人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はこにわオーディオ工学研究分科会 (旧名: バスレフ研究所)

性能評価は不毛に

先日ブランド価値について思ったことを書いていたのですが、こんな動画を見つけました。

この動画は、ロレックスとセイコーを比較して最後にはロレックス派がセイコー派に変わってしまいます。
実際にはそんなことはないでしょう。
ロレックス派に技術や性能の話をしても無意味です。
技術や性能は、その商品の本来の指標ではありますが、本来の意味とは違うところに価値が見出され、市場が変わっていきます。
性能で比較すれば、セイコーの圧勝は間違いないでしょう。
しかし、性能なんかRolexユーザーにはどうでもいい。
Rolexユーザーは、Rolexというブランドに価値を感じているのですから。
動画では、技術と性能を比較していますが、もともと、RolexとSEIKOは、市場が違うのだから、全く別物です。
SEIKOは時計をつくっているのに対し、Rolexはブレスレットに時刻表示機能をつけていると考えるべきです。
時計とブレスレットの比較は無意味で、話が噛み合いません。

前回書いた通り、私が普段はCASIOを使っているのに音楽会のような特別な場にだけRolexを使うのは、音が鳴らないからです。
機能が劣るのが利点という訳です。
シェークスピアのマクベスの話のようです。

一部のオーディオマニアも似たところがあるのですが、彼らは、上記のような違う商品として話が噛み合わないのではなく、性能を理解していないために話が噛み合いません。
高価な舶来品の中には、性能が価格に見合っていないものがあったりします。
日本のメーカー製品の高価格なものは、それに見合った性能と、維持できるためのサービスがあるのがふつうです。
舶来品は、必ずしもそうではなく、単に見た目が豪華だったり、高ければそれだけで有難がるような変態の市場を狙うことがあります。
最近は、海外にも日本製品の高性能さと価格に見合ったサービスの質が知られてきたので、高級市場の一角を日本製品が占めます。

海外製品の中には、ちょっと悪い意味でため息をつきたくなってしまうものもあります。
そういうものを掴んでしまうと、リセールバリューも低く、手放すときにはジャンク価格になってしまうかもしれません。
と、こういう風に警告しても反感を買うだけでしょう。

お金が動いて経済が回るのでそれでいいのです。
8kHzが聞こえない人でも、心の中で十万Hzが聞こえていればいいのです。
黒いアンプは黒い音がする(長岡鉄男)というのと同じです。
聞こえないものを心の中で聴いて評価するので、鼻つまんだような音が有難がられたりします。
でも世の中にはそういうめちゃめちゃがないと駄目なのです。
とはいいながら、自分のポリシーとは違うので、複雑だなあ...

# by mcap-cr | 2024-04-28 18:29 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(0)

オープンソースに代えてもコストが上がる...

Androidスマホで、画面を右にスワイプすると、Googleが所有者の趣向に合わせた記事を出してきます。
自分のスマホで出てくるのは、ほとんどがコンピュータ関連の記事で、他に音楽関連の記事、それとよく猫の記事が出てきます。
猫の記事が出てきて読んでいたら可愛かったからその後も読むようになったら毎回必ず出てくるようになりました。

Googleで上の主題のような記事を読みました。
リンクを忘れてしまったので、ここに概要を書きます。
『オープンソースに代えてもコストが上がった』という記事は、操作に時間がかかったから時間分を金額に換算したらコストが上がっていた。
というものでした。
たった2行にまとめられる記事でした。

もちろんこういうのは某ソフト会社の提灯記事なので読む価値はないのですが、記事担当の記者の書き方がなんとも微妙な感じでした。
記事を書いた本人は、スポンサーの意図を読んで書いたのでしょう。
こういうのは、株価がある日3%上がったのを見て、『1年で2900倍(1.03の270乗は、2924.46...)になる』というような議論です。
特定の株が毎日3%も上がるはずがなく、そこだけ見て長期スパンの話をするのは騙しの手法です。

ソフトの使い勝手なんか、慣れれば一緒です。
ずっと使ってきたソフトから別なソフトに代えたら、慣れるまでの間は作業効率が下がるのはあたりまえです。
そこだけ捉えて、ソフトを変えたら効率が下がった、というのはよくある騙しの手法です。

同じソフトでもバージョンが変わると同じことが起こりえます。
以前にMS Office 2003から2007に変わったときは、リボンメニューというのが導入されて私だけでなく世界的に相当に作業効率が下がったと思います。
私はそこでサヨナラしましたが、他の選択肢を考えなかった人や、最初からそれだった人は、慣れてしまったでしょう。

ひとこと付け加えると、LibreOfficeは、バージョンが変わっても操作方法がほとんど変わらないので、MS Officeよりもずっと企業向きであり役所向きでもあります。
私のページにある"LibreOffice活用講座"のほとんどは、10年前に書いたものですが、いま読んでも、操作方法がほぼ変わっていないというのは驚きで、これこそ称賛すべきことでしょう。
どうして人々はこういうところを重視しないのかなあ?

以前ドイツのある都市で、MS OfficeからLibreOfficeに換えたのが、数年後に元に戻されたというのも上記のような事情で戻されてしまったものでしょう。
なかにはわいろをもらった人もいるかもしれません(知らんが)。
詳細な方法を論じないにしても、決定権を持つ人だけその気にさせればいいわけです。

役所みたいなところで、作業者をオープンソースに乗り換えさせるのは簡単です。
乗り換えた人に、コスト削減分の一部を報奨金として与えればいいだけのことです。
そうして徐々にオープンソースの割合を増やしていき、全員が乗り換えたところで、報奨金を廃止して完了。
とそれだけです。
どうしても特定のOSでなければ動かずだいたい不可能なソフトを残してあとはオープンソースに乗り換えればいい。

そもそも税金を使う役所が、代替手段があるにも関わらず自由競争のない特定企業に貢いでいいのか?
働く人も、自分が使うシステムのコストが税金で賄われていることを意識しなければなりません。
長年働いていると、コスト意識がついてくるものだと自分は思いますが、世間を見るとそうでもありません。
行政コストを皆が考えるようになれば、XX党の候補者なんか選挙で当選する訳がないし、公金ちゅーちゅーに使われるための不要な法律が増えていくはずもありません。

# by mcap-cr | 2024-04-27 15:26 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(2)

Windows10 PCが他のOSになったら

現在販売されているパソコンの仕様はWindowsで使うことが前提となっていると思います。
Windows10の打切り問題が表面化してきたところで、代替策は、Windows11に取り替えるのが大多数でしょう。
しかし、Windows11で使えないPCが大量に浮いてしまうことになります。
これがChromeOS FlexやLinuxに置き換わったらどうなってしまうのか?
あくまでもありそうにない仮定ですが、もし、Windows10のPCが他のOSに置き換えられてしまったら...

Linuxで使うのだったらメモリーは、Windowsで使う場合の半分もあれば十分です。
CPUは、何世代か古くても全然問題ありません。
いま使っているこのPCのCPUは、Celeron N3450( 4 x 1.1GHz)ですが、MX Linuxで使っているので、会社で使っているWindows11のCore i5のPCよりもさくさく動作します。
Windows11でパソコンを使おうと思うとPCのハードウェアを高速のものにして、メモリーもたくさん積まなければならないということです。
Windows10で動くパソコンならLinuxで快適に使うことができます。
Chrome OS Flexでも同様でしょう。

でも、全部他のOSに置き換わってしまったら...

高性能CPUが売れなくなる
メモリーの販売量が半分になってしまう
電力消費が減ってしまう

これは深刻です。
経済にも少なからず打撃があるでしょう。

低性能のパソコンは、消費電力を下げることができるので、SDGs好きな人は、Windowsを使ってはいけません。
原発反対なんてやっている連中はまさかWindows使ってないよな?
いや、そういう連中はOSという用語も知らないでしょう。

Windows10の廃止を契機に、こうしたPCリソースの無駄、エネルギの無駄遣いにも目が向けられたらいいなと思います。

# by mcap-cr | 2024-04-23 20:28 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(0)

ブランド価値

先日、お宝何でも鑑定団という長寿番組を録画したものを見ていたら、オーディオアマニアの人が出ていました。
独力でオーディオを研究したら3千万円かけてしまったとのこと。
私よりさらに年配の方でした。
研究を重ねて三千万円か...
私とは全然違う研究結果ですが、そういうものなのでしょう。

古い話ですが、いまでもそうかもしれないのに、潤滑油のグレードの違いがあります。
潤滑油の缶にはグレードを示す☆マークがついていて、4つ星が上級グレードで5つ星が最上級グレードを表しています。
しかし、工場では、4つ星と5つ星を区別せずに、缶だけ変えていると聞いたことがあります。
自分で確認した訳ではないので、真偽の程は明らかではありませが、これは、潤滑油工場で働く方から直接伺ったことでした。

ウソのようなこの話には合理性があります。
管理する側にしてみれば、性能差に対するコスト差がそれなりにない限り、最上級の手前のグレードを最上級グレードに合わせてしまえば製造コストが下がります。
スペックのほとんど同じグレードをそれぞれの基準で管理するのはコストがかかります。
☆☆☆☆☆>☆☆☆☆よりも、☆☆☆☆☆=☆☆☆☆のほうが製造コストも品質管理コストもかからない。
販売側からすると、性能にゆとりを求める顧客のニーズに応えるためには、最上級グレードの製品が必要です。
こういうことがあっても全く不思議ではありません。

オーディオ製品もこれと似たことが昔からありました。
わざわざグレードの違いを出すために製造ラインを別に作るのはコストがかかります。
だから、部品や製造工程を共有化する。
結果として上位グレードも低位グレードも見た目以外は変わらない。
長岡先生は、再低位グレードが一番コスパが良いと書いていました。
私もこのことはよく感じます。

高級オーディオ趣味の客層の年代が高いことを考慮すると、高級機の高域側の周波数レンジ広げることに、技術的な意味はありません。
高域側のレンジを拡げるというのは、分解能を上げるということであり、それが人間に判別可能かどうかということを別にすると意味はあります。
また、出力性能を上げることに意味はありますが、高出力が必要なのは本当に一握りのマニアだけです。

庭が何百(千?)平米もあるような豪邸に住んでいるわけでもなく、音響対策をしていない一般住宅に居住するのなら、アンプの実出力は10W(8Ωで)もあれば、近隣問題を引き起こすのに十分な音響パワーを出すことができます。
もちろん、出力が2Ωの場合の表示とかチップのスペックを表示しただけとかのインチキ臭い性能表示の場合はこの限りではありませんが。

結局、高級であることを示すものはブランドくらいかもしれません。
ブランドバッグやブランド時計も同じようなものでしょう。
ブランド品のいいのは、リセールバリューが高いことでしょう。
高級時計なんか購入金額よりもリセール金額のほうが高かったりすることがあります。

私はそういうの苦手です。
義父の形見分けのRolexの時計も使っていますが、ゼンマイ式なので、使わないと止まるし、毎日数秒進みます(進んだり遅れたりしたり、常に遅れる側の誤差が嫌なので、若干進む側の誤差に設定してもらっている)。
Rolexは機械式としては驚くべき精度ですが、一般のクォーツ式は月に数秒しか狂わないし、電波式時計だと自動で時刻修正してくれるので、そちらのほうが工業的にはスペックがはるかに上です。

私の場合は、音楽会に行くとき以外はCASIOの電波式腕時計を使っています。
この時計にはいろいろな機能がありますが、使い方を覚えるのが面倒なので時刻表示機能以外使っていません。
しかし、音楽会に行くときは誤設定で音を鳴らしてしまうのが怖いので、ゼンマイ式のRolexを使います。
普段使っていないので、そのときだけネジを巻いて時刻を適当に合わせる。
ぴったり合わせても狂うので意味がありません。
つまり、自分にとってのRolexのメリットは、音が鳴らないことだけです。
でも、ムーティの演奏を聴きに行くときには使いました。

これは高級の証か?
低性能=高級、という事例でしかないでしょう。
ブランド時計はブランドバッグと同じで、性能が高い訳ではなく、ブランドに投資している。
嫌な言い方をすれば、見栄のための投資です。
確かにRolexはコストがかかります。
オーバーホールしたものをタダでもらったのに、オーバーホール代が高いので、いままでに、そこそこ高額なアンプが買えるくらいのオーバーホール代がかかっています(いま使っているデジタルアンプだと3桁台買える)。
CASIOの電波式腕時計何個買えるんだよ?
いや~、ばっかじゃね?
これ正直な本音です。

# by mcap-cr | 2024-04-22 06:58 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(0)

リッカルド・ムーティの『アイーダ』

昨日は、東京春音楽祭で、リッカルド・ムーティ指揮の歌劇『アイーダ』を聴くことができました。
リッカルド・ムーティは、1941年生まれ。私と比較してもしょうがありませんが、20歳年上です。
気力はもちろん体力も私よりずっと上でしょう。
老いを感じることはありませんでした。

出演は、

指揮:リッカルド・ムーティ
アイーダ(ソプラノ):マリア・ホセ・シーリ
ラダメス(テノール):ルチアーノ・ガンチ※
アモナズロ(バリトン):セルバン・ヴァシレ
アムネリス(メゾ・ソプラノ):ユリア・マトーチュキナ
ランフィス(バス):ヴィットリオ・デ・カンポ
エジプト国王(バス):片山将司
伝令(テノール):石井基幾
巫女(ソプラノ):中畑有美子
管弦楽:東京春祭オーケストラ
合唱:東京オペラシンガーズ
合唱指揮:仲田淳也

東京文化会館が満員で、チケットを求める人もいました。
すごい熱気で、会場ではトイレ待ちもいつもより長い列です。

というか、演奏がまず凄かった。
ヴェルディは、こういう音響を考えて作曲したのか、ここはこうして間をとるのか、感じることがいろいろありました。
今回は演奏会形式ですが、あえて演奏会形式をとることの意味を深く感じました。
オペラは観劇の要素が強いですが、音楽に没頭するには、劇部分は邪魔かもしれません。
演奏会形式にすることによって、歌手だけにスポットライトを当てるのではなく、オーケストラ作品全体に照明があたります。
もちろん歌手は凄いが、オーケストラも負けてはいない。
ムーティの指揮は、オーケストラ作品としての価値を際立たせるものでした。
遠くの音、近くの音、まとまる音、分離させる音、心理的圧迫を与えるための大太鼓の音、短く切る音、長くトレモロにする音、こういう使い分けは、オーディオ装置でながら聴きしても感じることができません。
会場で集中して聴くことでようやく感じることができました。
演奏中は、ムーティのことは意識せずヴェルディの作品としてそのまま聞き入っていました。

最後は、ムーティの笑顔。
快心の演奏だったのでしょう。
オーケストラが引き揚げた後にまで顔を出してくれました。

次は、この秋にムーティの生徒によるアカデミーがあります。
これも楽しみです。

# by mcap-cr | 2024-04-21 07:52 | 音楽・コンクール | Trackback | Comments(0)

生演奏を主とすれば、オーディオは箱庭で充分でしょう。
by MCAP-CR

最新の記事

Edgeはスパイウェアか?
at 2024-05-21 19:43
Audacityの操作方法が..
at 2024-05-19 10:26
似たような感想を持つ人がいた..
at 2024-05-17 12:41
進化は正しい方向に向いている..
at 2024-05-15 12:33
考えてみれば最悪の組合せだった
at 2024-05-14 01:32
モデル
at 2024-05-13 12:23
MiniPCを購入する場合の注意
at 2024-05-12 16:57
Windows11のセットアップ
at 2024-05-11 16:23
似非エコ
at 2024-05-10 06:58
Linux vs Windo..
at 2024-05-09 06:50
Mini PC購入しました
at 2024-05-08 06:24
平均律と純正律
at 2024-05-07 07:22
適正予算
at 2024-05-06 16:56
FM音源は貴重
at 2024-05-05 16:50
環境による意見の違い
at 2024-05-04 16:43
自分の使用方法でのPCの実態..
at 2024-05-03 06:10
ゴールデンウィークと云っても..
at 2024-05-02 06:18
こんなの来た
at 2024-05-01 06:42
TurboCADにもすこし慣..
at 2024-04-30 12:45
ウィーン・フィルのチケットを..
at 2024-04-29 17:04

以前の記事

2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

最新のコメント

> somo_somoさ..
by mcap-cr at 08:28
ゲームOSがWindow..
by somo_somo at 12:51
> tincanさん ..
by mcap-cr at 12:16
パソコンは熱に弱いですね..
by tincan at 11:52
> tincanさん ..
by mcap-cr at 12:24
小型で高性能、リーズナブ..
by tincan at 10:22
> tincanさん ..
by mcap-cr at 07:21
いつもFM-NHKを聴い..
by tincan at 17:45
> tincanさん ..
by mcap-cr at 07:42
Feastrexを検索し..
by tincan at 22:23

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな