人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

業務上秘密の範囲

私は、周囲の方に支えられて、多自由度バスレフについての特許を取得しました。
特許は、その手法を独占的に使う権利を保障する制度であり、かつ、他者がその技術を使わないよう法的に予防する防御手段でもあります。
私の場合には、取得した理由が違っていて、特許庁に技術審査を頂くことが目的でした。
蓋を開けてみると、特許は、拒絶の理由を排除すれば査定になります。
ということは、特許を取得した技術には、何のお墨付きもありません。
どうりで怪しい特許が多い訳です。

大企業などで取得するキーとなる特許は、肝心の部分だけは隠すのが普通です。
従って、特許が失効した後に真似をしても同じことができないということも起こります。
特許を出願すれば、出願情報はすべて公知の技術となりますが、本当にキーとなる部分を隠すことによって、パクリを防ぎます。
どちらかというと、他者に同様の内容をさせないという防御のほうが本来の目的なのかもしれません。

一方、私が所有している多自由度バスレフの特許内容は、ホームページの許諾要件に記載したとおり、商用でも要件を守れば無償で使用できるということにしています。
また、内容に関しては、特許出願時の情報に追加情報を加えた最新情報を加えて更新したうえで公開しているので、基本的に誰でもつかうことができると共に、同じ内容で特許を取得することを予防しています。
こういう技術は、特許だからいいということではなく、最終的に80%程度まで完成度を上げて商用にするのは簡単なことではありません。
実際にスピーカー関連で特許になっている技術は多くありますが、実用化されているものは意外にすくないと思います。
オーディオで儲けようと思っても技術では儲からないので、特許で儲けようと思ってもうまくいかないようです。

特許もそうですが、仕事として入手する情報には、秘密が多く含まれています。
公知の事実と、業務上の秘密との線引きは、意外に困難です。
たとえば、新聞記事の情報は、単独では公知の情報ですが、それを分析してある目的に沿ってまとめると、営業上の秘密になります。
古新聞を積み上げても、その中の情報が整理されていなければ、古紙のリサイクルとか、ペットの下の世話とか、そんなことにしか使うことができません。
たとえば、新聞の偽情報や捏造記事を切り取って調べ、集積している人がいたとします。
たぶん、そういう人は、積極的に公開しているでしょうが、これを、出版する目的で、集めていたら、営業上の秘密になります。

ですから、公知の事実に見えることが営業上の秘密だったりすることがあるので、注意が必要です。

それと、公益通報者保護法なんていうものもあります。
これは、公益を侵害する事実を通報しやすくすることによって、通報者と公益を保護することが目的になっています。
しかし、こういうものは、逆に悪用されやすい諸刃の剣でもあります。
一応、法文の中では、通報の順序を定め、公益侵害の緊急性によっても分類していますが、事実誤認の方法で、相手に損害を与えることも可能です。
公益通報者保護法の中には、マスコミを想定した条文もあるので、マスコミへの通報が直ちに違法となるわけではありませんが、私刑を目的とするマスコミへの通報は、違法性の疑いが濃くなります。
マスコミは、自分たちの目的にためには、相手が死ぬまで殴り続けるので、それによって死んでしまった(倒産した)会社は数多くあり、引き換えに、同種の不祥事を起こしても、報道を隠蔽することでマスコミに守られてきた企業もあります。
いまは、インターネットで一次情報が拡散されるのですが、それでも、自分から情報を取りに行くことなく、いまだにマスコミからしか情報を得ることができない層が一定割合いることで、誠実な企業活動も一瞬にして危機に陥るということが出てきます。

結論がなくなってしまいましたが、最終的には自己の行動については責任が伴うので、偽情報や憶測に基く安易な正義感で行動してはいけないのだと思います。


by mcap-cr | 2018-11-30 07:35 | その他 | Trackback | Comments(0)

インターネットドライブ

私は、仕事の都合上、DropboxとOneDriveを併用しています。
いまのプロジェクトは、OneDriveにファイルを溜め込むことで、使っているPCのどれでも仕事ができるようになっています。
今回、OneDriveを整理することにしたので、使用できる量が無償の5GBに減ってしまいます。

ということで、貯まりに溜った不要なファイルを削除しました。
ところが、モバイルインターネットの通信量が妙に大きいので、調べてみると、削除したファイルが復活していることに気付きました。

いま持ち歩いて仕事先で使っているパソコンをAとすると、家には、Windows10のノートパソコンB、Fedora29のノートパソコンC、Windows7 UltimateとOpenSuse42.3デュアルブートのデスクトップパソコンDがあります。
これに実家の作業場に置いてあるWindows10のデスクトップパソコンEと、結構な台数があります。

最近のインターネットドライブは、インターネットドライブの状態を基準として、それに全部のパソコンを合わせてくれるのだと思っていましたが、実際には、そうではありませんでした。
要は、すべてのPCにあるファイルは、インターネットに送られ、すべてのパソコンにダウンロードされるので、消しても消しても復活するだけです。
大量に消したファイルが大量に復活するので、インターネットドライブを整理するのに手間がかかります。

まず、使用頻度が極めて低い実家作業場のパソコンE(インターネットにはモバイルで繋ぐ)からは、OneDriveとDropboxをアンインストールすることにしました。
使用頻度に合わせて扱いを変えるほうが合理的です。

そして、自宅にA,B,C,Dのパソコンが全部ある状態で整理を始めました。
パソコンを同時に立ち上げると不具合が発生するので、1台ずつ立ち上げます。

最初のパソコンで、不要なフォルダをどさっと消し、その状態で、インターネット上のOneDriveにログインしてそこでも同じようにファイルを削除します。
ゆっくりやっていると復活してしまうので手早く何度も繰り返して最終的にそのPCとインターネットドライブがファイルを削除された状態になります。

次のPCは、インターネット接続を外して起動します。
有線だったらそれで、そのパソコンの中で整理し、整理が終わったら、インターネットを繋いで同期確認します。
無線だと大元を止めないと勝手につながってしまうので、最初のPCと同じ手順を実施しました。

デュアルブートのPCは、それぞれのOSで同じことをやります。
ノートPCの1台は、デュアルブートでしたが、先日、Windows10専用機の扱いにしたので、ここは楽でした。
後でWindows10からLinuxのパーティションを削除してフォーマットしなければなりません。
間違えると同じ作業をやり直しです。

また、OneDriveで最もスペースを占有していたのは、工学書類のスキャンデータでした。
これが4.2GBもあったので、これは、MEGAというサービスに移しました。
MEGAは、50GBくらい使えるようです。
また、LinuxでもAndroidでも使えるようで、便利です。
それでも、同期ソフトを使うと上記のようにインターネットフォルダが肥大化してしまうので、全部のPCにMEGAをインストールするのはやめようと思います。

以前は、何らかの記録メディアにバックアップをとって、それを使ってデータを更新ししていました。
データの持ち運びを忘れたら不味かったのですが、インターネットドライブにある上記のような不便さを思えばデータをメディアに入れて持ち歩くほうがいいのかと思ったりもします。

インターネットドライブが便利なのか不便なのか分からなくなってきました。


by mcap-cr | 2018-11-29 06:16 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(0)

エコオーディオの会

hiro-osawaさんと再生可能エネルギーの件で盛り上がっていたら、エコオーディオの会を作ったらどうかという意見を頂きました。
大賛成です。
エコとは何か?
Reduce
Reuse
Recycle
がその根幹にあります。

不要なものは使わない。
長く使う。
廃品利用する。
廃材を製造プロセスの戻してリサイクル材料の原料にする。

こんな感じだと思います。
最後のリサイクルは、それなりにコストとエネルギーが必要なので、最終手段です。
オーディオ製品は、バラバラにして分別しなければ難しいだろうと思います。

最初のReduceとReuseは最もエコです。
消費電力が小さいのもエコでしょう。
私は、すでにReduceを実践しており、スピーカーユニットを除いては、ここ何年も新しいオーディオ製品を購入していません。
最近のオーディオ製品は、すごく長持ちです。
私のCDプレーヤー(正確にはDVDプレーヤー)は、2006年9月発売の製品で、もう10年は使っているだろうと思います。
全然壊れないし、性能の問題は全くありません。

他のものは、たとえばアキュフェーズのアンプは、20年前後使っていますが、一度も故障したことがありません。
KenwoodのLPプレーヤーは40年以上無故障で性能を発揮しています。

Reuseは、このところほとんど経験がありません。
捨ててあったものを修理して使う---技術がありません...

でも、本当に重要なのは、エコであっても性能が伴うことです。

再生音の質(というか心地よさと言ったほうが適切かも)を決める最大の要素は、部屋かスピーカーシステムですが、高価なら音がいいという訳ではありません。
その他の機器類は、電流を大量消費してかつ振動系が重いスピーカーシステムがアンプを選ぶことを別にすれば、音という指標に対しての影響は、極小であろうと思います。

自作で云えば、失敗を共有するのもエコにつながるだろうと思います。
自作は試作ですが、失敗作を自分だけ聞いて捨ててしまうのは勿体ない。
失敗作をみんなで聴いて、どこを改善すればいいのかを話し合えば、次以降の使用を減らしてReduceできるし、修正可能ならReuseできます。
環境に影響の少ない仕上げだってテーマになります。

ということで、こういうテーマでエコオーディオの会を作りたいと思っています。
会場を借りる都合があるので、文京区民大募集します。無理か...


by mcap-cr | 2018-11-28 06:10 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(2)

不正の代償

以前仕事で訪問した会社に、その後検査データ改ざんの不正が発覚したことがあります。
私が訪問した部署は、そのデータ改ざんを行った部署ではなく、機械装置を管理する部署でした。
機械装置を管理する部署は、自分の知る限り、他のどこよりも厳しく管理しており、理想に近かったと思います。

そして、その機械装置を使う部署でデータ改ざんの不正を行っていたわけです。

おそらく直接お話した担当の方は、そんな不正は全く知らなかったに違いありません。
機械装置を厳格に管理するには、メーカーやサービスに対しては、自分の職責として、厳しく対応しなければならなかったでしょう。
そこまでやって、自分たちが管理した機械装置を使った人が不正をしていた...

不正をした人がどういう気持ちで不正していたのか分かりませんが、心を鬼にして管理していた人の精神を踏みにじったことになります。

そして、会社の信用が失墜し、JIS認定を取り消され、会社自体が倒産してしまうかと思いましたが、今のところ、まだ踏み止まっているようです。

私は、もうその会社に訪問することはないだろうと思いますが、不正をしていた人たちは心を入れ替えて、また、社内で相互に監視する体制を構築して、守るべき管理をしっかり守り、復活して以前を超えてほしいと思います。

不正な節約は高くつく。
こういう教訓は、今までも多くありましたが、教訓が活かされていない。
カネの亡者になってはいけない、ということなのでしょう。


by mcap-cr | 2018-11-27 06:24 | その他 | Trackback | Comments(0)

ダブルバスレフ公式の見直し

ダブルバスレフの公式は、だれが導いたものなのか定かではありませんが、ウィキペディアには、長岡先生自身が導いたと解釈できるような表記がありました。
実際にそうなのかはわかりませんが、長岡先生が、公式を理解して使っていたというのは間違いなさそうです。

ダブルバスレフの従来公式には、2つの前提があります。
それは、
(1)高いほうの共振周波数
空気室を繋ぐダクトの空気塊にかかる空気ばねが二つの空気室から相乗効果として加わる
(2)低いほうの共振周波数
中間のダクトは無視し、二つの空気室がひとつの大きな空気室として作用する
というものです。
この二つは、矛盾した関係にあるので、物理学的には問題のある前提といえます。
しかし、工学的には、相当の根拠があり実用性があれば認めてよいといえます。
そういう矛盾の中にあるのが従来の公式です。

この公式が導かれた由来についてはよくわかりません。
なぜなら、2自由度のダブルバスレフ程度であれば、振動モデルの構築は簡単なので、2変数の連立方程式を解くだけで共振周波数を求めることができるからです。
ただし、厳密モデルによる解法では電卓を叩く回数が大きくなり、計算間違いも増えたろうと思います。

しかし、パソコンが普及し、表計算ソフトも無償で入手できる現在、電卓を叩くことを前提とした公式に代わって、表計算ソフトに入力して計算するものを使用しても良いと思います。

そこで、先日、ダブルバスレフの計算シートを配布しました。
今回は、従来公式の意味と問題点の解説を加えた文書を計算シートと共に配布します。
学術的にはさして価値のあるものではありませんが、従来公式を使って、計算が合わないと嘆いたり、どこかのメーカーのように、特定の設計についてだけ計算が結果が合うように、解釈を改変したりするよりは、すっきりした解を提供できるだろうと思います。

今回は、英文も同時公開しています。

技術文書のMCAP009Jをご参照ください。

ウェブサイトの久々の更新になりました。



by mcap-cr | 2018-11-26 06:44 | スピーカー設計 | Trackback | Comments(0)

MCAP

私がMCAP-CRを公開したのとほぼ同時期に、Microsoftが、Microsoft Certified Application Professional(MCAP)という制度を創設しました。
これは、Microsoft Officeの使い手を認定する資格です。
確かに、Microsoft Officeは使いにくいのでこういう制度を設けたのでしょう。

私は、ソフトの使い方そのものにフォーカスするという現状に対する皮肉を込めて、『LibreOffice活用講座』というサイトも作りました。

そのサイトを作った目的は、ソフトの使い方には意味がなく、それを使って何を作り上げるか、ということが重要であることを問いかけたかったからです。
そういう視点で見ると、Microsoft Officeという高価なソフトウェアそのものには大した価値がありません。
価値を付けるのはあくまでも使う側であって、格好よく文書をまとめるとか、格好いいプレゼンを作るというのは、ほんの僅かな付加価値しかありません。
本物の付加価値は、作られた中身にあるのであって、言ってみれば、制作者そのものに付加価値があります。

こういう、手段と目的が入れ替わったシステムには、趣味の世界以外では違和感を持ちます。
マイクロソフトは同様な資格をたくさん作ったので、MCAPがどうなっているのかよく分かりませんが、どれでも似たようなものでしょう。
このMCAPのような認定システムは、プログラム言語に例えるなら、C言語の文法に熟知していることを売りにするようなものです。
C言語に例えるなら、決められた内容をC言語に記述することはできても、目的だけを与えられてもプログラムは作れないと、そんな感じです。
殆どのプログラマーは、通常頻繁に使う文法は暗記しているでしょうが、プログラムを作り込む過程では、知らない部分は調べながら、また、動作を確認しながら進めていると思います。
マイクロソフトのMCAPのような制度は、文法博士を作るようなものです。

ソフトが全然使えない人と、達人のような人と、その中間の人とでは、中間が圧倒的に多いでしょう。
その中に、価値ある中身を創造する人がいる訳で、その上のソフト達人が、価値ある中身を創造できるかどうかは別の問題です。
マイクロソフトMCAPのような制度は、全然使えない人を分別する効果しかないだろうと思います。

目的と手段が入れ替わってもいいのって趣味の世界だけだと思うのですが...



by mcap-cr | 2018-11-25 07:49 | 科学・工学 | Trackback | Comments(0)

できることからひとつひとつ

オーディオの起源はいつからか分かりませんが、1857年のフォノトグラフが最初だとするともう160年くらいになるのでしょうか?
録音技術はそれから大きな進化を遂げ、いまや、記録については、いきつくところまでいった感があります。
もちろん音場空間の記録という意味では、まだまだかもしれませんが、音場空間を正確に記録することと、音楽を楽しむための音の記録とは、別なジャンルなので、音場空間の記録が極限まで進むのは、やることをやりつくした後なのではないでしょうか。

オーディオの主役であるスピーカーシステムについてはというと、ここ30年くらいの間、小型フルレンジを生かす箱の技術以外はほとんど進んでいないように見えます。
小型フルレンジを生かす箱の技術の発展によって、音場空間の記録の意義が意識されるようになったと思いますが、広い支持を得ている訳ではないので、今後もそれほど議論の主役になることはないでしょう。

私個人としては、ハイエンドオーディオには、参考にすることがほとんどないと思うようになったので、まったく興味がなくなりました。
物量を投入して、良くなると考えられることを全部やれば、ハイエンドになるでしょう。
しかし、それと、音楽が楽しめるようになるかどうかは別の話なので、個人的には興味がわきません。

最近は、多自由度バスレフのシミュレーションは、アルゴリズムの改善に大きな改善は難しそうだと思うようになったので、基本に返って、シミュレーションなしかまたは簡単なシミュレーションで、合理的に良いと評価できる方法を模索するようになりました。
まずは、箱の大きさやダクトの面積の適正範囲の推定方法について検討を始め、もう少しの問題を残したところでいったん保留しています。
つぎに、ダブルバスレフの公式の見直しをまとめています。
一部は先日配布を開始しましたが、まだ、評価を頂いていないのが残念です。
ダブルバスレフは基本的には作ったことがなく、実際に作ったけれども、長岡公式で計算した結果と違うという方からどの程度実験値に近くなるのか伺ってみたかったです。
いまからでも実際の値との違いを教えて頂けると嬉しいです。

長岡公式については、現在、見直したものをまとめており、そこで改めて気付いたのは、2つの前提が矛盾しているので、低いほうの共振周波数は、あまり合わないだろうということです。
ダブルバスレフの長岡公式での計算値は理論値とはそこそこの乖離があるので、先日配布した理論計算シートを採用するほうがよさそうです。

まずは、できることからひとつひとつやっていくというのができることなのでしょう。


by mcap-cr | 2018-11-24 06:36 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(0)

なぜか外部の画像が表示されない

数日前にCBS-CRという形式を見直した記事を書きました。
そのときに、私のウェブサイトで使用している画像をそのままブログ上で表示できるようにしたのですが、公開されてからは、見えないようになってしまいました。
Exciteブログの記事入力には、"HTML編集"というタブがあり、ここからHTMLのタグを直接書き込めば、画像が表示できるはずで、このブログのプレビュー画面は表示されていたものが、公開すると表示されません。
外部の画像を表示することができない仕組がどこかに入っているようです。

考えてみれば、外部の公序良俗に反する画面を貼られたりするのは良くありません。
現在は、性善説に立った運用を性悪説に立った運用に変えてかなければいけないようで、一部の不心得者のせいで課された制約なのかもしれません。
このブログには、画像が全部で1GBまでという制約があります。
私は、画像を最低限にし、画像の解像度を横640pxに落としかつ、JPEG圧縮率を60%まで上げることで、各画像サイズを数十kBにしてから使用しています。
そんなこともあって、まだ、50MBほどしか画像容量を使っていませんが、できればもう少し使いたいと考えています。
有償プランにすることで、画像容量の制限はなくなりますが、代わりに、自分が死んだら支払いできずにブログが消えてしまいます。
死んだあとのことなんかどうでも良さそうではありますが、これはこれで、コミュニケーション手段でもあり、言論の場でもあるので、できれば少しは残したいと考えています。

ウェブサイトのほうも無償プランを使っているのは、同じ理由によります。

それはそれとして、時間が出来たらMCAP-CRのシミュレータでCBS-CRモデルを選べるよう改造しようと思います。
これも、相変わらず時間がかかるでしょうが、何もしないようりは、頭の体操になります。


by mcap-cr | 2018-11-23 06:13 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(0)

再生可能エネルギーが地球を壊す

科学技術や産業の発展により、人類は、環境を破壊してきました。
そのような負の歴史から教訓を学び、環境破壊を防ぐ法整備が進み、いまでは、海もそこそこきれいになりました。
50年ほど前は、海といえば汚いものであり、真っ黒な工場排水が河川を通って海に流れ込んでいました。
いまは、そういう状況が一変し、海はきれいになり、東京湾でも透き通っています。

ここのところは、再生可能エネルギーがもてはやされ移行が進もうとしています。
欧州に行けば、風力発電所は頻繁に目にします。
日本では風力よりもソーラーパネルが中心です。
しかし、再生可能エネルギーの導入を急ぐあまり倫理的におかしくなってきました。
今は、社会の持続可能性を担保するために、環境の保全が技術者に対する倫理的要求が増しています。
その一方で、地球環境保全のためと銘打った再生可能エネルギーが環境破壊を引き起こしています。

自然破壊、野放図な建設防げ 環境省、メガソーラーを環境影響評価の対象へ

再生可能エネルギーは、それ自体がカネのネタになっており、カネの匂いがすると、怪しい輩が集まってきます。
そして、行政側も立法側も、業者に利便を図るために、評価の不十分なシステムの導入を進めたりするのかもしれません。
好意的にみれば、評価能力が不足していたのかもしれませんが、再生可能エネルギーの買取制度の結果がこの環境破壊です。
いったん制度ができてしまうと、環境破壊のお墨付きができてしまうので、倫理では取り締まることができません。
環境破壊の防止については、倫理でない強行規定を作らなければいけません。
メガソーラーの問題は、メガソーラーを建築物に分類することで建築基準法が適用されてかなり改善できるという指摘があります。
再生可能エネルギーの買取制度をつくった政権は、結果的に法の抜け穴を放置したまま制度をつくってしまいました。
むしろ抜け穴を積極的に作ったのかもしれません。
ところが、いちど壊した環境は簡単には取り戻すことができません。
今からできることは、再生可能エネルギーによる環境破壊の実態評価と地球環境の保全を担保できる技術開発と、規制強化を並行してすすめることなのでしょう。

いったん破壊してしまった環境が簡単には戻らないことを過去から学ばなければいけません。


by mcap-cr | 2018-11-22 06:57 | 科学・工学 | Trackback | Comments(2)

雑誌の自作記事

長岡先生が亡くなってから既に20年近く経ちますが、それ以降、雑誌の自作記事は面白くありません。
自作記事に期待するのは、市販品にはないユニークさで、常識外れでありながら合理的な試みです。
音がいいかどうかは、別な話です。
市販品と似たようなものを低コストで作ったところで、さしてメリットを感じません。
期待するのは、聴いてみたい気にさせる文章表現でしょう。
私は、自分の作品に対しては過激な表現をしませんが、自分で聴いて納得できるものはそのように書いています。
本当は過激な表現で自画自賛するほうがいいのかな?

自分が大声で主張してもいいと思っているのは、
(1)多自由度バスレフは、設計を失敗しなければシングルバスレフとは別世界の音になる
(2)UP4Dは、単純な割に音場型としてはパフォーマンスがいい

長岡先生のような物書きではないので、文学的表現は得意ではありませんが、いいものはいいと思います。

と、書いてきて思い出しました。

今回は、Stereo誌の自作コンテストに応募してみようかと思っていました。
というのは、スピーカーユニットの複数使いのメリットを知らなければ自作部品の販売促進につながらないので、販売促進の願いを込めて応募しようかと考えたからです。
構想は、すでに作成した共鳴管の半分を使ってバスレフにするというものでした。
しかし、ちょっと前に書いたように、今回のOM-MF5は、どうしても音が気に入らないので現在全く聞いておらず、調整もできないので、やっぱりやめておこうと思います。

かつてのように自作に挑戦する人が増えことを目指して、いい設計アイディアが出たら、このブログに書いていこうと思います。


by mcap-cr | 2018-11-21 06:11 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(0)

音楽は生演奏が最高ですが、レコード音楽は、工学オーディオによってリーゾナブルなコストで楽しみましょう。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る