。
フレンドツアーは、パックに含まれる食事が...なのですが、クリスタルハートはかなり気を遣ってグルメ要求に応えようと考えられたものでした。
昼食は一貫して美味なものでした。
夕食は、というと凝りすぎて、却って良くない感じがしました。
多分、昼食よりずっと高価なのでしょうが価格が味に比例しないというか、好みに比例しないというか、名物料理(?)にもいろいろと問題がありました。
a0246407_12292464.jpg
この写真、鶉のソーセージというものですが、コンビーフにパン粉のつなぎをたっぷり使ったじゃがいもの入っていないコロッケみたいな感じで、正直云って口に合いません。
油の味がどうしても口に合わないのは、凝った油を使ったのか、手抜きしたのかよくわかりませんが、有名店みたいです。
こういうコストとパフォーマンスとの関係がよくわからないのもオーディオみたいなものなのでしょうか?

[PR]
by mcap-cr | 2018-02-02 20:29 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

旅行から帰りました

昨日9日間の旅行から帰宅しました。
旅行先は、ポルトガルとスペインの一部、サンティアゴ・デ・コンポステーラでした。
いろいろと準備するのが面倒なのでパック旅行を購入し、ツアコンとガイド付きでした。
旅行前には、二度に亘り40度の高熱に見舞われ、しかも二度目は直前のインフルエンザで、一時期はキャンセルも危ぶまれましたが、なんとかいけました。
仕事のほうは、大手メーカーの営業に宿題を出していましたが、なんと、まだ回答が来ていません。さすがは大メーカー。
某製品には、ある特定の安全装置が付いていませんが、カクカクシカジカの理由により問題ありません、という書状をもらうけの話なんですが、そういう書状が書けないというのは、問題ありということなのでしょうかねえ?
最近は大メーカーの営業も仕事できないのでしょう(愚痴)。

さて、今回の収穫は、サンティアゴ・デ・コンポステーラでミサに参加できたことでした。
a0246407_12164979.jpg
上の写真の丘からサンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂が見えます。
ここで巡礼者は歓喜の声を上げるそうです。
a0246407_12164298.jpg
大聖堂は修復中でした。残念。
サンティアゴ・デ・コンポステーラはカトリックの聖地ですがミサにはだれでも参加できます。
a0246407_12165547.jpg
サンティアゴというのは、日本風に云うと、聖ヤコブ。
リエゾンしてサンティアゴのような発音になります。
イタリアなら、サン・ジャコモという感じでしょう。
この御神体には、後ろから抱擁することができます。

巡礼の最終地なので、多くの信者が集まります。
今回は、シーズンオフなので、巡礼者はとてもすくなく、しっかりとミサ聞くことができました。
言葉の方はスペイン語で、わずかしかわかりませんでしたが、オルガン付きの聖歌歌唱もあり(自分はまったくできない)、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂のオルガンも聴くことができました。
a0246407_12170033.jpg
このオルガンが立派で、音も良いです。
ミサの聖歌では、最低音は33Hzくらいだったと思います。
実際に聴くと荘厳な気持ちになります。
『カトリックのオルガンは洗脳ツールだった』という自説を裏付る(?)ような印象です。
CDも買ってきました。
いいのはあるかな?




[PR]
by mcap-cr | 2018-02-01 20:06 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR