人気ブログランキング |

電気カーペットの解体

この週末に、実家にある電気カーペットを解体しました。
電気カーペットは邪魔だしホコリが溜まるので、誰も住んでいない家には邪魔なだけです。
電気カーペットは可燃ごみの部分と不燃ごみの部分が一体になっているので、不燃部分を分離して処分することにしました。
不燃部分の目立つ部分は基板部なのですが、千葉市では、基板の筐体にあたるプラスチックも硬いので不燃ごみ扱いです。
こういう部分は分離が簡単ですが、問題は、発熱体部分です。
発熱体はニクロム線のような抵抗のある電線でできているはずです。
従って可燃ごみと一緒に廃棄するのはよくありません。

ということで、これを分離してみました。
まず、周囲の縫ってある部分をカッターで切っていきます。
手が滑ると危険なので、慎重に切り裂いていきました。
ここまでできると、次は、ニクロム線の取り出しです。
ここまでやっていてわかったのは、ニクロム線を挟み込むブランケット部分は、接着されているらしいことです。
したがってこの接着を剥がさなければ線を取り外すことができません。
これを剥がすのはなかなか体力が必要です。
まずはここまで
電気カーペットの解体_a0246407_15330077.jpg
ニクロム線のパターンが見えます。
これを全部剥がすのは筋力が必要だし、持久力も必要です。
途中で上履きの底が剥がれました...
剥がれた上履きの底を接着剤で修理し、ピール(剥離)強度の一番弱い90度ピールになるよう下側を踏んで引き上げます。
これでいっぺんに剥がそうとすると、180度ピールになってしまいうまくはがれません。
すこしずつ、腕で引いたり背筋で引いたりしながら、途中で何度も挫折しながらなんとか全部剥がしました。
このあとのニクロム線だけ剥がすのは対して力がいりませんが、引っかかっって大変でした。
結局ニクロム線は、10リットルの袋がいっぱいになるくらいの量でした。
とはいっても、銅線のように柔らかくないので、小さくまとまらず、空気の容積が大きいですが。

ニッケルもクロムもやすい金属ではないので、電気カーペットって、コストが大きそうです。
しかも廃棄が大変です。
常に住んでいればいいのですが、ゴミ捨てのときを狙っていくので、引取拒否されたら大変です。
ですから引取拒否されないようこういう面倒な作業が必要になります。
こんな作業あと10年もしたらできなそうです。

これを除去したので、上のテーブルも片付けられていくぶんすっきりしました。
実家の居間は結構広いので、こういうのを処分していけば小さなオフ会ぐらいはできそうです。

いい運動になりました。


# by mcap-cr | 2020-02-10 06:29 | その他 | Trackback | Comments(2)

久しぶりにiPhoneを使ってみて

先月、私が所有する携帯電話をDOCOMOからBiglobeに変えました。
そこで、次に続く妻が使用している分を移行するために私がまず、iPhoneを使って問題点を洗い出ししています。
AndroidスマホだったらできるがiPhoneではできない、ということがいくつかあるようです。

私が最初に使い始めたスマホはiPhoneでした。
それで慣れた後、自分用にAndroidのスマホを使い始めました。
それまではiOSに慣れていたので、最初はAndroidに戸惑いましたが、使い込んでくるとAndroidの柔軟性のほうが好ましく感じるようになりました。

改めてiPhoneを使用してみて気付いたことは、ユーザーの性向を限定しているということです。
新しい機種は、ボタンがなくなったようですが、元々は老人を対象にしていない。
老人はダブルクリックが苦手です。
また、自分の使い方にカスタマイズする人も対象にしていない。
iPhoneは、カスタマイズできることが限られています。
また、フリーウェアにも制限をかけています。
たとえば、パスワード付きのオープンドキュメント形式のファイルを開けるソフトに無償のものがありません。
ユーザーの使い勝手よりも儲けを優先しているのでしょう。

ちょっと困るのは、カーソルキーがないことです。
編集したいその位置にカーソルを置けないので、ブログの更新をiPhoneでする気にはなれません。
指でぴったりと希望の位置にカーソルを置ければよいのですが、赤ん坊の指のサイズでもそんなことができるかどうか。

他に、iPhone6の問題か、個体の問題かわかりませんが、私のは、インターネットの共有にしょっちゅう失敗します。
iPhoneを再起動すればパソコンからつながるので、この個体かiPhone6の安定性に問題があるのでしょう。

その他、すでに書いた問題ですが、電話の着信を受けられるソフトが標準のものだけです。
したがって、通話料金を押さえるためにプレフィックス番号を付けて発信する必要のある格安SIMには向いていません。
そのままかけ直すと10分かけ放題の対象から外れるし、通話料金が2倍になるからです。
スマホの最重要機能はいまでも電話機能だと思うので、格安携帯会社を使うならiPhoneは使いにくいでしょう。

iPhoneの良さは、逆にこの裏返しで、決まった使い方以外しにくいことでしょう。
そうだからこそ、ユーザー同士の情報交換がしやすい訳でもあります。

ということで、改めて分かってきたのは、
- iPhoneは、決まった使い方に限定して使うほうがよい。
- 格安SIMを使うならiPhoneは面倒なことを覚悟する
- いろいろカスタマイズしていじりたいならiPhoneは向かない。

他にも性能の問題があるのですが、私のようにパソコンが主という人にはスマホの性能は大した問題ではないでしょう。
パソコンを使わずにスマホだけで全部する、という人の目線から見てiPhoneが良いかAndroidが良いかは、よく分かりません。
ちなみに、iPadも使っていますが、パソコンを使える環境にある人にはあまり勧めません。
iPadは、スマホの画面を大きくして、電話機能が無くなったものと考えれば良いと思います。
iPadがパソコンより良いのは、ファンノイズが出ないことくらいでしょうか。



# by mcap-cr | 2020-02-09 06:52 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(0)

スマホの修理

私もスマホを使用するようになって6〜7年だろうと思います。
スマホのシェアは、日本ではAppleが圧倒しているように思います。
そのスマホが故障したらどうすればいいのかちょっと気になっていました。
私の場合は、比較的安価なASUS Zenfoneを使用しているので、壊れた場合は、買い換えるだろうと思います。
いまでも2台あるので、使用しているほうが壊れたら、別のもう1台に換えればそれで大丈夫です。
しかし、iPhoneの場合、そうはいかないでしょう。
下記に気になる記事を見付けました。


1台10万円を超えるスマホをおいそれと買い換えるわけにはいかないでしょう。
ですから、壊れたら修理に出さなければならない人が多かろうと思います。
ところがAppleでの修理も高額で、実質的にはサードパーティの修理も不可能になるような一方的な契約が押し付けられているそうです。
ユーザの弱みを突いて、一方的に飼い慣らすという手法は、Appleの専売特許ではなくて、古くからMicrosoftがやってきています。
まだ、Microsoftの場合は、ソフトだけなので、いろいろと対策はとれますが、Appleの場合はハードウェアも抱き込んでいるので、厄介です。
特にスマホなんか、パソコンと違って裏蓋開けるという訳にはいきません。
バッテリーを交換するだけでも、中身を全部消されてしまう状況です。
バッテリーを交換するのに中身が消えるということを最初は理解できませんでした。
しかし、いまはよく分かります。
Appleのもうひとつの事業収益の柱は、インターネットストレージで、そこから全データをリストアできるようになっています。
それを後押しするために、簡単な修理ごとに端末のデータを削除して、インターネットストレージの有り難みを教え込む。
そんな手法でしょう。
インターネットストレージをたくさん使わせるために、写真の解像度を上げ圧縮率を小さくしてデータ容量を大きくしていることは、前から気付いていました。
こうすると、無料分では足りなくなるので、有料プログラムに移行させやすくなります。
更に、端末のデータを消すことで、インターネットストレージを利用せざるを得なくする...
頭がいいというか、狡猾というか...

私のAndroidには、ASUSがインターネットストレージを提供していますが、バックアップの設定をしていないので全く使っていません。
それでもべつに困ることはありません。
ほとんどが簡単にやり直せるからです。
写真はローカルでバックアップをとっているので、消えても大したことはありません。

インターネットストレージがなくてもデータが消えたら、再セットアップするだけのはなしです。

私の想像では、スマホが故障して困るのは、パソコンを使わない人だろうと思います。
パソコンを使わないからスマホにヘビーデューティーな仕事をさせるのでしょう。
そうなると、突然の故障で困らないよう、インターネットストレージをどっぷり使い、高額修理代も負担せざるを得ません。

金儲けの手法はいろいろありますが、最近は、人気が出たら最後骨までしゃぶり尽くす、という姿勢が目立ちます。

お客様は神様、という時代は遠い昔のこと。
いまは、お客様は奴隷、という会社が勝ち組なのでしょう。



# by mcap-cr | 2020-02-08 06:09 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(0)

ラズパイオーディオシステムを若干変更

アマゾンに注文してあったプリンタのトナーが昨日届きました。
置き配で、宅配ボックスを指定していたのですが、玄関まで持ってきたそうです。
宅配ボックスが満杯だったのではないかと思います。
私の住む集合住宅は規模が小さいのでボックスの数も多くありません。
こういうこともあるだろうなと思います。
皆がすぐに気付いて出せば大丈夫なことが多いと思いますが、置き配が増えるとボックスが足らなくなるのかもしれませんね。

先日、システムのケーシングを一新したラズパイオーディオシステムのアンプを交換しました。
交換とはいっても、LXA-OT1をLXA-OT3に交換しただけです。
この2つのアンプは、同じくStereo誌の付録で、OT1が第一号機、OT3が2号機です。
どちらも4Ω負荷に対応しており、出力が4Ω時でOT1が公称片チャンネル5W、OT3が公称片チャンネル12Wとなっています。
この数字は、アンプ基板の性能なので、電源が小さければこの出力にはなりません。
私のように8Ω負荷で使っていると出力は更に半分にしかなりません。
電源は付属のACアダプタをそのまま使っているので、出力はやや小さめでしょう。
しかし、OT3なら片チャンネル4〜5W程度になると思うので、このままオフ会に持っていけるかもしれません。

LXA-OT1を付けたときの状態はこんな感じです。
ラズパイオーディオシステムを若干変更_a0246407_14394650.jpg
ラズパイオーディオシステムを若干変更_a0246407_14395132.jpg
写真は、見やすいようにケーブル類を外してあります。
ケーブルがないとこんなにシンプルです。
LXA-OT3は、LXA-OT1と基板のサイズが同じなので、物理的工作だけで簡単に交換できます。
交換するOT3は、上野写真の右側に少し写っている青い筐体のなかにります。
使いやすいように裏に端子を付けてあります。
ラズパイオーディオシステムを若干変更_a0246407_14394287.jpg
中は、こんな感じでいい加減です。
ラズパイオーディオシステムを若干変更_a0246407_14393654.jpg
この基板を、新しいラズパイシステムに移しました。
ラズパイオーディオシステムを若干変更_a0246407_14391979.jpg
見た目は基板が赤くなっただけですが、出力が大きくなりました。
また、LXA-OT3は、ゲインを27dBに上げてあるので、大きな音は多少出しやすくなったと思います。

これは、今回の反省点ではないのですが、アンプの基板の脚はもっと短くすれば良かったと思います。
ヴォリウムノブがなるべく中央に寄るほうが良かろうという考えだったのですが、手が入ることのほうが優先度が高いと思います。
自分の手では、ラズパイの電源コードを挿すのが大変です。


LXA-OT1でもLXA-OT3でも、狭い自宅の部屋では音の違いがわかりません。

今度のオフ会には、スピーカーシステムといっしょにこれを持参すれば、セットアップが簡単です。
音楽ソースを保存しているハードディスクは消費電力が大きいので、オフ会には、USBメモリ等にコピーしたものを持参しようと思います。
中野ゼロは広いので出力が不足するかもしれませんが、こういうシンプルなシステムを試す価値はありそうです。


# by mcap-cr | 2020-02-07 07:26 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(0)

面白そうなイベント

昨日、アマゾンに注文してあった書籍が届きました。
置き配で、宅配便ボックスを指定しておいたら、ちゃんと宅配ボックスに入れてくれました。
郵便受けにも入るサイズだったので、郵便受けでも良かったのですけど。
アマゾンは無駄に大きく梱包してくるので、郵便受けには入らないことが多いですが、書籍の梱包は最低限にしたようです。
次は、プリンタのトナーの配達があるので、どうなるか様子見です。

このところ、新型肺炎の予防のためにマスクを求める人が多く、買い占め、転売という輩も多くいるとか。
転売は、経済の法則に合致しているとはいえるのですが、他人の健康を盾にとって金儲けというのはいけません。
こういうのは、世界的に禁止になければなりませんよね。

話は違いますが、Twitterで室内楽塾in東京というイベントを見付けました。
下記がリンクです。
このなかで特に興味深いのがレッスンの聴講です。
リハーサルを聞くことができるそうです。
演奏家の皆さんはどうやって完成度を上げていくのか、それを全部公開するとは、新しい音楽の楽しみ方に挑戦しているのかもしれません。
過程を楽しむのというのは、趣味の王道でもあることですし。


# by mcap-cr | 2020-02-06 05:45 | 音楽・コンクール | Trackback | Comments(2)

音楽は生演奏が最高ですが、レコード音楽は、工学オーディオによってリーゾナブルなコストで楽しみましょう。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る