人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はこにわオーディオ工学研究分科会 (旧名: バスレフ研究所)

ときに原点に戻る

指向性を弱めたスピーカーシステムのことを書いていて、自分が行ってきたスピーカー研究の歴史を思い出しました。
こういうことは、このブログやmcap-cr.comにも記載されているのですが、せっかくブログを書くなら重複してもはじめて訪れた方に読んでいただければ幸いだからです。
自分もそうなのですが、別の方のブログを訪問したときに、過去記事まで全部読むということはほとんどありません。
ですから、記事から記事へ繋がっていれば興味のある部分だけ読みやすいと思い、こういう自分の基本と考えていることを書こうと思います。

スピーカーシステムを自分で考え始めたきっかけは、共鳴管の途中に孔を開けてみたことでした。
当時R&Bを毎月サブスクライブしていてその中のリコーダーカルテットという楽団(?)の演奏を聞いて思いついたものです。
ちなみにそこは、Renaissance & Baroque Society of Pittsburghという組織の主催でした。
共鳴管の孔開け改造は結構効果があったのですがそれからしばらくは何もしませんでした。
本格的に試してみたのは、MCAP-CRという箱の構造についての解析を始めてからです。
バスレフ箱は空気室ひとつにポートをひとつの組合せが標準です。
箱が一つだと、ポートがたくさんあっても共振周波数は増えません。
このことは、ウェブサイトの記事にレポートとして書きましたので興味のあるかたはご参照ください。

共振周波数を複数持たせようとして考えたのがMCAP-CRという構造です。
MCAP-CR: Multiple-Chamber Aligned in Parallel Cavity Resonator
並列配置型空気室構造空洞共鳴器
日本語で書くとよけいに難しくなってしまいます。
これは、バスレフ共振周波数を複数もたせることで、低域側のレンジを拡げることに成功し、かつ低域の聴感上の分解能を改善しました。
分解能というとよくわからないところではありますが、通常のバスレフは、共振周波数で盛大に共振するので、その前後の周波数帯がごちゃっと混ざってしまい、ベースの旋律が不明確になります。
共振周波数を分散させることで、そのごちゃっとした感じがすっきりした、というのがMCAP-CRの副次的な特長です。
詳細は、ウェブサイトをご参照ください(製作例へのリンク技術的解説文書へのリンク)。
ちなみに、MCAP-CRの動作シミュレータ、設計シミュレータもありますので、興味のある方はお読みください(リンク)。

MCAP-CRは、多自由度バスレフの一般型と考えてもよく、メーカー製では聴けない音を聴けるので、私はずっと愛用しています。

しかし、MCAP-CRを詰めて最高の作品を創ろう、というのは容易ではないので、さっぱり諦めて、そこそこ聞ければそれで良しとしています。
今後、この方式を別の方が設計・製作するようになると、もっといいものができるでしょう。

代わりに興味の方向が定まったのは、音場型というシステムです。
音場型というとスピーカーマトリックスのような電気的にも捻ったシステムがありますが、私の場合は、メカニカルに音場を表現するものばかりです。
長岡先生が、究極の音場型は点音源だというような主張をされたので、そう考える人が多数ですが、私はそこから外れています。
というのは、頭を固定して寸分も動かしてはならない、というシステムでは音楽を楽しめないからです。
リスニングポイントをシビアに選ばず、寝転がっても、座っても、立っても左右に寄っても、左右の吸音状態が偏っていても、そこそこの効果を楽しめるほうがいい、というのが私の考え方です。
それが私のオーディオ再生に対する考え方の原点なのかもしれません。
ということを、昨日の記事を書いていて思い出しました。
また、原点に戻って次はQNDRという方式についても書いていきたいと思います。

# by mcap-cr | 2021-06-13 06:47 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(2)

指向性を弱くしたシステム

久々にオーディオの話です。
さきほど、自分のブログを見たら、MIRAI SPEAKERという広告の商品が出てきました。
こういう商品を見るとつい興味がそちらに行ってしまいます。
いったいどういう効果なのか?
老人の写真が出ていたので、手元に置くスピーカーということなのかと思いましたが違いました。
老人にもよく聞こえ、若い家族にも煩くないというものだそうです。
更に読み進めてみると、どうやら部屋の中での音の届く守備範囲が広いというか指向性が弱いシステムで、QNDR(リンク)と似たような効果のようです。
と思い更に読んでいくと、振動板そのものかは分かりませんが、曲面になっているというのがミソのようです。
価格は29,000円(税込)。
QNDRをつくったとき、部屋のどこで聞いても同じように聞こえるという効果に興味を持ちましたが、オーディオの一般再生とは違った感じで、BGMには良いが、かぶりつきで聴くシステムには向かないかも、と思いました。
たぶん、QNDRも売れば売れたのでしょうね。
QNDRは、MIRAI SPEAKERのような洒落たデザインではありませんが、素人でも簡単に真似して製作できるし、特許も登録していないので、製造販売も自由です。
販売用にアンプを組込んでも、パソコン用スピーカーのちょっといいモデル程度の金額で販売できるでしょう。
QNDRの試作品は、凝ってMCAP-CRのエンクロージャー構造にしていますが、これは、密閉でもシングルバスレフでもかまいません。
MCAP-CRでなければ再生できない低域まで再生する必要はないでしょう。
こういう指向性の弱いスピーカーシステムも需要があるのですね。
スピーカーシステムも、いままでいろいろつくってきましたが、MCAP-CRでローエンドを伸ばして素性の良いフルレンジの音域を拡げる、というオーディオ志向だけではなく、最近は、音場志向になってきました。
ひとつは、なるべくコンサートホールと同じような音響で聴きたいということもありますが、指向性が弱いと確かに騒音問題を低減せきるのかもしれません。

スピーカーシステムもまだまだ考える部分があるんだ。
と思いますが、基本的には何十年も進歩していないものだな...

# by mcap-cr | 2021-06-12 06:55 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(0)

人間の能力は本人が思うより高いかも

昨日母親の通院に立ち会うことができましたがやはり時間がかかりました。
私の自宅から離れている病院ということもあるのですが、それ以外でもかかる時間がかなりあります。
手続きは、私の用事が間に合わなかったので、施設の方にしていただきましたが、その後、いっしょに付いての診察、会計、薬局での受け取りと支払い、施設への薬の届け、と結局それだけで正午を過ぎてしまいました。
その後の移動もそれなりに時間がかかったので、結局一日潰すのに近い時間がかかりました。
自宅に戻ってから仕事が続き、結局終わらないので19時にいったん切り上げました。
その仕事のほうは米国政府施設の基礎設計のお手伝いなのですが、初めてのジョブだということで、日本の施設と違って戸惑いがあるようです。
たぶん、基礎設計の段階では、ふつうに設計しておいてそれを修正すれば良いと思うのですが、外国での初めての仕事に警戒しすぎているようです。
ですから私でもお手伝いができてよかったのですが、これが仕事の柱になればいいと思います。

昨日千葉の病院から戻るときに、バスの中でいろいろと動画を見ていました。
ふだんは、世界情勢とかだけをチェックしているのですが、たまに、エンタメ要素で、大食いの動画とかを見ています。
昨日は、こんなのを見ていました。



東西から大食いを各3名選出。
それぞれ15分ずつ時間をかけて唐揚げカレー1kg/杯をどれだけ食べられるかというものです。
柔道の団体戦のような形式で、最初に各1名、次に残りから各1名、最後に残った各1名、完食した質量の合計で勝負を決するというものです。
ふつうの人だととても1杯食ず、そこそこの大食いで1杯完食が限界でしょう。
最初の人がいきなり7杯完食して8杯目に突入...
最後は2人とも7杯超え...
私は2倍速で見ていたので、ありゃりゃ−でした。
人間そこまでできるのか?
ひとりだけ女性が混じっています。
愛称えびまよさんです。
海老とマヨネーズの料理が好き(なのかもしれないが)という訳ではなく、姓と名から2文字ずつとってえびまよ、とはいい感じので愛称だと思います。
そのえびマヨさんもすごい...
大食いは、30年くらい前にテレビ東京がエンタメの1部門として持ち込んで、その後TVチャンピオンに移行したのですが、その後ポリコレ勢力に負けて中断していました。
ここ数年で何故か復活。
レベルも上がったもので30年前のチャンピオンの3倍は食っているでしょう。
人間の能力は底知れないものだということがこの動画を見ると分かります。
私が大食い訓練したら間違いなく致命傷でしょうが、若いからといって大丈夫なのかな?

大食いは勧められるものではありませんが、頭を使う勉強が必要なものでも、運動能力でも、訓練すればどんどん伸びていきます。
トップに君臨する人は、おそらくそれに気付いたのが早かった人でしょう。
としとってから自分でも訓練すれば伸びていくと気付いた人は、気付かないで老いていった人よりマシでしょうが、はやく気づけばいろいろな分野で大活躍できたでしょう。
自己能力開発は、短時間で見ても分かりませんが、1ヶ月、1年...と時間を置いてから振り返ると見えるようになります。
ですから、中学生くらいからそういうことに気付くと、トップクラスに上がっていくことができるのかもしれません。
よほどの天才でもない限りは、それが早すぎても駄目かもしれません。
英才教育を押し付けられても、教えるほうが駄目だと逆方向に進んでしまうかもしれません。
受験勉強なんかは、あとから振り返ると、自分の能力が上がることに気付かせることが主目的のような気がします。
職業能力という観点で見ると、受験勉強が得意というのは、当てはまらない場合が結構あるなあ...と思います。
そりゃあ、模範解答があるような問題に強いのと、解答があるかどうかわからない課題が解決できるのとでは、能力を測るモノサシが違うので、受験が得意なおりこうさんが職業能力が高いという訳ではありません。

何を書きたいのかわからなくなってしまいましたが、人間の能力は、自分で評価するよりも大きいのだと思います。

# by mcap-cr | 2021-06-11 09:11 | 社会科学 | Trackback | Comments(2)

人類に与えられた試練

今日は母親の通院に行くことにしました。
朝イチでどうしても済ませなければならない用事があり、それを済ませたら間に合わないのですが、インターネット上のことなので、近くまで行って、時間が始まったら済ませて遅れていくことにしました。
事前に施設にはどうしてもいけませんと伝えてあるので、用事を済ませてから来たと伝えようと思っています。
今週月曜には、母親の退院の手続きに行っており、感染防止措置で会うことさえできなかったのですが当日病院が急に事情を変えたようです。
施設でのワクチン接種がある程度進んだのかもしれません。

ワクチンは、日本政府が早いうちに入手を済ませていたので、マスコミや一部の勢力が邪魔しなければもっとはやく進んだろうと思います。
マスコミにとっては、ワクチン接種が進むとコロナ不安を煽るネタが無くなってしまうので、次は、別なネタを探して政府を批判するか、ワクチン接種の事故例を全力で報道するかでしょう。
このコロナの起源が武漢ウィルス研究所であることは、もう世界中で周知の合意になったようなので、C国と、直接ではないが研究所に資金提供していた米国との当事者間でさっさと話をつけてほしいと思います。
コロナの起源をどうしても自然発生説にして隠蔽を図ったFauciはアウトだろうと思いますが、隠蔽工作に手を貸したWHOはどうなんだろうか?
どうやらFauciは、米国で禁止されたウィルスの機能獲得研究(感染力を強める研究)を武漢研究所にさせるために、資金を迂回提供していたことが明確になっていますが、これを個人の責任で片付けられるのだろうか?
個人の死刑くらいじゃ済まないでしょう。

こういう事態を見ていると、人類が滅びる原因は、こういう邪な考えを持った人間が権力を持つことによるだろうと思います。
核戦争で滅びるとか云っていた人たちがいますが、こういう生物兵器のほうがはるかに危険であることを実証した形になるでしょう。
今後は、生物兵器を開発した国は、全世界で制裁して息の根を止める条約が必要です。
生物兵器の恐ろしさは、秘密裏に進められるということがバレてしまいました。
今後、これを教訓として、人類滅亡に歯止めを掛けられるか、その頃まで私が生きていることはないでしょうが、これも神様に与えられた試練なのかもしれません。

# by mcap-cr | 2021-06-10 06:42 | 社会科学 | Trackback | Comments(2)

NASをつくろうかと画策

昨日のブログ記事を書こうと思ったときに、2.5インチHDD用の外付けUSB3.0ケースを3つ購入しました。
しかし、コメントを頂いてちょっと考えてしまいました。
いまは、ラズパイ基板を使えば自分でNASを構築できて、自分用にカスタマイズして使えます。
NASは製品化されているので簡単ですが、3.5”HDDを使うので重いし大きいし電力を食うので、省電力志向の自分には合いません。
それにNASのOSとして高価なWindowsを使っているとは思えないので、Linuxが使われているでしょう。
それだったら、むしろ自分で構築すれば別な用途にも使用できるので、NAS+アルファのシステムができそうです。

自分でNASを構築したいと思い部品を検索してみました。
自分が欲しいのは下記のようなシステムです。

(1) 2.5" HDDを複数台搭載できる(3.5"は大きくて重いので嫌)
(2) ラズパイ基板を収納できる

これなら、ラズパイ+LinuxのNASが構築でき、RAIDも好きに組むことができます。
ラズパイのOSにはDebian系のVolumioがあるので、SAMBAでシステムを構築できます。
ついでに音楽サーバとしても機能するので、重宝します。

しかし...
そういう製品が全然見つかりません。
自作の実例で見付かったものはパソコンとHDDケースの組合せのような不格好(失礼)なものばかり。
しかもたいてい3.5"のHDDです。
それじゃあ小さめのPCケースに省電力CPU基板を付けた小型パソコンと同じです。
パソコンサイズになると使わなくなったときの廃棄も面倒です。

そこでいろいろ考えてみました。
ケースは100均の透明タッパーで我慢。
L型金具のようなものを使えば2.5"のHDDを複数台マウントできるはず。
木材でつくってもいいかもしれません。
ラズパイ基板はすでにタッパーにマウントできているので、作業性の良いケースを選べば物理的にシステムが組みあがるはず。
タッパーケースの良いのは、ケーブル接続用に格好よく穴開けする必要はなく、大きな穴を開けておいて中でつなげばいいところです。
来月には義父の墓参ついでにレンタカーを借りて千葉県のホームセンターにでも行って部品を集めようと思います。
プラケースの問題は発火です。
確かに電力がそこそこあるので、その電力を熱にすれば発火するはずですが、パソコンの発火事故は幸いにして知りません。
それと、自分がそこにいる間だけしか電源を入れないようにするなら万一の事故でも対処可能です。
金属のケースはメーカー製造なら見栄えがいいですが、素人加工だと意外に格好良くないし、無線LANの電波が弱まりそうなので、プラケースにはプラケースの良さを認めるほうが良いのでしょう。

それはそれでいいのかな。
問題がファイルの整理であることに変わりはありませんが、そうしやすい環境造りも趣味としては良さそうです。


これでシステムは組みたくない。
本体とディスクがセパレートなんてトラブルの元です。
自分でケースを作る...これもひとつの手かもしれませんが...
金属ケースは加工が面倒だし高いし無線LANが使えなそうだし...
プラスチックケースは燃えそうだし...(心配しすぎか?)



# by mcap-cr | 2021-06-09 12:35 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(4)

生演奏を主とすれば、オーディオは箱庭で充分でしょう。
by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

Chromebook高速化の..
at 2021-06-18 06:28
どこで妥協するのか
at 2021-06-17 08:21
欲しくなくなったもの
at 2021-06-16 12:34
まだ理論的モデルがない
at 2021-06-15 07:02
忘れていたQNDRは自作の醍..
at 2021-06-14 05:39
ときに原点に戻る
at 2021-06-13 06:47
指向性を弱くしたシステム
at 2021-06-12 06:55
人間の能力は本人が思うより高..
at 2021-06-11 09:11
人類に与えられた試練
at 2021-06-10 06:42
NASをつくろうかと画策
at 2021-06-09 12:35

以前の記事

2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

最新のコメント

 グーグルフォトが、容量..
by Grigri at 23:28
> muukuさん ご..
by mcap-cr at 12:01
元々Chromebook..
by muuku at 09:51
> Grigriさん ..
by mcap-cr at 18:06
 交通の便利な大都会に住..
by Grigri at 16:34
> muukuさん 水..
by mcap-cr at 09:18
出典元は忘れましたが人の..
by muuku at 08:38
> yasufukuさん..
by mcap-cr at 05:32
久しぶりにレスさせて頂き..
by yasufuku at 23:47
> Grigriさん ..
by mcap-cr at 06:25

最新のトラックバック

島谷技研
from 島谷技研
musica
from musica
明日9/24(月祝)はス..
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
美しい美宮殿装飾と世界屈..
from dezire_photo &..
年末自作スピーカー系イベント
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな