人気ブログランキング |

バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

音楽は生演奏が最高ですが、レコード音楽は、工学オーディオによってリーゾナブルなコストで楽しみましょう。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ:その他( 66 )

ドライアイ

最近はパソコンに向かうことが多いこともあってドライアイが酷くなりました。
一昨日に眼科に行ったら三種類の目薬を処方されました。

ひとつは、胃薬と同じ成分のものです。
聞いたところによると、目の粘膜と胃の粘膜は似たようなものなので、同じ成分で良いことが最近わかったそうです。
差してみると、目が白く曇ります。
白い液体が目からこぼれてまつ毛につくと妙な感じです。
しばらくすると胃薬の味がしてきます。
目と口がつながっていることがよく分かります。

その他の2種類は、見た目は普通の目薬です。
面倒なのは差す回数が多いことです。
それぞれを1日4回。
すでに処方されている緑内障用の目薬と合わせると全部で6種類です。
これはもうわけがわからないのでチェックリストをつくりました。
それでも仕事に行く日はとても無理です。

ドライアイはなかなかキツいです。
いずれは耳も酷いことになるのかもしれません。
そうなるとオーディオの楽しみも...


by mcap-cr | 2020-06-11 05:57 | その他 | Trackback | Comments(0)

よしなしごと

コロナ禍もそろそろ収束の兆しが見えてきたようです。
昨日は東京で5人、全国で24人ですから、このままいけばあと少しの感じです。
ただ、治療法が確立された訳ではないし、予防法も不明、ウィルス自体も日々亜種が出来ているようなので、今後は生活スタイルを変化させていくべきでしょう。
マスクは暑苦しく息苦しく冬はメガネが曇るので不快ですが、これは、予防法と治療法が確立されるまでの間しっかり続けるしかありません。
ある方が書いておられたように
密集
接近
密閉
のいわゆる『集近閉』を今後も避ける必要があるでしょう。

先日、自分の学生時代に所属していた部活動のメールマガジンで、オンライン呑み会の報告がありました。
参加者を見ると自分より更にひと回りくらい上の人が中心です。
呑み会の様子は記録されていて、インターネット上で見ることも出来たのですが、他人の呑み会に興味はないので見ませんでした。
それよりちょっと前には、ツィッターで、日本音楽コンクールの優勝者のオンライン呑み会座談会のようなものの案内があってこちらはちょっと聞いてみたくもありました。
案内ということで多くの人に見てもらいたかったのでしょうが、どうもそういう覗き趣味のようなのには抵抗があってこちらも見ていません。
文字でまとまった記事なら読んでみたいのですが、会話をしたことのない人の呑み会を見学するというのも...

コロナ禍で社会がいろいろ学んだようです。

- 通勤なんかしなくていい人が多かった
- 呑み会なんか要らなかった?
- ワイドショーって害毒だったんだね
- マスコミは国民の敵だった
- マスコミは嘘ばかり。マスコミの逆が正解。
- マスコミの取材を受けたら負け。回答を捻じ曲げて逆の主張に使われる
- 大手の会社がコロナへの恐怖を煽って感染拡大を狙ってた
- 日本の医療制度、医療従事者の意識は世界最高だった
- 清潔な国民性は疫病から身を守る
- 邪魔するインチキ医者の存在が明らかになった
- それでも国会を邪魔するカルト政党の存在が浮き彫りになった
- 国家単位でも統計ごまかすんだなあ(日本のことじゃないですよ)

自分は、生で聴く音楽の代りにオーディオで我慢するのが結構辛いことに気付きました。
生演奏とオーディオは対立するものではなく、相互に補完するものだったようです。

生を聞いて好きになる→オーディオでも繰返し聴きたい
オーディオで聞いて好きになった→生でも聴いてみたい

こんなことなのでしょう。
生で聴けないのはストレスが溜ります。
音楽の主催者はかなり大変そうなので寄付したいですが、相変わらず収入がほとんどありません。
苦しいときは皆苦しいのか、自分の業態も音楽家の業態に似たところがあるのか?

そういえば、美術展にも行けていません。
準備だけして開催できずに流れてしまった美術展が多いです...

明るい将来に期待しましょう。

by mcap-cr | 2020-05-18 07:34 | その他 | Trackback | Comments(2)

京都

コロナウィルスのせいではないのですが、いま仕事が切れてしまって暇な状態です。
ということで、3月8日から昨日まで京都の見学にいってきました。
JR東海ツアーズのパックで比較的安めの価格設定でした。
コロナウィルスの影響で、京都には、外国人の姿もまばらだが、日本人客が戻りつつあるというような情報もあったのですが、現実は厳しいようでした。
特定外国人中心の観光客が多かったのがいまは、ガラガラの状態です。
宇治の平等院です。
京都_a0246407_07074189.jpg
画面に一人も写っていませんが、私が訪れたときには全部で30名程度しかいなかったのではないかと思います。
その代りに美しい景色を独り占めという感じです。
醍醐寺は五重塔は、屋根の寸法比率に秘密がありどっしりと見えるようになっているということです。
京都_a0246407_07080694.jpg
写真には人の姿がありません。
こんな写真はもう二度と撮れないかもしれません。
京都_a0246407_07075729.jpg
醍醐寺の庇からの庭園です。
ここで足を伸ばすと、陽がさんさんとふりそそいで、足は湯に入っているかのような暖かさ。
人が来ないので、しばらく日光浴を楽しみました。
足湯の場合、自分の足で湯を汚してしまうのが気になりますが、ここでは、美しい景色を見ながら体は適当に日陰で、足には陽がさんさんと降り注ぎ、芯から暖かくなります。
そこで見えるのがこの景色。
豊臣秀吉もここで日光浴していたのかもしれません。

以上は京都の中心から少し離れていますが、京都の中心部はもう少し人が多くいました。
とはいっても、銀閣寺でこの通り。
京都_a0246407_07074903.jpg
全盛期の一割もいないのではないかと思います。
最終日に訪れた東寺にある観智院の中庭です。
京都_a0246407_07082230.jpg
ここは宮本武蔵が逃れてきて3年ほど暮らしたということで、直筆画がありましたが、撮影は禁止。
傷んでいてよく分かりませんでした。

京都は世界に誇る観光地のひとつで、外国人が押し寄せるようになって日本人が敬遠していました。
それがコロナウィルスの影響で外国人の足が遠のいてゆっくり見られるようになると、日本人の足が少しずつ戻るのでしょう。
現在は、観光客が少く、地元の人ばかりの感じです。
それでも100万都市の京都市には地元の人もそれなりに多くいて丁度いい感じです。
国土交通省(英語たと、Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourismとなり、国土、インフラ、交通、観光省になります)などはこちらのほうに移したりして東京の一極集中を緩和できるのではないでしょうか。
大学もたくさんあって、学問の府としても良さそうなので、文部科学省を置いてもいいのかもしれません。
そう考えていくと、観光庁を霞が関に集中するのはよろしい政策とは思えません。
地方都市も行政次第で活性化できるはずです。

私は、地元東京に戻るとホッとしますが、別な土地で過ごすのもいい気分転換になりました。
京都はいまがチャンスですから、是非ともご見学ください。
一刻もはやくコロナウィルスの対策に世界的な道筋がついて解決に向かうことを祈ります。
そうすれば観光地にも少しずつ人が戻り活性化してくるでしょう。

by mcap-cr | 2020-03-11 07:36 | その他 | Trackback | Comments(0)

昨日は忘年会でした

昨日は、朝から病院で検査があり、前日夜から水分もとれずに往生しました。
検査とはピロリ菌除去の呼気検査で、前回の除去治療が失敗したので、今回が二度目です。
結果は来週まで聞けないのですが、こういうのはやはり苦痛です。
そのために仕事も休まなければならないですし。

スピーカー再生技術研究会の忘年会は、気が向いたらやる、という程度の気軽な会なので、いままで数回しかやったことがありませんでした。
ことしもその気が向いたらという条件に合致して実施するだけのことでした。
それでも、そういう息抜きは必要ですし、上下関係もないのでストレスはありません。
政治や宗教の話題ではないので、好きに発言すればいいだけです。
オーディオのあり方は人によって違うので、それを、変えさせる必要はありません。
もちろん考えを述べるのは自由なので、その場の雰囲気にそぐわない事の内容注意すればそれで大丈夫です。

オーディオには、ピュアサウンド派、特定ジャンルの音楽派、高級機器派、自作派などがいますが、それもお互いにクロスオーバーします。
自作派の中にもピュアオーディオ派、特定ジャンル派、や実験派、ローコスト派などいろいろなアプローチがあるのでそれでかまいません。
私は、実験派なので必然的に自分が必要と思わないことにはコストを掛けません。
結果としてローコスト派になります。
自作派でも、市販品ハイエンドを超える人はピュアサウンド派になるので、部屋を含め大掛かりになることもあります。
シンプルなフルレンジで広大な音域をカバーできればいいのですが、フルレンジでは高域は、そのユニットの性能で決まるし、低域は箱と口径で決まるので、超ワイドレンジとはなりません。

オーディオは、性能向上を目指すと大掛かりになりますが、最近は、大掛かりにすることのデメリットも感じるようになったので、私のシステムは単純になってきました。
単純なシステムはワイドレンジの逆ですが、ナローレンジ(とは云っても可聴帯域に近いところまでは十分)は、ワイドレンジの大掛かりな装置には葉が立たないような音場再生が可能なので、それはそれでいいわけで、全部を満足するのはいまのところ難しいかもしれません。
重要なところだけフルレンジにして、サブウーファーとスーパーツィータを足せばいい線いくのかもしれませんが、それで全て満足とはならないでしょう。
いまのところオーディオには究極の姿が見えないので、それがロマンでもあります。

音楽趣味の場合には、音楽に満足できるような装置であれば何でもいいので、自作である必要もないですが、市販品は市販品の限界があるので、自分の場合には、自作でなければ満足は難しいと思います。

昨日宴会の中で離していて、自分は、オーディオ機器=工業製品、と割り切っていることに気付きました。
特性は全部が数値で表される、現在数値で表しにくいものもいずれは数値で表される、だから色付けがなく出力が入力の定数倍になるのが究極の製品だろうと考えます。
聴く音楽もアコースティックなものが多いので、途中に電気増幅を使用したり、生と再生音楽の作り方が全然違うというものはほとんどありません。
こういうところが、冷徹に割り切った工業製品派なのだろうと思います。

そういうポリシーの違いがあって初めて趣味として成立するのだろうと思います。
忘年会に参加された皆さん、よいお年を。

いつもは夜八時過ぎに寝るのですが久々に12時近くなってしまったので今朝は久しぶりにのんびり起きました。

また、今日も音場再生のチューニングでもしたいと思います。


by mcap-cr | 2019-12-14 08:24 | その他 | Trackback | Comments(0)
故障したテレビ修理がレポートと代替品の発注だけで終わった日、時間が余ってしまったので、UP4D-Tのキャパシタを購入した後、日本橋のコレドにいきました。
コレドは三井不動産が開発した商業施設で、三越の近くにあるので、しょっちゅう利用しています。
そこで食事の会計をするときに、よく、『カードはありますか?』と尋ねられていたので気になっていました。
そうしたら、偶然にもカード勧誘カウンタの前を通ったので、夫婦分それぞれを作ってみました。
いまは、ほとんど手書きはありません。
iPadに情報を入力していきます。
私はiOSで文字を書くことはほとんどないので、あまり慣れていませんが、何とかいけました。
住所の登録も、免許証の写真をとってそこから文字認識していくので殆どそのままです。
女房分だけは少し写真の撮影が甘かったようで、認識した文字を修正していましたが、私の分は修正もありませんでした。
途中でEメールアドレスを入力すると、入力が終わったところで受付の案内がきました。
そして間をおかずに、審査完了で準備ができた案内が来ました。

三井不動産のカードの場合は、AMEXが有償と無償の2種類、VISA、Master、JCB(それぞれ無償)の中から選べます。
私は、所有するカードのほとんどがVISAなので、今回はMasterにしました。
いま考えれば持っていないJCBが良かったかも知れません。
どうせ海外で使うのは別なカードなのですから。

同じ建物のカード発行カウンターに行くと、免許証を確認した後に、カード発行処理を行い、10分ほどでカードの実物を受け取ることができました。
あまりの速さに驚きです。
こうなると、早いではなく速いと表現したくなります。
しかも少しびっくりしたのは最初から2025年まで有効期限があります。
いままでは、初回の有効期間は1年くらいで、多分その間に怪しい動きがないかをチェックして、通常の更新期間に変わっていたのだと思います。
これが今回は最初から5年以上の有効期間です。
これって、ビッグデータ活用成果のひとつなのでしょう。
クレジット業界では、顧客の蓄積がありますから、焦げ付かせたりしたら履歴が残ります。
それを業界で処理して色分けしているのではないかと思います。
私は焦げ付いたことや支払いの遅延などはなかったので、良かったのでしょう。

思うに、日本では、焦げ付くことは殆ど無いだろうと思いますが、アメリカでは、毎月小切手を送るので、何かの間違いで到着しなかったり、換金できなかったりすることがあるようです。
いまやなつかしい、元WWFのチャンピオンで、来日の経験もある、ボブ・バックランドは、1993年頃のプロレス中継の中で、『自分はクレジットカードを焦げ付かせたことがない!』とアピールしていました。

今回はキャンペーン中ということで、2000円分の現金代わりに使えるお買い物券と500円分のクレジット払いの場合のお買い物券をもらいました。
夫婦で5000円分のサービスです。
こんなにサービスしていいのかな?
私はリボ払とかしないので、私の使用でのクレジットカード会社の利益は、販売店の手数料だけです。
しかも、このカードは、利用場所が限定されるので、この金額分をカード会社が手数料で得るには結構な金額を使う必要があります。

クレジットカードは、いろいろな販売系統ごとに発行しているので、自分だけでも、航空会社系、JR系、デパート系、家電系、コンビニ系と結構な枚数があります。
これでも過去に、使用頻度のすくなかった銀行系(4枚)、JR系(2枚)、東京メトロ、旅行代理店系(2枚)、デパート系(1枚)やAMEX(日米で2枚)、MSNなど結構な枚数を解約処分しています。
JR系は、全国で使えたもの(当時はJR各社相互で使えるものがすくなかった)と東日本系のものを処分し、残っているのは、東海系だけです。
JR東海系もほとんど使いませんが、たまに新幹線を使うので残しています。
現在残っているものは額の多少はあれ、一応全部使っているものです。

本当はせいぜい3枚にしたいんですけどね。
統合してくれないのかなあ...


by mcap-cr | 2019-12-13 06:59 | その他 | Trackback | Comments(2)
香港に第二の天安門事件が起きようとしています。
日本のマスコミは何故か報道しません。
何に気をつかているのでしょうね?

K国が、日本を貿易上のホワイト国から外した、とイキがっていたら、株もウォンも暴落しています。
人間は大脳で考えて行動する動物ですが、犬は間脳で直接反射して行動するので、突然噛み付いたりするのだと義務教育で教わった記憶があります。
大脳で考えたら、そういう行為が自身にとって害しかないことはわかるはずですが、頭に血が登るとわからないのでしょうか。
K国民ひとりひとりで見るとそんなにおかしいはずがないのですが、政府が日本の民主党に似ていて、悪い方向に突き進んでいきます。
そして一部には頭の悪い人たちが大勢集まって意思決定を悪い方向に変えてきます。
日本の特定野党に投票するアレな人と似た人がK国の国民には多いようです。

あいちトリエンナーレという、芸術の名を語って日本にヘイトした展示が物議を醸していますが、パヨク側の意図とは正反対の方向に向かっているようです。
やりすぎるとどうなるのかというタイトルで、マイクロソフトのことを書きました(記事)。
あいちトリエンナーレの日本へのヘイト活動もやりすぎた結果、いままで問題意識がなかった人々からも嫌悪感を持たれてしまったようです。
芸術は、素人から見れば、狂気と紙一重、上手と下手が紙一重の差に見えることがあります。
音楽の場合には、下手はヘタクソですが、彫刻や絵画はどうもわかりません。
前衛芸術の場合にも、一流作品は、首尾一貫しているようですが、素人が真似して描いても首尾一貫しないので専門家にはバレてしまいます。
あいちトリエンナーレの場合、私には芸術作品には全く見えませんが、他のほとんどの人からも藝術作品には見えなかったようで、言ってみれば反社会活動に公金が支出されたような感じで、知事の責任を問わなければならないでしょう。
愛知県民は、リコール活動を進めてほしいと思います。

先週には、原爆投下の日を迎えました。
8月14日はポツダム宣言受諾の日、明日8月15日は国民に敗戦を通知した終戦記念日です。

日本人は、過去のことをくどくど言わないので大騒ぎにはなっていませんが、原爆投下、東京大空襲のような非戦闘員の虐殺は国際法違反です。
また、戦勝国が実施した裁判で敗戦国を裁くというのは道理が通りません。
そういうことを主張したインドの人がいたそうですが、それ以外は目をつぶって無かったことにしました。

戦争を防ぐのは、9条の会ではありません。
国連加盟国すべてが9条を持てば戦争はなくなるでしょうが、戦争は、どこかが起こします。
そうなったときに9条は盾にはなりません。
9条がどうしただの、戦争反対、だの安倍氏ねだの騒いでいる人は、日本を侵略する国を応援しているのが明らかですが、侵略されたときには真っ先に粛清されるでしょう。
外観誘致の生き証人ですから。

無かった事実を捏造する、都合の悪いことは無かったことにする、議論されそうになると、歴史修正主義だのヘイトだのそうやって妨害する、これは、日本だけの話ではなさそうです。
すべてを学問の領域に入れないと、こういう捏造主義が蔓延ってしまうのですね。


by mcap-cr | 2019-08-14 06:17 | その他 | Trackback | Comments(0)

ファンとしての道

3月25日は、Exciteブログ総合1位になっていました!
ファンとしての道_a0246407_06541359.png
なんてことがある訳ではなく、Exciteのバグです。
よく見れば、部門ごとにさえ1位になっておらず、町内会の10位が世界1位になったような感じです。
このバグ、以前も見たことがあるような気がするなあ。
ランキングなんかどうでもいいんですが本当の1位ってどれだけアクセスがあるんでしょうね?

話は変わって、少し前にアイドルを職業とする方がファンに暴行されたというニュースがありました。
その説明会で、その元締めがやらかしたみたいですが...


私は、ファンにはファンとしてのルールがあると思います。
自分が必要と思うルールは、

"職業としてのパフォーマンス部分以外は求めない"

こんなところでしょうか?
Twitter等で情報収集はしますが、あくまでも、次の公演予定とか、関連情報だけしか見ないようにします。
あまり個人的なところを見てしまうのは、ストーカーみたいで気持ち悪いです。
見られる方も、ストーカーは想定していないのでしょうが、そういうやつもいるかもしれないので気をつけるに越したことはありません。
ファンが、被ファン側の人間として魅力を見つける、そういうのはいいですが、あくまでも自分の内面に留めておくべきで、それ以上は追求してはいけないと思っています。
ファンがいるような職業の人は、個人的なつぶやき用のアカウントと公式アカウントを使い分けるほうがいいでしょう。
ファンがいる職業の方は、個人的なつぶやきは不要な情報を晒す危険もあるので、仲間内だけに公開するとか注意するほうがいいように思います。
でも、公演予定とかは発信していただけるとチケットも入手しやすくなります。

ファンとして情報収集する側は、くれぐれもTwitterやfacebookをストーキングに利用するのはやめましょうね。


by mcap-cr | 2019-03-27 06:49 | その他 | Trackback | Comments(0)

京都に行ってきました

一昨日、急に思い立って京都に行くことにしました。
そして昨日早朝の新幹線で京都に出発。
JR東海ツアーズの商品で、いくつかの神社と神宮を訪れました。

北野天満宮
大阪に北野高校というのがあるのを知っていたので、北野天満宮は大阪にあるのかと思っていましたが、違うのですね。
菅原道真公を祀った天満宮で、自分には馴染みの湯島天満宮や太宰府天満宮の上にあるということは最近まで知りませんでした。
伏見稲荷
これも名古屋のほうかと思っていました。
無知が恥ずかしいです。
千本鳥居というのがあって、正確な数はよくわからないみたいですが、人がくぐれるサイズのものだけで800本を超えるそうです。
外国人の観光コースになっていました。
観光バスの駐車場が少し離れたところにあって、電車のほうが便利なようです。
しかも駐車場といいながら、乗り降りにしか使えないので、無駄に広い停車場みたいな感じでした。

京都の多くは外国人の観光コースになっていました。
外国人から見ると観光なので、これを眺めると結構面白かったりします。
たぶんレンタルの振袖着物等を着ている外国人観光客が、ちょっと見ただけでは日本人観光客と似たように見えるのですが、靴が...日本人業者とは違うところで企画した商品なのでしょう。
日本人業者だったら、靴やバッグも貸し出すと思います。

それと気づいたのは、飲食店にハングル表記がやたらと多い。
申し訳ないけどハングルで書かれると不味そうです。
ハングル使ってる国に行ったときは、すべてが不味くて辛かった(からかった、ではなく、つらかった)です。
知らない人は、辛いのが苦手か?と訊きますが、その国の料理は辛そうですが甘ったるくて化学調味料大量使用。
寄生虫を殺すために唐辛子を大量使用しているそうですが、それでも殺しきれないので、現地の人は、定期的に虫下しを服用しているという話を聞いたことがあります。
食の安全を無視したものは料理とは呼べません。
思い出しても吐きそうになります。
という記憶が蘇り、思い出し不味さが来るので、ハングル表記は是非ともやめてほしいです。

JR東海ツアーズのバスが観光が予定よりも1時間半くらい早く終わったので、京都駅からほど近い東寺に行ってきました。
京都に行ってきました_a0246407_07562410.jpg
五重塔は、耐震構造になっていて、中に心柱が一本通っています。
火災で焼失して何回か建て直されているそうですが、地震での倒壊は一度もないそうです。
昔は、応力計算なんかしていなかったと思いますが、こんな大きな木造構築物が建造できるなんて、西洋の人から見ても奇跡に映るでしょう。
別の建物にある仏像や中の装飾も美しいです。
残念なことに、そのうちの15体は、上野の国立博物館に貸し出しています。

思い立ってすぐに行動したお陰で、ちょっと気晴らしになって面白かったです。
日本の木造建築を研究してまとめれば、世界一の木造建築の教科書ができそうです。
ローマ時代の水道橋がいまだに形を留めていることに驚きますが、地震がなければ石造りは簡単に壊れないということでもあります。
地震の多い日本では、木造で頑丈な建物を建立する技術が進んでいました。
自分には出来そうにありませんが、日本の木造建築を力学的に解明して、世界一の木造建築の教科書を作ったら歴史に名を残せるでしょう。

スマホの万歩計を見ると、14000を超えていました。
見て歩くだけで結構な歩数を稼げるのですね。
今日は寝坊してしまいました。

by mcap-cr | 2019-03-17 08:24 | その他 | Trackback | Comments(2)

税務処理

私は一昨年から自営の形にしたので税務処理が必要になりました。
会社組織にする価値があるほど儲かっていないので税理士は不要ですが、処理は結構面倒です。
とりあえず、支出については、レシートを保存しておいてときどきCalcファイルに記入しています。
Calcを使うのは支出を抑えるためで、Excelなんか使っていたらそれだけでん万円の支出になります。
Excelが良い点もあるのですが、正直いって使いにくいので、必要性は全然感じません。
Calcよりも計算が速いのはメリットですが、実用上大差ないし、Calcと同じく多くのセルに計算式を埋め込んでおくと重くて実用性がありません。
私の税務処理程度であれば、せいぜい1000行程度しか使わないので計算式を埋め込んでいても実用上は問題がありませんが、忙しくなって数千行使うようになると、マクロプログラムが必要になるでしょう。

それでも、集計は面倒です。
集計そのものはCalcがやってくれますが、集計の元となる生データに抜けや重複がないことを確認するのはそれなりの作業です。
銀行引き落としや振込の金額を確認するために通帳も見なければならないので、通帳の必要な部分をコピーしてまとめてひとつずつチェックしていきます。
通帳もいくつかあり、まとめることができないので、一応全部見ます。
クレジットカードは、それなりに面倒です。
ここ何年かで使わないカードを整理しましたが、それでも、片手では数えられないくらいのカードがあります。
通常はひとつのカードにまとめているのですが、ものによって使うカードが違っていたりします。
ETCカードでの支出は、某デパートのクレジットカードの明細を見なければならないし、新幹線は、某鉄道会社のカードだったり、ギフトは別なカードだったりこれがなかなか面倒です。
明細書をスキャンして必要な部分に印を付けて、レシートと比較して...
大物を忘れるといけないのでとても面倒です。

少しずつやってあと一息になってきました。

まあ、税務処理できるだけ有り難いと思わなければなりません。

今年も行きていけるくらい仕事したいと思います。


by mcap-cr | 2019-02-22 10:43 | その他 | Trackback | Comments(0)
スマホにガラケーのSIMを入れて使う_a0246407_11001173.jpg
いままで、FORMAのSH-07Fというガラケーの機種を通話に使用していました。
最近は、携帯インターネット端末として、Zenfone3という機種を使っています。
このなかには、BiglobeのデータSIMが入っているので、LINEやSkypeで通話するのは可能でしたが、普通の通話はできませんでした。
そもそもなぜこの機種を購入したかというと、マイクロSIMとナノSIMのデュアルSIMだったからです。
そして、一度、ガラケーのSIMを試したのですがなぜかそのときはうまくいきませんでした。
今回は、インターネットで、ガラケーSIMを使用できると書いている情報を見つけたので再びやってみると、あっさり繋がりました。
ガラケーSIMでデータ通信になるとパケ死するので、データ通信しないよう注意深く設定しました。
できることは、通話とSMSで、それ以外のデータ通信は基本的にはできません。
ガラケーのSIMの場合、APN(アクセスポイント)が公開されておらず設定できないので、ここを見付けて突破しない限りつながらないようです。
今のところ、OSが自動で設定する機能はないようなのでとりあえず安心ですが、将来どうなるか分からないので注意が必要です。

問題は、指定外機種を使うと、毎月500円チャージされるようです。
カケホーダイプランがスマホとガラケーで500円違うのに対応しているようです。
とは、いいながらも、それでも選択の余地がないこのシステムはどうにかしなければならないのでしょう。
いかにガラケーでも余分に1台持つのはやっぱり邪魔です。

高価なガラケーを買わされて貢がされたうえに、自分の持ち物を使うとチャージするなんて、やっぱり携帯会社は阿漕過ぎます。
こういう自助努力なしてシステムに乗っかってるだけの会社にもうけさせないような社会的仕組みが必要なのでしょう。



by mcap-cr | 2018-12-11 06:17 | その他 | Trackback | Comments(0)